暗くすると眠れないなら、明るくして寝るのも悪くないよ

不眠と睡眠

僕は寝付きがすごく悪いです。さあ寝ようと思って、部屋を暗くしたとたん目が冴えてしまい、ひどいと朝までで眠れないこともあります。

いままでの経験から、

  • 睡眠導入剤
  • 睡眠サプリ
  • 頭を冷やす

などが効果的です。

でも、旅行先とか出張中とか、どれも使えないことがあるんですよ、薬も、サプリもないし、頭を冷やす手段もないとき。

以前、ホテルで一睡もできず以後カゼを引いてひどい目にあったことがありました。少しでも眠れれば違ってたんですけどね。

そこで、熟睡できなくても、せめて数時間眠れる方法を紹介します。

部屋の照明をつけたまま寝る

 

とりあえず、すぐ寝るのは諦めます。

部屋の照明は読書できるくらいの明るさを維持して

  • 本を読みながら
  • スマホで音楽を聞く

これで、気がつくと眠っています。

とは言え、室内が明るいからか、2,3時間で目が覚めてしまうのですが、目が覚めても同じように、本でも読んでると同じように眠っています。

この繰り返しで、5時間くらい睡眠できるようになりました(結構寝てる)。

連続した睡眠じゃないので、熟睡感はありませんが、一晩中目がパッチリ状態よりずっとマシです。

ほんとは良くないらしい

理想的な睡眠からみると、明かりをつけて寝るのは身体に良くないそうです。

太古の昔、月明かりに照らされていたので、少ない明かりなら大丈夫だという説もあります。ちょっとウソ臭いですが。

僕の体験でも、室内が明るいのは熟睡はできないと思います。

でも、暗くして一睡もできないなら、明るくしてウトウトしながら寝ようよ、というのが僕の意見です。

ウトウトできる音源はコレ

いろいろ試したら、何を聞くかで、眠くなりかたが違いました。

試したのは、

Spotifyのプレイリスト

無料でも聞けます。眠れない人向けに

  • 眠れぬ夜の音楽
  • Sleep
  • 眠れない夜に

などのプレイリストが用意されているので、検索してみてください。

眠れる曲だからすぐに眠りに落ちるわけでもありませんが、頭の興奮は休まりますよ。

TBSラジオクラウド

登録なしでも利用できますが、無料登録すると聞ける番組が増えます。

複数のラジオ局も番組を提供していますが、ほとんどTBSラジオの番組です。

適当に興味が持てるけど、共感度があまり高くない番組を聞くのが効果的。聞いているうちにウトウトします。ただし、1つの放送単位が短いのが難点。

英語スピーチ

いちばん効果があったのはこれ。聞くのが苦痛ならやめたほうがいいですけど。

気に入ってるのは

スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学卒業式のスピーチ
「ハングリーであれ。愚か者であれ」が有名ですね。
YouTubeで聞く

 

マネーボールの原作者、マイケル・ルイスのプリンストン大学の卒業式のスピーチ

成功は必然だけでなく運もあるという内容です。
YouTubeで聞く

 

バラク・オバマの退任演説

民主主義は、みなが同じ意見じゃなくてもいいけど、結束が必要だよ、というのが印象的。
YouTubeで聞く

原文と日本語訳もあります。

Amazonで見る 

これを連続して聞いていると、かなりの高確率で眠っています(中身もいいと思うんですけどね)。もちろん照明はつけたままで。

最善じゃないけど、眠れないよりマシ

紹介した方法は、2,3時間ごとに目がさめるので、熟睡感は得られません。朝も眠いです。

でも、一睡もできないよりはるかにマシです。

出張先のホテ得るなどで、どうしても眠れないとき、睡眠導入剤もない、サプリもない場合、試してみて下さい。

最善じゃないけど、次善の策ということで、オススメします。

 

寝る前の強いストレッチは寝付きを良くする
寝付きが悪いんだけど薬は飲みたくない。 寝る前の体操やストレッチで身体をほぐすことはできないかな? 病院に相談するとすぐに薬を処方されますが、何度も飲みたくないですよね。 寝付きが悪い人は、寝る前に強めのストレッチ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました