【体験】マージェンスの洗顔フォームで顔のダメージを抑えられるのか?

頭皮と皮膚

50代になって肌の清潔感がなくなった。

毛穴がめだってしかも頬のあたりが赤い。そう言えばおじさんで顔が赤い人いますよね。

これから真面目に洗顔したらなんとかなるんだろうか?

でも面倒くさいと続かないので、簡単にできるのがほしい。

 

僕自身、そう思って使い始めたのがマージェンスの洗顔フォームです。

プッシュすると泡が出て、面倒な「泡だて」も不要。毎日使うようになりました。

この記事ではマージェンスの洗顔フォームを使いだしてどうなのか、僕の体験をご紹介します。

【POLA】マージェンス

効果は?

マージェンス コンディショニング ウォッシュは男の洗顔用に開発されたので、

  • 洗顔
  • 保湿
  • 顔が赤い
  • 体臭

の対策ができています。洗顔料なのに体臭対策が入っているのはマージェンスの一連の製品に共通です。

フォームなので楽に洗顔できる

 

マージェンス コンディショニング ウォッシュは、プッシュするとフォームが出て来るタイプなので使うのが簡単です。

洗顔料を自分の手のひらで泡立てるのは意外と面倒なんですよ。洗顔ネット使えば泡立ちが良いのですが、泡だて過ぎたり、洗顔ネットが劣化するので定期的に交換が必要だし。

プッシュしてすぐ使えるのは便利です。

シェービングフォームとしても使えるのがいいですね。別々にそろえるのは手間がかかるし、置き場所もとります。

洗顔力がいい

皮脂の落ちはいいです。女性に比べて皮脂が多い男性用ですから当然か。

手フォームを出して、ゴシゴシ擦らないように、泡で顔の汚れをとる感じ。

製品には、角栓を溶かすシーバムクリアオイルが配合されています。何かと言うと、シーバムクリアオイルは、角栓と周辺の余分な皮脂を溶かす働きがある成分。

単体でも、角栓と余分な皮脂除去用としても使われている成分です。たまに角栓パックすると、ゲっとなりますから、普段の洗顔で落としてくれるのは助かります。

余分な皮脂が落ちれば、テカりも抑えられます。

保湿成分

S-ヒアルロン酸が保湿成分です。ヒアルロン酸は、身体が持っている成分で、保水力がすぐれた糖質の一種(ムコ多糖質)です。

皮脂が多い男の皮膚のダメージを抑えるには油脂のクリームではダメで、保湿が必要す。洗顔だけでも保湿できる成分が入っているのは楽ですよ。

顔が赤い対策

最近まで意識しませんでしたが、鏡を見るとたしかに顔が赤い。黒ずんで赤い感じですね。顔のバリア機能が低下した証拠だそうです。

正しい洗顔をして、顔の皮膚のダメージを防ぎ、顔のバリア機能をこれ以上壊さないのが大事らしい。

汚れは落とさなければならないが、肌にダメージを与えるほど強く洗ってはダメというのが大事なんですね。長年痛めつけてました。

ニオイ対策

ニオイは、何かの香りを足しても、より臭くなるだけ。男が香りをつけすぎるのは一般的には好まれないです。

マージェンスが取った方法は、体臭のネガティブなニオイをポジティブに変換する方法です。ニオイの成分に働きかけて、水+さわやかな香りに分解する機能性香料「ニュートラル」が入っています。

「さわやかな香り」って何?と思いますが、シトラス系の軽くて清涼感がある香りです。上品な香りとも言えるし、「ほとんど分からない香り」とも言えます。どちらにしても、香りがきつい製品は使いたくない人も含めて、マージェンス香りが気になる人はほとんどいないと思います。

実際に使ってみて

洗顔のあと、サッパリ感があります。

洗顔料によっては、

  • しっとりするけど、サッパリ感がないとか
  • 泡立ちなしで、洗った気がしないとか

お肌には良いのかもしれないけど、スッキリしない種類も多いです。

マージェンス コンディショニング ウォッシュで洗ったあとはスッキリ感じます。

つっぱり感もなし。洗顔後は、スッキリ、さっぱり、でも保湿はされているという感触です。

使っていて刺激は感じません。男に多い隠れ敏感肌でも使えます。

使いだして半年

マージェンス洗顔フォームの使い勝手が良いので、他の洗顔料は使わなくなりました。

男性用スースータイプも持っていたのですが、スースーしなくても爽快感は得られます。

使いはじめて半年、洗顔後に顔が乾いて感じる肌のヒリヒリが減ってきました。

***

出張などで、ホテルの洗顔料を使っていると顔が痒くなることがあります。

そんなとき、、マージェンス コンディショニング ウォッシュも持ってくれば良かったと思います。違う環境だとか、ストレスとかも原因だと思いますが。

旅行用には容器が大きいので、旅行用に小さな容器の製品も出してくれるといいんですけどね。

» マージェンス公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました