信頼する歯医者も年取ると腕が落ちるのか?

口の健康

歯医者選びは、むずかしいですね。

だから信頼できると思った医師とは長く付き合いたいのですが、年をとると腕が落ちるのか不信が生まれることがあります。

信頼できる歯科医を見つけても、10年以上通っているうちに次第に違和感を感じ、引っ越しを期に別の歯科医に通うようになった僕の体験を紹介します。

年取ると腕が落ちる?

 

熱心に見える医師も年取って、何かの理由で腕が落ちることがあるんですね。

虫歯が見逃された

虫歯じゃないのーと思ってこちらから伝えても見逃されることがありました。

下の前歯の裏側に少し違和感があって、見てもらったのですが問題なし。

どうも気になって、歯医者さんの小さな鏡(丸い鏡が先についてる)を買って自分で確認したら、どう考えても虫歯です。

鏡で見ると、歯の外側には欠けたところはないのですが、歯の内部が黒っぽい。ふたたび予約してきちんと診てもらったところ、やっぱり虫歯でした。なんでこんなのが見逃されたのかと思いましたよ。

歯ぐきの腫れが見逃された

歯ぐきが腫れてレントゲンとったものの問題はわからず。そのときは軽い症状だった経過観察ということでした。1年後、自分では腫れてるなーと思いながら、定期検診とクリーニングを受けました。

腫れているのを伝えても何もなし。

結局、3ヶ月後に別の病院で抜歯しました。

別の歯科医院でレントゲンとったら歯の根の周辺が黒くなっていました。それだけ症状があるんだから何か指摘してくれてもいいですよね。

腫れていたのに、スルーされてしまったのが不思議です。

***

この歯医者さん、以前はていねいだったんですけどね。

10年以上前に神経取って治療してもらった数本の歯はいまだに問題ないし、再治療の歯もなんとか持っています。

保険の治療なのでマイクロスコープは使わず、それでもきちんと治療してくれたんだろうと思います。

あるころから、なんとなく見落としがあるなーと思うようになりました。
年取ったのか? まだ40代だと思うのですが。

たまたま自分と相性が悪くなったのかもしれんけどね。

***

新しいことを学ばなくなったのかもしれまん。

古い床屋でありがちな光景に、暗い室内で店主が新聞読んでる光景がありますよね。新しいカットなんか知らないだろうという感じの光景です。ん十年間同じカットなのかなー。お客も同じなのかもしれませんけど。

僕も個人事業者なので分かりますが、うっかりすると新しい技術を学ばないで何年も立ってしまうんですよ。新しい情報を得る機会は多くても、自らかかわらないと身につかないまま過ぎていってしまいます。

若い歯科医も不安?

 

世の中には若い歯科医に不安を覚える人も多いようです。

若い医師への不安というのはありますよね。

  1. 体験した症例が少ない
  2. 技術がこなれていない
  3. ただしい診断を下しにくい

では、ベテランだといいのかというと、そうでもないです。

  1. 新く生まれた技術や治療法をよくしらない
  2. 視力が落ちて細かなものが見えにくい
  3. 慢心している
  4. 設備が古い

じゃあ、30代〜40代の医師が良いのでしょうか。

むずかしいですね。

設備が経験を上回る場合もある

若い歯科医で経験が足りなくても、設備が補ってくれる場合もあります。

マイクロスコープは設備が技術を上回る代表例です。経験と感で治療するより、拡大してハッキリ見えたほうが楽ですから。胃カメラも同じですね。バリウム検査が優れてるなんて主張は消えてしまいました(少し残ってるかもしれませんが)。

疑問に感じたら立ち止まる

 

長年お世話になった医師でも、なんとなく違和感を感じることがでてきたら立ち止まって考えてみましょう。

歯科医に責任はないかもしれませんが、相性が悪くなったのかもしれません。

僕のように歯の悪い人にとって、信頼できる先生を探すのは大変です。新たに別の歯科医院を探すのも大変ですからな。

でも、気になることが増えたら、思い切って別の歯科医院に相談するのもいいと思いますよ。

いきなり治療じゃなくて、カウンセリングから始めるのがいいと思います。

ダメな歯科についての記事も参考にしてください。

こんな歯科医はハズレ どんな歯科医を選べばいいのかダメ医者の見分け方を紹介します
歯科医の当たりハズレはあります。不満もたくさん耳にしますよね。 やたら自費診療を勧める 説明しないで治療を始める すぐ削る 神経抜きたがる 外車に乗ってる 金遣いが荒そう 待合室の雑誌がバブルなものばっかり当たっているのも

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました