夏カゼを治すために必要なのは睡眠と快適な室内

喘息・セキ・風邪

夏にひくカゼは不快ですね。汗をかいて家に帰ってサッパリしたいのに、頭が痛くて熱っぽいとか、うんざりです。夏に引くカゼは家でおとなしくして温かくいればいい、という方法が取れないのも辛いところです。

これでキマリという定番の治し方がわからない
エアコンで冷やしていいのか?
もっと汗をかけばいいのか?

身体も汗ばんでいるのにゾクゾクして、自分の中で割り切れないものがあります。それらがフラストレーションとなり、夏のカゼは治りにくいと思ってしまうのかもしれません。

カゼはウィルスが原因で、夏も冬も大きな違いはないのですが、僕がいちばん大事だと思うのは「部屋の快適さ」と「睡眠」です。

身体の緊張をほぐして、ぐっすり眠り、自分の抵抗力で治す。結局これしかないと思います。快適に、カゼを引きやすい理由を考えて、対策を練ってみました。

夏風邪が治りにくい理由

夏にカゼを引く理由は、

  • 室内外の気温差で疲れる
  • 日中に体力を消耗している
  • 暑くて睡眠不足
  • 夏バテして体力が低下している
  • サッパリしたものばかり食べて栄養が不足

などが理由だと思います。

暑いですから体力を消耗しますよね。僕は夏バテしても食欲が衰えないので、栄養不足とは思えないんですが、睡眠不足はこたえます。

そうめんなどさっぱりしたものを選んでいるうちに、炭水化物ばかりの食事になり、ビタミンやミネラルが不足するのも抵抗力を落とす原因だと思います。

早く夏カゼを治す対策

エアコンを使って快適な室温にする

 

冬なら温かい部屋にするところですが、夏は室温を上げて汗をかいてもカゼは良くなりません。汗で体力を消耗するだけ。

カゼをひいたら、身体は発熱してウィルスを撃退しようとするわけですが、日本の夏の気温は体温を超えていることも多いです。部屋の温度を上げても熱中症になるだけ。脱水症の危険性もありますね。

エアコンをつかって室内を快適な温度に保つのは、体力を温存するためです。温存した体力でウィルスを攻撃してもらいましょう。リラックスできる快適な温度いしましょう。暑いのも寒いのも我慢するほうが体力を消耗します。

部屋の中を清潔にする

日本の夏は室温だけでなく、湿度も高いので菌が繁殖しがちです。シーツなども汗で汚れやすくなりますよね。冬よりまめに交換したほうがいいですよ。体臭のもとにもなるし。

胃腸を休める

 

調理するのも暑いし、食事して汗をダラダラかくのもつらいと、簡単な食事になりがちです。それも冷たいそうめんとかの繰り返し。

冷たいものばかり食べていると胃腸は疲れます。

麺類は、かまずに飲み込んでしまうことが多いので、胃腸が弱っているときは気をつけましょう。とくに冷たくてコシの効いたうどんは胃腸に負担をかけることも多いそうです。

男は早食いが多いので注意したほうが良いですよ(自分が医者に言われたことなんですけど)。

納豆も噛まない食品の代表ですね。納豆自体は発酵食品で身体に良いのですが、意識しないと飲み込んでしまいますよね。

カゼで弱っているときは、胃腸に負担をかけて無駄なエネルギーを消耗しないようにしましょう。

ちなみに胃腸が弱っているときははちみつは注意したほうが良いですよ。はちみつの中の菌に胃腸が対応できないかもしれないので。

寝るのがいちばん

 

カゼに打ち勝つ体力をつけるには、睡眠です。起きているときは、考え事したり、食べものを消化したり、運動したり、と身体のエネルギーが分散されて、カゼに対抗する力が足りません。

寝ているときは、基本、身体の修復や、成長ホルモンの分泌ですよね。育毛にも睡眠は大事です。

でも、夏は暑くて浅い眠りになってしまいがちですよね。

快適に寝るには、エアコンを使って室温を一定の温度に下げましょう。身体がリラックスるできる温度がいいです。

寝ている間に身体が冷えるのが嫌だという人も多いので、エアコンの温度をやや高めに設定している人も多いと思います。

その場合は、頭だけ冷やすと眠れますよ。頭を冷やすとよく眠れるという記事も参考にしてください。

アイスノンや扇風機で頭だけ冷やすのが効果的ですよ。僕は小型扇風機を頭に向けてマスクして寝ることにしています。

アルコールで眠らない

カゼを引いているときにアルコールの力で眠るのはやめましょう。

睡眠の質も良くないし
利尿作用で脱水症状になります。

夏カゼでも、身体には水分が必要です。暑さで水分が失われていくので、積極的に水分補給が必要です。

利用作用の強いアルコールは控えたほうがいいですよ。

サプリを使う

睡眠を十分にとるためなら、薬を処方してもらうのもありだと思いますが、内科で風邪薬ならともかく、睡眠導入剤をもらいに行くのもちょっと、気が引けますよね。

市販のドリエルなどの市販の睡眠改善薬は、カゼや鼻炎の薬と併用しないようにWebサイトでは表示されています。

睡眠改善薬の主成分は抗ヒスタミン剤、カゼ薬や鼻炎の薬にも抗ヒスタミンが含まれていることが多いので、同じ成分が重なる可能性がためです。

カゼ薬を飲んでいないのなら良いのかもしれませんが。

睡眠補助サプリというタイプがあります。こちらは食品という扱いなので問題はなさそうです。

サプリに使われる成分は

  • グリシン
  • GABA
  • トリプトファン
  • L-テアニン

など。

どれが効くのかは個人差があると思います。サプリですから薬のような効きめはないと思うかもしれませんが、効くものもあります。

眠くなるというより、身体がリラックスして眠りに付けるという感じです。

試した中では、L-テアニンの効きめがいちばんでした。

L-テアニンのサプリは各種発売されていますが、僕が利用しているのは、1カプセル200mgのタイプのサプリ(リラクケア )です。1粒で身体がリラックスしてくるのがわかります(GABAも入っていますが)。

 

睡眠薬ではないので、意識が消えるような作用じゃなく、ほっとする作用です。「夏の暑いときにカゼなんかひいてたまんないよ」という、ストレスを和らげてくれる感じ。

薬の効きめが炭火焼き料理だとしたら、L-テアニンの効きめは遠赤外線調理をもっと穏やかにした感じですかね。食品あつかいなので当然ですが。

ただし、L-テアニンはカフェインを抑制する効果があるなので、いちおう確認しておきましょう。

多くのカゼ薬にはカフェインが入っていて、その目的は

  1. カゼ薬の眠気防止
  2. 血管を収縮させて頭痛を減らす

です。おもな働きは1の眠気防止でしょうね。頭痛に効くなら鎮痛剤にも入っているはずだし。

夜寝るときにL-テアニンを摂るのは問題ないと思いますよ。

まとめ

夏カゼを引いたら、汗もかくし冬以上に体力を消耗します。

快適な室温
清潔な室内
十分な睡眠

に心がけて早くカゼを治しましょう。

朝までぐっすり眠れる環境をととのえるのがいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました