胃酸が原因? 胃が痛い、口が酸っぱい、が気になるときに試してみること

胃腸

急な胃の痛みは辛いですよね。胃がガっと痛くて、口の中が酸っぱくて、それでいてつかえている感じ。

数日間続く痛みは病院に行くとして、とりあえず今の痛みを抑える方法を紹介します。

症状

胃の痛みはいろいろありますが、胃酸が原因かなと思うのは次のような症状です。

  • 胃が痛い
  • 胃が消化不良な感じで、つかえている感じ
  • 口の中が酸っぱい
  • 胸焼け
  • みぞおちの上付近がガっと痛い
  • 横になると痛い

痛いのがへその周辺だと胃が原因というよりも、腸など、胃以外に原因があることが多いです。

胃の可能性が高いのは、みぞおち以上の痛みと、食道付近の不快感です。

すぐできる対策

横にならない

食後すぐに横になると胃酸が食道に上がってくるだけでなく、消化が悪くなります。健康なときもやめたほうがいいですよ。

身体が寝ていると胃も寝てしまうので、食べものが胃を通過するのに時間がかかって、さらに負担になってしまうんですね。

むしろ、軽くウォーキングするくらいがちょうどいいです。激痛なら別ですが、胃を刺激してさっさと腸に流し込んでしまいましょう。

とくに、食後2時間は横にならないように。食べたものが胃で消化されて胃酸が盛んに出ているときに横になると上がってきてしまいます。

上体を起こして寝る

病院のベッドみたいに傾きを変えられると便利なのですが、せめて背中にクッションなどを敷いて上体を起こして寝るといいです。

横になると、酸っぱいし、気管支も圧迫するし、むせやすくなります。その日は疲れるかもしれませんが、痛みは軽減されることが多いですよ。

何かすこし食べる

空腹のままにすると胃酸が出過ぎます。消化の良いものを少しでも食べるようにしましょう。

消化が良くて、通過が速いものは

  • 豆腐
  • 食パン、ご飯
  • 柔らかいキャベツ、ブロッコリー

などです。食物繊維の少ないものがいいでずね。

食欲がないなら、せめて牛乳を飲みましょう。胃酸を中和して胃をコーティングしてくれます。

 

ガスターを飲む

胃酸を抑える市販薬ならガスターがいいでしょう。病院で処方されるその他の制酸剤に比べると効果は控えめなので、副作用の心配は少ないと思います。

考えられる病気

急性胃炎

胃の粘膜の障害で、原因はさまざま。暴飲暴食やストレスなどでも起こります。1日2日で収まる一過性のものなら、食事を控えて安静にすれば治ります。

胃カメラで見ると、胃粘膜が荒れていたり、潰瘍が見つかることがあります。

逆流性食道炎

最近、よく聞くことが増えた病気です。ふつうなら胃酸や胃の内容物は逆流しないようになっていますが、何らかの理由で胃の上まで上がってきてしまう症状です。

胃カメラで見ると、食道に炎症が見つかることがあります。

数日で治らないなら

数日で収まらなければ、病院に行きましょう。

胃カメラは手軽に検査できます。直接見るのがいちばんですよね。

胃カメラは、大腸内視鏡などと比べて準備も検査時間も楽です。

前日の夕食を早めにすませて、当日の朝食はナシ。検査時間も5分くらい。

僕は、検査なれしてるというのもありますが、検査はほんとうに簡単ですよ。

心配なら寝ている間に検査できますが、検査後すぐ帰れないのが面倒。僕なら鼻からの検査がいちばん楽かな。

とにかく、何日もガスターを飲んでだらだら過ごすのは最悪です。

診察を受けるときのコツは、

自分で胃だと決めつけないこと

です。

僕自身、胃が痛いと半年言い続けたら腸だったという苦い経験があります。

あと、医者を選ぶのも大事かもしれません。

中年男性が胃の痛みを訴えると、酒のせいと安易に判断する医師もいるので要注意ですよ。

鼻から胃カメラ

まとめ

胃が痛いときの対策をご紹介しました。

胃の痛みを訴えて病院に行っても、簡単に診断がつかないことも多く、長引く痛みにはうんざりすることもありますが、ほんとうの原因を探してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました