歯磨きにはコツがある!ブラッシングの秘訣とオススメの歯ブラシを紹介します

歯みがき

僕は、注意をしていないとすぐに虫歯ができてしまう軟弱な歯の持ち主なので、歯磨きには一家言あります。歯ブラシにも詳しいです。何度も歯ブラシを替えたり、歯科衛生士さんに教えてもらったりしながら、なんとなくブラッシングのコツを掴みました。

一番のコツを簡単に言ってしまうと、歯の形を想像しながらブラシの向きを変えて汚れを落とすこと。基本的な方法ですが、それなりにコツが必要です。僕が体得したコツを紹介します。

シンプルで小型のヘッドがオススメ

歯ブラシを選ぶときのポイントは、ブラシの形とか、硬いブラシと柔らかいブラシの組み合わせとかじゃなく、ヘッドの幅と長さ。ブラシの材質がどうのこうのよりも、歯の裏面とか、奥歯の裏にヘッドが回り込まないと意味がないからです。

小型でシンプルなヘッドのものを選びましょう。ヘッドが長すぎたり幅が広すぎたりすると奥歯にうまくブラシがあたらなくなりますよ。

小さすぎると、一度に磨ける面積が少なくなって磨き残しができるかもしれません。でも、それは意識すればいいことで、大きすぎて届かないよりはずっといい。

自分の口に合う大きさは人によって違うので、歯ブラシの種類は、いろいろ試してみて自分にあったサイズを探すのが一番です。

歯医者さんの窓口でよく、売っているのか見本なのかわからない歯ブラシを見かけますが、ほとんどシンプルですよね。あんまり複雑な形状は必要ないんです。

こういったヘッドの小さな歯ブラシはドラッグストアで手に入らないのが難点ですが、ネットで探せば見つかります。

ブラシの先の形状とかも気にしなくていいです。ただ、先が細くなっているブラシを使うと歯茎が気持はいい。これは好みの問題でしょう。

僕が使っているのは、ライオン マキシマ 歯ブラシ DENT. MAXIMA 12本入 MS ミディアムソフトです。

1ヶ月ごとに新しい歯ブラシに交換しています。もし、1ヶ月もたたないうちに先が開いてしまったら、力が余計に入っていると思ったほうがいいかもしれませんね。

ドラッグストアで安売りされている歯ブラシに比べれば高いですが、歯には変えられません。1ヶ月あたりになおせば、250円。コーヒー1杯以下の値段です。これで歯を健康に保てるなら安い出費じゃないでしょうか。

良い点を挙げてみましょう。

デントマキシマ

  • ヘッドが小さい
  • ブラシが奥歯の裏側まで届く
  • 持ち手の上の部分がしなるので、口の中にうまくフィットして力が伝わりやすい
  • 持ち手部分も持ちやすい(滑りづらい)

ほかにも試してみましたが、一番、使いやすく効果を感じるのはこれ。ドラッグストアではなく、歯医者さんでしか売っていない点もポイントが高いです。

ちなみに東急ハンズなどで1本単位で買うと350円します。まとめて買ったほうが絶対お得ですよ。

歯ブラシの持ち方

歯ブラシは鉛筆を持つように持て、とよく言われます。ガシっと持つんじゃなくて、軽く持ってヘッドを歯の面に平行に当てるほうが大事だということです。

歯は、前歯、奥歯、八重歯など、いろいろな形状があるので、その都度磨きやすいように持ち替えましょう

ヘッドが歯にうまくあたって汚れが落ちればいいわけですから。

モノの汚れを落とす感じで

歯みがきを使う目的は、歯の汚れを落とすこと。

前歯や奥歯の形だけじゃなく、歯並びが悪いと(僕です)いろんな隙間ができますから、うまくブラッシングするには、いま磨いている場所をできるだけイメージしてブラシを動かします。

自分の身体の中というよりは、水道の蛇口の周りをブラッシングするような、モノを磨く感じですね。アクセサリーの黒ずみをブラシで落とすのも同じ使い方です。

このとき、同じ方向からではなくて、いろんな方向からブラシをかけるのがコツです。ぜひ試してみてください。

力の入れ方

力いっぱいブラッシングしても汚れが落ちるとはかぎりません。

よくありますよね、台所のシンクにこびりついた汚れを取ろうとして力いっぱい磨いても、周りが傷つくだけだったりすることが。あれと同じです。

広い範囲を力いっぱい磨くんじゃなくて、小さな範囲を軽めの力で磨くのが効果的です。

歯の面に合わせて、ていねいにブラシを動かすほうが、雑で大きな動きより効果的です。歯科衛生士さんの指導では、かなり遅めのスピードでした。

アクセサリの汚れを落とすのも、細かな凹凸の磨き方なので、コツが同じです。傷つきやすいモノだと思って歯を磨きましょう。

もっとも、僕の妻は力を込めて磨いていていて、ブラシの先が僕よりずっと早く開いてしまうんですが、歯ぐきは丈夫だし、虫歯もありません。

強く磨きすぎると、歯茎を傷つけたり、歯の面を傷つけたりするので良いことは何もないと、病院では説明されますが、個体差があるのかもしれませんね。

ヘッドは小ギザミに

歯磨きのブラッシングのコツは大きく動かさないこと。歯茎の部分に歯ブラシをあててブラシはそのままでヘッドだけを動かすつもりでブラッシングしましょう。実際にはブラシは少しは動くので、ちょうどよくブラッシングできますよ。

磨く順番を決めておく

歯みがきするとき、考え事をしていたりして、どこまで磨いたのか忘れることがありませんか?

僕はよくあります。歯磨きしながら別のことを考えていたり、SNSを見てたりしていると、どこまで磨いたのか忘れることがよくありました。

でも、順番を決めておくようにしてからは磨き忘れがなくなりました。一番いいいのは、磨く順番をルーティーンにすること。右の下の奥歯から始めて、左の上の奥歯で終わるといったように自分で順番を決めておきましょう。これで磨き残しの可能性はかなり減ります。

ただし、人には誰でもクセがあって、いつも同じようにブラッシングしていると、同じところに磨き残しが出る可能性もあります。例えば、前歯の裏がいつもうまく磨けない、とか。

そういった気になる箇所が出てきたら、気になるところを先にみがいてからいつもの手順をスタートすることをオススメします。

着色とか気になるところがあるなら、忘れないように先に磨いてしまうのが一番ですよ。

歯科衛生士に聞く

どの歯医者さんでも歯磨き指導は歯科衛生士さんが担当しています。歯磨きについては、歯科衛生士さんが一番くわしいんじゃないでしょうか。

自分ではブラッシングできているつもりでも、歯科衛生士さんにチェックしてもらうと、意外なところに磨き残しがあったりします。

僕の場合、前歯の根元に磨き残しがあると指摘されました。奥歯じゃなくて、前歯ってところが予想外でした。自分では磨いていたつもりだったのに。そうした自分の弱点は、なかなか自分ではつかめない。プロにチェックしてもらうことをオススメします。

たまには歯科でクリーニング

前の項目でも書きましたが、どんなに歯磨きがうまくなっても自分では歯の状態を客観的に見ることはできないので、たまには歯科医院でクリーニングしてもらった方が絶対にいい。

ただし、ホワイトニングじゃなくてクリーニングです。両者はよく混同されますが、全然違うものです。詳しくはまた別途紹介したいと思います。

どんなに熱心にブラッシングしても、自分の歯の中を見ることはできないので、毎日はそこそこブラッシングして、定期的にクリーニングする。ブラッシングのコツではなくなりましたが、結局はこれだと思いますよ。たまには歯科に通いましょう。

 

歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシを使う順番はこれ
歯ブラシ、歯間ブラシ、デンタルフロス。どれもオーラルケアに欠かせないものと言われていますが、どの順番に使うのがいいと思いますか? ネットで調べると、いろいろな意見があります。歯医者さんによっても意見が割れます。 結論を先に言うと...

コメント

タイトルとURLをコピーしました