憩室炎の大敵、便秘を防ぐには

胃腸

憩室炎になると辛い腹痛に悩まされます。僕は薬が効かずに2週間も苦しみました。

憩室炎は、治っても再発する可能性が高いのも心配ですよね。

入院するのも辛いし、そもそも入院する時間も取りにくいし。自宅で治療するにも、絶食に近い食事制限が必要になります。

できるだけ、再発しない生活を心がけるには、食事の内容に注意するだけではなく、便秘にならない対策も重要です。

便秘を予防する対策

食物繊維をバランス良くとる

便秘といえば食物繊維ですが、食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があります。両方の特性を活かしてバランス良く摂るようにしましょう。

不溶性食物繊維

 

食物繊維といって思いつくのはこのタイプです。

  • 水に溶けない
  • 腸内で便のかさを増やす
  • 老廃物を取り込んで早く排出する
  • 腸の壁を刺激する

腸の壁の刺激は、便秘防止にはある程度必要ですが、炎症を起こしているときは逆効果です。

憩室炎の炎症の上を溶けない食物繊維が通過すると、傷をホウキでこするようなものですから痛いだけですよね。

炎症のないときだけにしましょう。

不溶性食物繊維が多く含まれる食品:
キノコ、ニラ、ゴボウ、トウモロコシ、豆類など

水溶性食物繊維

 

水に溶けゼリー状になって腸内の水分を保持します。便をやわらかくして腸内を通過しやすくします。

ワカメやサトイモなどに多く、ヌルヌル、ネバネバしている食品が多いです。

普段から意識しないと不足する可能性があるのは、この水溶性食物繊維です。

水溶性食物繊維が多く含まれている食品:
果物類(リンゴ、バナナ)
海藻類(ワカメ、めかぶ、寒天)
野菜類(オクラ、山芋)

不溶性・水溶性の簡単な見分け方

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の簡単な見分け方は、

水につけてふやけるなら、水溶性
水でふやけないなら、不溶性

です。

ざっくりとした区別ですが、買物中に迷ったら思い出してください。

腸内環境を意識する

腸内フローラとか、善玉菌・悪玉菌などなど、腸内環境を整える情報は数多くありますよね。

便秘防止のためには即効性は必要ないので、サプリや食品など、いろいろ試して自分に合ったものを選べばいいと思いますが、手軽に試せるのはオリゴ糖です。

オリゴ糖は、胃・小腸では吸収されず、水分を含みながら大腸まで到達します。そのため、便の水分を保って排便しやすくなるんです

オリゴ糖は善玉菌のエサにもなるので、腸内環境の改善にも役立ちます。本来はこの機能が注目されますが、便秘の解消には水分を含んで大腸まで到達する機能も重要ですよ。

使い勝手の良い2種類のオリゴ糖製品を紹介します。

カイテキオリゴ(北の達人コーポレーション)

砂糖よりさっぱりした甘み(感覚的には砂糖の4分の1)。
コーヒーなどに入れても違和感がない甘さです。僕は普段ミルクのみでコーヒーを飲むのですが、朝だけはカイテキオリゴを入れて飲んでいます。ちょっと説明が難しいのですが、軽くさわやかな甘さです。

個包装ではなく、1袋にまとまって入っていますが吸湿性を抑えているので、中身がベトつかず最後まで使いやすいです。

専用ボトルも発売されていますが、僕は袋のまま使っています。

PREFIBER(SEEDS & SUPPLY)

 

オリゴ糖+食物繊維(不溶性、水溶性)です。

甘みを感じません。

ただし、粉っぽさがあるのでコーヒーやミルクティーに入れるには違和感があります。

ご飯といっしょに炊いたり、シチューに入れたりなど、甘味を感じない分、料理に使いやすいです。

食物繊維が含まれているので、これだけ摂れば考える手間が省けますね。

 

 

上がカイテキオリゴ、下がPREFIBER

水分補給

腸内の水分が減ると便秘になりやすいので、不足しないようにしましょう。

水分補給といっても、まとめて飲まないでこまめに補給するのが有効です。

僕は、コーヒーをよく飲むのですが、カフェインは利尿作用があるので、腸内に水分が送られる前に排出されてしまいます。

コーヒーなどの飲みすぎには注意ですね。

アルコールも利尿作用があるので同じです。アルコールと一緒に水分も摂りましょう。

有酸素運動

僕が胃腸科の医師から受けたアドバイスですが、「寝ていると胃腸も寝てしまう」そうです。

腸の蠕動運動を活発にするには、食後3時間くらいは起きていましょう。便秘だけじゃなく、食後すぐ寝ると逆流性食道炎の原因にもなるしいいことないです。

どんな運動がいいか。腹筋などより、体全体を動かす有酸素運動がいいと思います。ウォーキングや踏み台昇降をおすすめします

腸を刺激するための運動は食前・食後に関係ないので自分のスケジュールとペースで行いましょう。

まとめ

憩室炎の予防に欠かせない便秘対策を紹介しました。

他にも、憩室炎の予防には、

刺激の少ないものをとる
胃腸を休める
いちどにたべすぎない
脂質を取りすぎない

なども注意するといいですよ。

でも、もっと大切なのは、ストレスをためない、あまりストイックな対策をとらない、だと思っています。

痛い憩室炎のとき、お腹にやさしい食事を紹介します。
お腹が痛い憩室炎、辛いですよね。 憩室炎と言っても、その症状は人それぞれのようです。 入院するほどでもなく、痛みを感じる場合は自分で食事コントロールをする人も多いようです。病院で診察してもらっても、薬の服用と自宅で食事制限を言い...
大腸憩室炎が起きたときの治療法。予防法はあるの?
大腸憩室炎は現代になって増えてきている病気です。 お腹の痛みで病院に行き、大腸憩室炎と診断されることがほとんどで、そのまま入院になる場合もあります。 僕は、CT検査の結果、憩室炎と判断され、破れる危険があるからと...

コメント

タイトルとURLをコピーしました