こんな歯科医はハズレ どんな歯科医を選べばいいのかダメ医者の見分け方を紹介します

口の健康

歯科医の当たりハズレはあります。不満もたくさん耳にしますよね。

    • やたら自費診療を勧める
  • 説明しないで治療を始める
  • すぐ削る
  • 神経抜きたがる
  • 外車に乗ってる
  • 金遣いが荒そう
  • 待合室の雑誌がバブルなものばっかり

当たっているのもあれば、余計なお世話もあると思います。

近所に新規開業した歯科医の裏口の車庫に外車が2台あるのを見て「ここで治療したら診療代が外車に行くのかー」と思って、その病院を避けたこともありました。

でも、だからと言ってその医師がハズレというわけではないですよね。技術と無関係に判断してもしょうがないです。

でもダメ歯医者はたくさんいるはずです。僕が思うハズレない歯科医の特徴を挙げてみます。

こんな歯科医はハズレだ

年中無休

 

歯科医師も、技術の進歩に合わせて勉強する必要があります
デンタル関係の会社が主催するセミナーも山ほどあって、ちゃらいセミナーなんか受講しても無意味かもしれませんが、それでも勉強しないと。

個人医院で土日も開業している歯科は、はっきり言って勉強してないと思います。

 

以前住んでいた近くに新しい歯科医院ができて年中無休でした。しかも先生は1人だけ。歯科衛生士も、歯科助手もいません。

受付は歯科の学生バイトでした。確認したわけではありませんが、いつも下むいて歯科の専門誌を読んでいたので。

これで年中無休ありなのかなーと思っていたら、10年たった今でも診療している。しかも日曜日の午後だけ休診。

歯の根が痛くて何度か通院しましたが、道具を置いてある机がゴチャゴチャで。散乱した机の引出から道具を探す感じでした。

悪い先生ではなかたんだけど、結局、僕の歯の腫れは解決せず別の病院に移りました。

Webサイトを見てもスタッフはいない感じなんですが、どうして営業続けているんでしょうか。

歯科助手・歯科衛生士が治療する

違法です。今どきいないはずですが以前はいました。歯科医以外が仮の詰め物したり。

仮の詰め物されているときに、隣の新人らしい人に説明しながら、僕の口に詰めていましたよ。説明しているのも歯科医師じゃなく、歯科衛生士(もしかしたら歯科助手)でした。

歯科助手が口の中に入れられるのはバキュームのときだけ、
歯科衛生士は、歯石の除去などはできますが、治療したら違法です。

出会ってしまったら即転院しましょう。

やる気のない医師

 

勤務医が複数いる規模の大きめな病院では、やる気がない医師に出会うことがあります。数年勤めたら開業するか、親の後でも次ぐのかなという感じ。

しかも、複数の歯科医院で、同じような医師に出会いましたから、おそらくたくさんいると思います。

そういう病院って、院長は信頼おけそうだったりするんですけどね。

自分の患者という気持ちになれないのかもしれませんね。

学歴が低い

 

ハッキリ言って多くの歯科学部の偏差値は低いです。

偏差値の下から見ると40台の大学がゴロゴロあります。

日本大学[松戸歯/東京]49
愛知学院大学[歯/愛知]49
日本歯科大[新潟生歯/東]48
朝日大学[歯/岐阜]48
神奈川歯科大学[歯/神奈]46
北海道医療大[歯/北海道]45
岩手医科大学[歯/岩手]45
奥羽大学[歯/福島]45
鶴見大学[歯/神奈川]45
福岡歯科大[口腔歯/福岡]45
松本歯科大学[歯/長野]42

引用:http://daigakujyuken2.boy.jp/zenkokushigakuburanking.html

偏差値40台はFランではありませんが、それにしても低い。歯科治療は医療の一種でしょ。医学に関する基礎知識は必要だと思うですが、大丈夫なんでしょうか。

中には熱心な人もいるだろうけど、医師になるには勉強してほしいですね。覚えることも理解することも多いはずですよ。

あんまり勉強しないで大学に入って、たして勉強しないで卒業しちゃったら、その後に必要が知識も身につきませんよね。

歯科医師の国家試験なんて、取得したときたスタート地点だから、勉強する習慣がつかないで卒業しちゃった人は、その後も学習しないと思います。

手先の器用さで治療できる時代じゃないので、医学情報を理解できるくらいの学力はほしいですね。ちょこっとセミナー受けて認定されるだけじゃだめですよ。

歯科医師の学歴はWebサイトのプロフィールで確認できます。Webサイトがない歯科医院? わざわざ選ぶ必要性もないので無視しましょう。

あと、院長のブログとかスタッフのブログを読むのもいいですね。他人が書いてる場合もあると思いますが、自分に合った印象かどうかは判断できます。

昔の人の評判を信頼しない

古くから地元に住んでいる人には、保険治療が絶対、待合室がいつも混んでいる、自分の食事もそこそにに治療してくれる、というのに価値を置いている意見をみかけますが、だから何?って感じです。

自費診療も選択肢のひとつなので、保険が絶対というわけでも、その逆でもないですよね。

いつも混んでいるのは、きちんと予約制にしてないか、さばけないほど予約を取っているのが原因なので、マイナス要素として判断するべきです。

食事しないとか論外です。

かみ合わせを指摘する

かみ合わせを指摘する医師は要注意です。

そもそも、理想的な噛み合わせの人なんてほとんどいないと思いますよ。

アゴが左右の蝶番しかないならともかく、アゴは前後左右にも動くので、かみ合わせを修正しても何かが変わるわけじゃないと思うんですよね。

特に、長期的な診療方針も出さないでかみ合わせを言い出す歯科医院は即パスしましょう。

説明したがらない・一方的に説明しすぎる

説明しないで治療を始めるようだったらその場で退席しましょう。勇気が要ると思いますが、2度と会うこともないでしょうから、きっぱり中断すべきです。

説明しすぎる歯科医師もいますよね。自分の治療に自信があり過ぎるのかな。治療についてこちらの希望を伝えて、聞く耳を持たない医師もパスしましょう。

自分が信頼できる歯科医を見つけよう

歯科は、一時的な治療だけでなく、定期的なメンテンナンスも必要です。インプラントはもちろんですが、歯周病の予防にも定期的にチェックすべきです。

本当の技術を判断するのはほぼ不可能ですが、せめて自分が信頼できる歯科医師を選びましょう。

まずクリーニングや検診に行ってあたりをつけておくのがいいですよ。歯は、定期的にチェクするのがいちばんの予防です。歯医者に慣れていれば、判断もつきますしね。

 

ただし、信頼できる医師も、年月が過ぎると頼りなくなったりするので、信頼しすぎるのも考えものですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました