夏の肌。ガサガサなのに皮脂が多い、何とかする方法

頭皮と皮膚

僕の顔や手は、いつもベトベトとカサカサを繰り返しています。夏の暑い季節になると、特に目立つんですよね。洗うと直後はサッパリしますが、数時間でベトベト。でも、間近に見るとアゴのあたりや頬がカサカサしているんです。

理由は、男の肌は女性とくらべて、皮脂は多いが水分は少ない、からです。

まったく面倒な性質ですよね。でも、理由が分かれば対策もあります。

でも、その前に、乾燥させると何がまずいの? 放っておいてもいいんじゃないの? という疑問があるかもしれません。

乾いた肌を放置するとまずい理由

肌が乾燥したままにすると、

  1. 肌のバリア機能が弱くなる
  2. ますます、乾燥して荒れてくる
  3. 肌を守ろうとして皮脂が過剰に分泌する
  4. ベトベト肌になる

の悪循環なんです。

本当に必要なのは、

  1. 保湿して表面を守る
  2. 皮膚が回復してくる
  3. 皮脂の分泌が正常になる
  4. ベトベトになりにくい

という好循環です。それでも男は皮脂が多いと思いますが、できるだけ抑えたいですね。

夏の肌が乾燥する理由と対策

日本の夏は湿度が高いのですが、それでも肌が乾燥するリスクはソコココにあります。

紫外線・日焼け

日焼けは火傷の一種ですよね。身体の表面は、上から
①表皮、②真皮、③皮下組織
に構成されていて、表皮のいちばん上にあるのが「角質層」です。

紫外線が角質層に当たると、メラニン色素を増やしてこれ以上紫外線が皮膚に入るのを防ごうとしますが、紫外線の量が多いと、皮膚の表面が傷ついてしまいます。

傷ついた肌は水分を蒸発させ、肌を守ろうとして皮脂が多く分泌される、の悪循環がここでも繰り返されます。

対策は、

  1. 日焼け止めを塗る。僕はすぐ忘れてしまうので、出かけるときに目に入る位置に置いています。
  2. 日焼けしたら保湿して、ワセリンを塗る。
    日焼けしてしまったら、保湿して、油のワセリンでコーティングして、皮膚の回復を待ちます。年齢が上がってくると、放っておくとガサガサのままいつまで立っても回復しないんですよ。
  3. ひどいときはステロイドクリームなどで、早く回復させる。
    火傷と同じ対策をしましょう。

エアコンの乾燥に注意

最近のエアコンは消費電力を押さえるために、弱冷房で除湿にするドライ設定になっていることが多いようです。乾燥を防ぐためには、単に「冷房」に設定するほうが効果的です。

汗ふきシートを使いすぎ

汗ふきシートを利用している男性も多いですよね。爽快感があるので、僕も使うようになりました。でも、使いすぎると、皮膚をいためて水分を失わせる原因になります。

汗ふきシートの爽快感の成分はエタノールです。

エタノール(エチルアルコール)は除菌にもなるし、揮発性もあるのでサッパリ感に役立ちますが、揮発するときに表皮の水分も奪ってしまい、肌荒れのもとになります。

僕は気持ちがいいので、ついついゴシゴシしてしまうのですが、最近は気をつけるようにしています。

飲酒、カフェインはほどほどに

 

ビールも含めて、アルコールは水分補給になりません。
酒を飲むと、

  1. アルコールを分解するために、アセトアルデヒドを生成
  2. アセトアルデヒド+酵素から酢酸を生成
  3. 酢酸は、水と二酸化酸素に分解
  4. 尿として体外に排泄

結果として、体内の水分が失われてしまいます。

カフェインは利尿作用があるので、飲み過ぎはやっぱり体内の水分を奪うことになります。

正しい洗顔をする

正しい洗顔とは

  1. 水かぬるま湯で
  2. 洗顔フォームなど、専用の洗顔料を使い
  3. こすらないように皮脂だけ落とす

です。いちばんマズイのは

ボディ石鹸を使って、手でゴシゴシ、熱いお湯で洗い流す

です。僕は長いことこの方法でした。顔の皮膚が弱くなるわけです。

保湿がとにかく大事

皮膚の水分補給、保湿をしっかりしましょう。汗をかく夏でも大事です。

皮膚は一定のサイクルで新し皮膚と入れ替わります。保湿をしっかりすることで、皮膚の保護と、新しい皮膚を守ることになります。女性には当たり前なんですが、僕も重要だと思っていなかった。

男性の肌は脂質が多いので油分の多いクリームは逆効果です。男性用に開発された乳液を使いましょう。

僕が使っているのはPOLAのマージェンスというブランドの洗顔フォームです。

  1. 体臭対策が取られている
  2. 女性に好まれる香りを取り入れている
  3. 年齢で赤くなる肌対策している

毎日使っている僕の印象は、軽い爽快感とすぐになくなる軽い香りです。香りに敏感な女性には訴えかけるらしいのですが、自分ではあまり分かりません。

爽快感が強すぎるタイプは、多くの場合肌への刺激になります。男性用はとかく刺激が強いものが多いのですが、低刺激を選んだほうが肌には優しいですよ。

保湿はまめに行ったほうが良いで、香りは少なめのほうが使いやすいです。

 

公式ページ ⇛ 【POLA】マージェンス

 

年齢とともに差がつく

男の場合、肌の手入れを気にしない人が多いですよね。僕もそうでした。でも、あるとき腕の表と裏をみて驚いたんですよ。裏柄はしっとりなのに、表側は日焼けしてガサガサ。

このままじゃマズイよなーと本気で思いました。
それから、始めた肌対策、今さら感もありますが、やらないよりマシです。紫外線に触れる機会の多い、夏こそ肌対策をしっかりしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました