長時間のデスクワークで腰痛を防ぐ座り方

腰が痛くて手を当てている 腰痛と肩こり

長時間のデスクワークは腰を痛めます。

座っている姿勢は、立っている姿勢より腰に荷重がかかるためです。

仕事に集中して身体を動かさなくなれば、それだけ腰痛のリスクも高くなります。

どうすれば、長時間、椅子に座っても腰痛を防ぐことができるか、正しい姿勢とコツを紹介します。

腰痛になりやすい座り方、正しい座り方

まず、腰痛になりやすい座り方から。

誤った座り方

腰を前に出した姿勢は腰痛のリスクが高いです。

  1. お尻を座面の前に出し
  2. 腰と背もたれにすき間がある
  3. 背中を後ろにそらす

ようするに「だらしない座り方」です。

この姿勢は見た目が悪いだけでなく、腰へかかる荷重が増します。

その理由は、

骨盤が後傾するので、

①状態を自然に支えらず、
②腰の筋肉で支えることになり、
③腰回りの筋肉の負担が増す

というのが原因です。

後ろ斜めに傾いている背中を、腰の筋肉で支えることになるので、負担が大きいわけです。

正しい座り方

見た目にも良い姿勢です。

  1. 深く腰掛けて
  2. 姿勢を正し
  3. 背もたれに体重をかけすぎない

採用面接とかでよく見かける姿勢ですね。腰への負担から見れば理想です。

でも、この姿勢を続けるの疲れませんか?

腰痛の専門家によれば、姿勢が正しい人はこの姿勢でも疲れないそうです。むしろ誤った姿勢のほうが疲れるらしい。本当なのか?

正しい姿勢は見た目にも良いので、意識して座り続ければ慣れてくるかもしれませんね。慣れるようにしたいです。

やっぱり、だめだっていう人は、次に紹介する「腰痛になりにくい座り方」を試してみてください。

腰痛にならない、力を抜いた座り方

 

 

ポイントは

同じ姿勢を長時間続けない

ということです。

足を組み替えたり、あぐらをかいたり、すぐトイレに立ったり、あんまり集中力がなさそうなほうが腰痛のリスクは下がります。

なぜ腰に負担がかからないかと言うと、同じ筋肉に長時間負担をかけないからです。歩くのが腰痛に良いのは、この理由もあるのでしょうね。

足を組む

足を組むのは身体に悪いと言われれていますね。

足を組むことで血管が圧迫され、血流が悪くなるし、同じ組み方をしていると、骨盤に不自然な力が働いてしまうからです。

でも、組んだ足を組み替えればいいんです。

無意識だといつも同じ足を上にしていることが多いので、意識して組む足を入れ替えるようにしましょう。

ちょっと違和感がある場合もありますが、かえって左右のクセ治るんじゃないかと思います。

椅子の上であぐらをかく

椅子の形によっては無理かもしれないし、そもそもオフィスじゃ無理かもしれませんが、腰痛防止には役立ちます。

スーツだとズボンの膝が出て型くずれするのは間違いないですけど。

あぐらをかくのは足がだるい人にもオススメです。僕は下肢静脈瘤なので弾性ストッキングを履いてますが、足を上げているほうが楽ですよ。

片足だけあぐらをかく、
立膝をする

のも腰痛防止には良いですよ。

腰痛を防ぐ椅子の座り方 -- 上品じゃないけど効果的な方法を紹介します
腰痛もちの人が長時間椅子に座るのは辛いですよね。自分の体験では椅子の上であぐらをかくのが腰痛の防止に効果的でした。その理由をご紹介します。

踏み台に片足を載せる

両足を揃えて座り続けるより、片足を台にのせて座ると腰への負担が和らぎます。

足元に10センチくらいの台を置いて足をのせましょう。

左右の足はときどき入れ替えて、筋肉の負担を分散させるのがいいですよ。

踏み台に片足を載せる姿勢は、立っているときにも腰痛には効果的です。

椅子を選ぶ

 

腰痛になりやすい椅子、なりにくい椅子があります。

腰痛になりにくい椅子の代表はアーロンチェアです。

アーロンチェアは高価ですが、腰痛に悩んでいるなら買って後悔しません。

米国の体重の重い人が長時間座ってもいいように設計されているのでしょう。

とにかく丈夫です。

椅子の上であぐらをかいても、
立膝してもびくともしません。

アーロンチェアは、背もたれがやや背中側に張り出していて、背筋に力を入れなくても正しい座り方ができるので、長時間座っていても疲れません。

背中、座面の両面がメッシュになっているので蒸れなくていいです。汗かきの男性には向いています。皮のチェアだとお尻に汗をかきますからね。

アーロンチェアの重量は約20キロ。かなりの重さです。

ですが、足が5本あるため、1本あたりの分散荷重が小さくなり、フローリングでも傷つきにくいです。

 

でも、僕は一時期アーロンチェアを避けてました。

座面の周囲のフレームが太ももにあたって、それが苦手で別の安い椅子を使ってたんです。

一見、高級そうで安い皮の椅子だったのですが、ひどい腰痛になってしまいました。

1か月間、腰がくの字に曲がったままで一時はどうしようと思いましたよ。

その後、アーロンチェアに戻してから、ひどい腰痛で悩むことはなくなりました。

 

アーロンチェアに座るときも、

あぐらかいたり
立膝したり

するのは腰への負担をやわらげますよ。

アーロンチェアは丈夫なので、きしむこともなく、腰を支えてくれています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました