この症状が出たらあなたも白内障かもしれない!? 進行性白内障の見分け方

目と老眼

白内障って、年寄りの病気だと思っていませんか?

加齢とともに誰にでも起こりえる病気ではありますが、30代や40代でも白内障になることがあります。

事実、僕の妻がそうでした。40代で両目ともに進行性の白内障にかかり、即、手術。いまでは快適な生活を取り戻していますが、手術前と後との変化から「白内障を見分ける方法がある」といいます。その話を紹介したいと思います。

若年性白内障の原因は?

白内障は目の水晶体が白く濁ってくる病気です。水晶体は目の中でレンズの役割を果たしているので、ここが白くなると見え方に影響が出ます。視界が濁ったりぼやけたりするわけです。

白内障の中でもっとも多いのは、加齢によって起きる加齢性白内障で、だいたい70代以降になるとかかりやすくなりますが、一部、若くても白内障になるケースがあります。それが、若年性白内障と呼ばれる症状です。

若年性白内障を引き起こす原因としては

  • 目のケガ
  • 網膜剥離
  • アトピー性皮膚炎
  • 糖尿病
  • スキーなどアウトドアスポーツによる紫外線のあびすぎ

などが挙げられますが、妻の場合、そのどれにも該当しません。ケガをしたわけでもないし、糖尿病でもアトピーでもない。スキーもまったくやりません(そもそもアウトドアスポーツとは縁がない)。

考えられる原因としては、妻の母も50代で白内障の手術をしているので、遺伝性なのかもしれません。

自分は若いのだから白内障になるはずがないという過信は禁物です。なんとなく目の前が

  • ぼやける
  • 白く濁る
  • 霞む

といった症状が出たら、すぐに病院に行きましょう。進行性白内障は症状が急速に悪くなっていくので、点眼薬では対処できません。

妻は「おかしいな」と思って病院に行ったら、即座に「進行性白内障です」と診断され、「すぐに手術をしましょう」と言われました。で、2週間後には予約を入れて、手術を受けています。

白内障は放置すると失明の可能性も否定できませんから、見え方に違和感を感じたら、すぐに病院に行くことをおすすめします。

単焦点レンズと多焦点眼内レンズ、どちらがいいのか

白内障の手術は比較的、カンタンです。白濁した水晶体を取り除き、代りに人工の水晶体(眼内レンズ)を挿入するというやり方で、手術自体に要する時間は10分ぐらい。

ただし手術の準備に時間がかかるので(何種類もの目薬をさして待機)、実際には1日拘束されますが、日帰りでの手術が可能です。

人工の眼内レンズには2種類あります。

  1. 単焦点レンズ
  2. 多焦点レンズ

があるので、病院では必ず「どちらにしますか?」と尋ねられると思います。

2つがどう違うかというと、1の単焦点レンズはピントの合う部分が1個、2の多焦点眼内レンズはピントが複数あるレンズです。1は保険の適用内、2は適用外なので2の方が高くなります。

妻は1を選びました。治療費は左右合わせて11万円ほど。これが2になると、片目で30万円〜35万円。両方やると70万円前後かかります。

高いだけあって2の方が良さそうに思えますよね。最初に説明を受けたときには妻もそう思ったそうです。

でも調べてみたら実際、くっきりと見えるのは1の単焦点レンズ。遠方か近方のいずれかが見えにくくなって調節が効かないという弱点はあるものの、メガネを併用すれば問題ありません。2は遠方と近方の両方にピントがあうので便利ではあるものの、見え方は1と比べるとそう鮮明ではないそうです。

以下、2つのレンズのメリット・デメリットをまとめてみました。

<単焦点レンズのメリット・デメリット

くっきり鮮明に見える

治療費が安い

遠方か近方のいずれかが見えにくくなる

メガネでの調節が必要になる

<多焦点眼内レンズのメリット・デメリット>

遠方と近方の両方にピントがあう

メガネが必要になっても1本で済む

くっきりとは見えない

治療費が高い

 

結局、メリット・デメリットと治療費を秤にかけて、妻は1の単焦点レンズを選びました。結果的には大満足しているそうです(2をしていないので比較の術はありませんが)。

手術をしてからもう7年ほどたっていますが、いまのところ、メガネは使わずに済んでいます。遠方か近方のいずれかが見えにくくなるというデメリットも特に感じてはいないといいます。

それは、妻がもともと右と左の見え方が違っていたからかもしれません。左の目は遠くが見えるやや遠視気味の目、右は手元は見えるけど遠くは見えない極度の近視。このアンバランスな状態を活かす形で先生が人工レンズを入れてくれたので、いまは遠くも近くもどちらもよく見えています。自分の中で右と左の目をうまく使い分けているのかもしれないです。

もともと近視がひどいとか遠視気味という場合には、その状態をうまく活かした人工レンズにしてもらうことをおすすめします。妻のように以前よりもずっと快適な視力を手に入れられる可能性があると思います。

ガスの炎が緑色に見えたら要注意!

白内障の手術を受けて、くっきりとした視界を取り戻した妻が一番驚いたのは、炎の色が違って見えることでした。

妻の目に写っていた炎の色は緑色でした。

炎

ところが、手術後に同じガスコンロをつけて目にした炎の色は青い色だったのです。

炎の色

白内障になると、水晶体が濁って、視界にフィルターがかかる状態になります。そのフィルターは白というよりもオレンジ色がかっているので、青い色が緑色に見えてしまっていたのでしょう。

このことに気づいてからというもの、妻はガスの炎を注意深く見るようになりました。もし、緑色に見えるようになったら要注意!ということだからです。白内障の手術をしても、後発白内障が起きるケースがあるからです。

炎の色だけで白内障を見分けられるとは思いませんが、白内障の可能性を探るための手がかりの1つにはなると思います(IHクッキングヒーターを入れている場合には炎がないので確認することは難しいですが)。

他人が「青く」見えているモノが自分には「緑色」っぽく見えていたら、白内障を疑ってもいいかもしれませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました