日焼け止めの男性用って違いがあるの?

頭皮と皮膚

日差しが強くなってきたので男性でも日焼け止めを使ったほうが良いらしい。と思っても、日焼け止めの種類がありすぎて選ぶのに困りますよね。SPFやPAの値によって種類があるし、女性用と男性用もあります。

女性が日焼け止めに寄せる関心は非常に強いので、女性用を選んでおけば安心に思いませんか? でも、男性用と女性用は成分が異なるので、とりあえず選ぶなら男性用を選んだほうが無難ですよ、という話をさせてください。

そもそも日焼け止めとは何?

日焼け止めに使うSPFとかPAという指標を聞いたことがあると思います。

何となく値が高いほうが効果があると思っていませんか?

答えは、PSFとPAで違います。

  • SPFは「紫外線を防ぐ有効時間」
  • PAは「紫外線の一種UV-Aから肌を守る強さ」

知ってました? 僕は自分で日焼け止めを使いだすまで知りませんでした。

UV-Aとは紫外線の種類の1つです。

地上に届く紫外線はUV-AとUV-Bに分類されます。

  • UV-A:皮膚の奥まで浸透し、肌を黒くする原因になります。
  • UV-B:皮膚の表面を赤くし、やけどの原因になります。

SPFはUV-Bに対する指標、PAはUV-Aに対する指標です。

まぎらわしいので別々に見ていきましょう。

SPF(Sun Protection Factor)

紫外線B波(UV-B)をカットする継続時間を示しています。

日本化粧品工業連合会の基準によると「SPF=1なら効果は20分」を表しています。

たとえば

SPF=20なら6時間40分
SPF=50なら16時間40分

効果が持続するということです。

SPFの数値が高ければ強い日差しに耐えられるというわけではないんですね。

16時間以上紫外線を受け続けることは考えにくいので、SPF=20でも良いような気がします。

女性用の売れ筋商品はSPF=50ですけど。

実際には、日焼け止めを塗っても汗で落ちてしまうので、SPFの値より何回か塗り直すほうが効果的とも言えます。

PA(Protection Grade of UVA)

PAは紫外線A波(UV-A)を防ぐ効果を表します(SPFは持続時間でした)。

PAの強さは「+」の数で表します。「+」が多いほどUV-Aを防ぐ効果が高いという意味。

今のところ最強は「PA++++」です(どうやって発音するんでしょうかね)。

 

「SPFとPAの意味は分かった。とりあえず高い値にしておけば無難だよね」と思いがちですが、ちょっと待ってください。

とくに男性が使うにはデメリットがあるんです。

むしろ数値は低くても男性用の日焼け止めを使ったほうが効果的です。

その理由をこれから説明しましょう。

男はメンズ日焼け止めを使ったほうが良い理由

まず、男性のほうが女性より肌が強いわけじゃない、ということです。どちらかと言えば、女性より肌が弱い男性が多い。

その理由は、生まれ持った肌の性質もあるし、多くの男性がまともにスキンケアしていなかったというのも原因の一つです。やっぱりお手入れしてないと長年のダメージが蓄積されるんです。

SPFやPAの値が高い製品は、肌への負担が大きくなる傾向があります。そのため、さらに肌にダメージを与えるリスクも高くなります。

ベタつく

日焼け止めは、肌に降り注ぐ紫外線から肌を守るものですが、その成分には2つあります。

  1. 紫外線を吸収して熱エネルギーとして放出する(紫外線吸収剤)
  2. 紫外線を肌の表面で反射させる(紫外線散乱剤)

紫外線吸収剤は①SPFを高くしやすい、②透明にできる、③塗布しやすいなどの利点があるのですが、油脂に溶けた状態なので含まれる油分が多くなってしまいます

このため皮脂が多い男性が使うとベタつく原因にもなります。PSF50以上の製品は紫外線吸収剤を使っている製品が多いで確認しましょう。

女性は皮脂が少ないので「女性のレビューで高得点でも男性が使うと違う結果がでる」のは男女の肌の違いも影響しているのでしょう。

油分が多い日焼け止めを使うと、塗った部分のテカリも目立ちますよ。

僕なんか、何もつけなくても夏の日差しの下ではテカってますから、避けたほうがいい条件です。

汗をかいて成分が落ちる

男性は汗をかやすいので、長時間効果がある製品を使っても汗で落ちたら付け直しが必要です。

SPFの持続時間内でも、つけ直さないと効果が失われるので効果がムダになってしまいますね。

肌に負担がかかるSPF50より、SPF20で肌にやさしいものを何度も塗ったほうが、同じ日焼け止め効果なら肌への負担が低いわけです。

日焼け止めを落とすのが大変

日焼け止めは顔を洗って落とします。当たり前ですよね。でも、日焼け止めによっては石鹸では落ちません。クレンジング剤が必要なんです。クレンジングオイルとか呼ばれるものです。

メイク落としに使うものなので、女性は慣れていますが男性がクレンジング剤を使うと違和感があると思いますよ。

クレンジングオイルを顔につけて、ぬるぬると顔に広げ、日焼け止めをクレンジングオイルに溶け込ませてから洗い流すわけです。

オイルなので洗顔後にサラッとしません。さらに洗顔料で洗い落とします(使わないほうが良いという意見もあり)。

さっぱりさせるには手間がかかるんです。

日焼け止めを選ぶときには、石鹸や洗顔料で洗い流せるタイプを選びましょう。

裏側に小さく書いてあったりします。

裏側のせっけんで洗える表示

男性用日焼け止め4種類

男性が使うのを前提の肌にやさしく石鹸で落とせる日焼け止めを紹介しましょう。

ZIGEN UVクリームジェル

SPF21
PA++
無香料、無着色

50g
販売サイト:ZIGEN公式ページ
価格:3,240円

 

男性用オールインワンジェルで評判の高いZIGENが発売している日焼け止めです。

紫外線吸収剤、シリコン不使用で肌にやさしい製品です。

チューブから出すとき硬い感じがするので、広げるのにちょっとコツが必要かもしれません。

塗ったあとはつや消しマットな感じで、テカりがないのはこの製品の大きな利点です。

LUCID エイジングケア化粧水UV

SPF28
PA++
無香料、無着色

120mL
販売サイト:Amazon
価格:818円


日焼け止めと化粧水効果を合わせ保湿効果を高めています。
ミルクタイプで、化粧水というよりも乳液のような感触です。

塗ったあとがサラッとしているのも利点です。

DHC MEN オールインワン UVプロテクションジェル

SPF27
PA++

80g
販売サイト:Amazon
価格:1,755円


これも、保湿と日焼け止めの両方の機能を含んだ製品ですが、どちらかというと洗顔の後に日焼け止めも追加したい人向けかもしれません。

さっぱりした使い心地です。

資生堂 ウーノ スキンケアタンク(UVカット)

SPF25
PA++

160mL
販売サイト:Amazon
価格:1,640円


保湿と紫外線対策をしたい人向け。肌になじみやすい。
メンソールで気持ちが良いが、目の周りは注意したほうが良いかもしれません。

まとめ

刺激が少なくて、石鹸で洗い落とせる男性用日焼け止めをご紹介しました。

年々、日差しが強くなっているし、肌は年々ダメージを重ねてしまいます。

これまで使わなかった人も、今年から日焼け止めを使ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました