男性向け日焼け止めなら、白浮きしないZIGEN UVクリームジェルが使いやすい

頭皮と皮膚

50代になると日焼のダメージが長引くのが気になるようになりました。

日焼でカサカサになった腕を見ていると自分でも汚い腕だと思ってしまいます。

顔が赤みや腕の日焼けのムラもなかなか取れず、もう放置したら治らないぞと皮膚が教えてくれているようです。

そこで日焼け止めをマメに使うようになりました。以前から妻に使うように言われてたんですけど日焼け止めなんて面倒だと思ってたんですよ。

使い出したのはZIGEN UVクリームジェルです。「日焼け止めを塗っている感」がないので使いやすいです。

 

公式サイト>>>ZIGEN UVクリームジェル

ZIGEN UVクリームジェルの特徴

ZIGEN UVクリームジェルの特徴をリストアップします。

  • テカらない
  • 白浮きしない
  • ベタつかない
  • 落とすのが簡単
  • 肌に優しい

テカらない・白浮きしない・ベタつかない

ZIGEN UVクリームジェルに出会うまでに、いろいろ使ってみたのですが、製品によっては、日焼け止めクリームをつけたのがすぐに分かるくらい、テカったり、白浮きするタイプもありました。

ただでさえ皮脂が多くてテカりやすいのに、日焼け止めつけてテカったら不潔っぽいですよね。

白浮きというのは、文字通り、日焼け止めを塗ると皮膚が白くなることです。

うっかり付け過ぎると顔が白くなり、何度もこすってようやく目立たなくなるタイプもあるんですよ。

外出の直前に付けることが多いので、白くなると焦ってしまいますよね。

ベタつきも、もちろん困ります。僕の腕はちょっとの汗でベタつきますからね。

ZIGEN UVクリームジェルはちょっと独自の感触で、テカらないし、ベタつきもないです。白浮きは雑に付けなければ大丈夫。

落とすのが簡単

ZIGEN UVクリームジェルは石鹸で簡単に落とせます

日焼け止めの製品にはクレンジング剤で落とすタイプも多いのですが、メイクもしてないのに、わざわざクレンジング剤使うのは面倒ですよね。普通に顔を洗ってサッパリしたいです。

肌にやさしい

日焼け止めの成分は、紫外線に対処するために、どうしても肌に負担をかけてしまうのですが、その中でも「紫外線吸収剤」は肌に大きな負担をかけます。

紫外線吸収剤とは、紫外線をいったん吸収し、そのエネルギーを熱エネルギーとして放出するのですが、これが肌に負担を与えるんですね。

日焼け止めには、紫外線吸収剤を使っているタイプと、使っていないタイプがあるのですが、ZIGEN UVクリームジェルは不使用タイプ。紫外線を吸収しないで反射させる成分を利用したタイプです。

紫外線吸収剤を使わない「デメリット」は、

  • 白浮きする
  • 塗りにくい

なのですが、ZIGEN UVクリームジェルは白浮きの問題はクリアしていますが、少し塗りにくいというデメリットはあります。

クリームや乳液とは少し違ったテクスチャなので、チューブから出したときには「硬い?」という感じですが、手のひらで伸ばせばうまく広がります。

使い方

ZIGEN UVクリームジェルの使い方です。

つける分を適量出します。写真でもわかるように、粉っぽいのかな?という感じです。

 

薄く広げていきます。手のひらで伸ばしながら塗っていきます。普通のクリームと違って、内容物の表面がつるっとやわらかく伸ばせる感じ。

 

 

最後に、手のひらで押し込むように押さえます。手のひらでプレスする感じですね。白浮きさせないためにも、念のためにプレスしたほうがいいですよ。

 

 

汗をかいたらまめに塗る

一度に大量に塗って終わりではなく、マメに塗りましょう。重ね塗りしてもあとで石鹸で落とせるので、気にせず塗りましょう。

使ってみて

マットな感じ

僕の腕は汗かきなので、ZIGEN UVクリームジェルでもサラサラというほどではありませんが、使い勝手は良いです。つけ終えた感じは、もちろん白浮きしないし、テカりもないです。どちらかというとつや消しのマットな感じですかね。

無臭

ZIGEN UVクリームジェルは無臭なのもいいですね。シャンプーとか、ボディミストとか、香りの成分はいろいろ使う機会がありますが、複数の香りをマネジメントするほどマメじゃないので、無臭なのは助かります。

まとめ

男性用日焼け止めZIGEN UVクリームジェルを紹介しました。日差しが強くなってきたし、日焼け止めクリームが必要かなと思っている人は、ZIGEN UVクリームジェルを使ってみてはいかがでしょうか。

日焼け止めをはじめて使う人でも違和感なく使えますよ。

 

公式サイト>>>ZIGEN

コメント

タイトルとURLをコピーしました