胃カメラは鼻から入れたほうが楽なのか、口から入れた方が楽なのか

鼻から胃カメラ病院の検査と入院

口から入れる胃カメラより鼻からのほうが楽だと言われますが、ほんとはどっちなのか、鼻から1回、口から3回、胃カメラを経験した僕が比較してみました。

結論を先に言ってしまうと鼻からのほうが楽です。口から入れる利点はたぶん医者の側にあります。

前日や当日の食事は同じ

前日の午後8時ころまでに軽めで消化によさそうな食事を済ませます。

胃カメラの検査に必要なのは空っぽの胃です。普通の食事なら10時間もたてば空になるので、あまり神経質になる必要はないです。

当日は水以外は絶食というのはどらも同じです。病院によってはお茶やスポーツドリンクもオッケーだったり、ミルクを入れなければコーヒーもいいと言われたこともあります。

その医師によると胃カメラを入れたときに中が濁ってなければいいそうですが、担当医や病院によっても違うので、あらかじめ配られるパンフレットに合わせたほうがいいです。

口から検査するときはこんな感じ

検査の準備

検査の前に、まずドロっとしたゼリー状のものを口に含みます。喉の麻酔薬です。

しばらく口の中に入れておいてから紙コップに吐き出します。

喉にスプレーしたりほかの方法もあるようです。

口から内視鏡を入れていちばん辛いのは、咽頭、舌の付け根を通過するときです。たいていの人はオエっとなります。

でも、ほんとに吐き出すと内視鏡が通らないので、麻酔で感覚を麻痺さえ手内視鏡を挿入するわけです。

内視鏡の挿入

横になって、マウスピース状のものをくわえたら、その中心に内視鏡が入ってきます。

検査の前に、以前は肩に注射をしましたが(ブスコパンという名前の薬)、最近の検査ではしないことが多いようです。僕も今年の検査では注射しませんでした。

では内視鏡の挿入です。

直後にオエっとなる問題の箇所の通過が始まります。内視鏡以外であんなものが入る経験はないので驚きましたよ。

ここで激しくオエっとなるか、なんとか通過させるか、が楽に検査できるかどうかの分かれ目だと思います。

コツは力を抜くことです。

あらかじめ予想をしておいて、オエっとなったらできるだけ脱力するといいです。

一瞬、呼吸ができなくなりますが、焦らずに鼻から呼吸すれば大丈夫。苦しくて涙が出てきますけどね。

鼻からゆっくり深呼吸する感じです。できるだけゆっくり息を吐くのがいいです。ゆっくり息を吐くと脈拍も遅くなります。

それでも息ができないと焦るかもしれません。こらえてゆっくり呼吸しましょう。

頭を空っぽにしてゆっくり呼吸しているうちに検査は終わります。というか、それしか対処法はないです。

できるだけ何も考えず、できるだけ脱力して、鼻からゆっくり呼吸、が口からの内視鏡を受けるコツです。

あと喉に内視鏡が入っているのでツバが飲み込めません。顔の横にティッシュを敷いてあるので、そこに出します。胃カメラが入っているから吐き出す行為はできないので、ダラダラ出す感じです。

終わってしまえばあっという間なんですけどね。動物病院でペットに注射するとき、最初の瞬間は抵抗するけど、終わるとケロっとしていいる、自分がそうなった気分でした。

眠っている間に口から検査

眠りながら検査する方法もあります。はじめて検査するときに、鼻からの選択もありましたが、花粉症の時期だったのでやめて眠っているあいだいに口から検査することにしました。

ゼリー状のものを口に含むのは同じで、その後注射。僕は数字を数えさせられて、すぐに眠ってしまいました。この薬は鎮静・睡眠の薬で、麻酔ではありません。寝てしまうだけです。

なので、内視鏡検査のあいだ、寝ていても身体は反応してオエっとなっているのですが、寝ている自分は分からないだけ。

簡単でいいんですけど、検査のあとすぐに帰れません。1時間くらい横になってから帰るので全体の時間はかかってしまいます。

車を運転して帰ることもできません。検査後に時間がかかるのを除けば、これがいちばん楽だと思います。

鼻から検査するときはこんな感じ

鼻から内視鏡を入れるときも麻酔を使ってから挿入します。

鼻の中に麻酔を入れてしばらく待機。

鼻からの場合も横になってから内視鏡を挿入します。口からのタイプより細いとはいえ、やっぱり異物だし、鼻から入った内視鏡が口との分かれ道を通って喉に入るときはオエっていう違和感があります。ツバを飲み込めないのも同じ

ただ、喉を通過したあとは鼻からのほうがぜんぜん楽です。

口からだと喉を通過したあとも何も考えずひたすら耐えるだけですが、鼻からだとモニターの映像を見る余裕があるんですよ。先生も説明してくれます。

検査のあとは、僕の場合、あとまで鼻がしびれて痛みが残りました。プールに行って鼻に水が入って痛くなった感じが続いたんです。鼻から胃カメラは一度だけなので検査医師によるのか、いつも痛くなるのかわかりません。

花粉症のときはできないかも

花粉症だったり鼻炎だったり、鼻腔が小さいと入らないかもしれません。
狭い鼻腔にムリに挿入するのは、それはそれで痛みを伴うと思いますよ。

鼻からだと解像度が悪いのか

内視鏡の直径が小さいので、解像度が低いと説明を受けたことがありますが、モニターで拡大して見るので違いはそんなにないと思いますよ。スマホのカメラだって進化してるわけだし。内視鏡もシステムのバージョンアップにともなって解像度があがっているようです。

選べるなら鼻から胃カメラ

大学病院など、口からしか検査してくれないところもあるので確認してみるといいです。僕は通院している大学病院が対応していないので、口から検査しました。

僕自身は、鼻からのほうが楽だけど、大腸内視鏡検査と比べると胃カメラの検査時間は短いもんだし、どっちでもいいと思います。

大事なのは苦しいかどうかよりも、胃の中の状態ですよね。

 

胃カメラの前日に注意する食べ物と飲み物。何時までOK?当日は水もダメ?
はじめての胃カメラの前日、何を食べたらいいか。何時まで食べていいのか。気になりますよね。僕もずいぶんと心配しました。 12時間前以降は水も禁止のところから、水・お茶は当日の朝でも可、のところまで病院によって異なるので、気になって調べる...
胃カメラを麻酔で検査するメリット・デメリットは?
胃カメラ検査は苦しいの? はじめて検査を受ける人は心配ですよね。僕もはじめてのときは気になりました。苦しい・辛い体験はまわから聞かされていたし。 僕がはじめて胃カメラ検査を受けるとき医師から勧められたのは、①鼻から入れるか、②麻酔で寝...

コメント

タイトルとURLをコピーしました