胃カメラを麻酔で検査するメリット・デメリットは?

病院の検査と入院

胃カメラ検査は苦しいの? はじめて検査を受ける人は心配ですよね。僕もはじめてのときは気になりました。苦しい・辛い体験はまわから聞かされていたし。

僕がはじめて胃カメラ検査を受けるとき医師から勧められたのは、①鼻から入れるか、②麻酔で寝ている間に検査する方法です。

花粉症の時期だったので、医師のすすめもあり麻酔で寝ている間に検査することにしました。

でも、麻酔ってリスクはないの? ほんとに楽なの? 自分の体験をもとにまとめてみました。

鎮静剤は全身麻酔じゃない?

 

 

胃カメラ(大腸内視鏡検査も)で使われる麻酔という言葉は手術で使われる全身麻酔とは異なります

ほんとの(?)全身麻酔は、意識がなくなり呼吸を確保するために人工呼吸器が必要になり、麻酔医が必要です。身体が痛みを感じることもありません。

僕も腹腔鏡手術のときに体験しましたが、半透明なマスクを口に当てて、点滴から麻酔を入れていくとまもなく意識がなくなり、意識が戻ったら手術が終わっていました。

胃カメラの「麻酔」は意識を低下させるためのものです。眠っていたり、ぼーっとしている間に行って、苦痛を減らそうというわけです。

鎮静作用中は、痛みは感じますが、寝ていて意識しないか忘れてしまうかです。

ただし、鎮静剤の場合は、寝ているだけなので検査中は覚えていないだけでゲボゲボする場合もあるそうです。「寝ているだけで身体は反応しているよ」と検査医師が教えてくれました。

自分が苦痛じゃなければ、どっちでもいいですよね。

鎮静剤を使って検査している間は半分眠っているようなものです。ぼーっとした状態で、医師の呼びかけに答えている場合もあるそうですが、単に覚えてないだけなんだそうです。

効き目が薄い人は、この会話をなんとなく覚えている人もいるそうですよ。人によって異なります。

鎮静剤のメリットとデメリット

メリット

胃カメラが苦しいと言われるのは、胃カメラが喉を通過するときの嘔吐反射です。鎮静剤で寝ている最大の利点はこの苦しさを感じないで済むことです。

身体がリラックスした状態で胃の中を検査できるので、医師も落ち着いて検査ができます。鎮静剤なしで苦しく患者がもがいていても、医師はそんな状況は見飽きていると思いますけどね。

デメリット

検査は楽だけど、鎮静剤を使った場合は、検査終了後すぐには帰れません。これが最大のデメリットだと思います。
(鎮静剤なしの検査は、苦しい経口からの検査でも、終わってしまえばケロッとしてすぐ帰れます。)

検査後1時間くらいベッドで休む必要があります。検査結果を聞くのはその後。検査時間は10分くらいですから、その何倍も休憩が必要になります。

目が冷めてからも、その日は車やバイクの運転はできません。その日一日ぼーっとなる場合もあります。

胃カメラの検査は午前中が多いですから、検査時間がわずかなのに、その日一日無駄になってしまうのがデメリットだと思います。。

鎮静剤が効かない場合もある?

個人差があって、検査中に意識がある人もいるようです。

ただし、胃カメラの検査時間は短いので、鎮静剤の効き目が弱くてもひどく苦しいということはないと思いますよ。

大腸内視鏡検査だと、薬が効かずに悶え苦しんだという話も聞きますが、胃は大腸と違って、短く広い空間ですから内視鏡の操作は楽です。

途中から目が冷めて意識がはっきりしたとしても、検査はすぐに終わります。

歯科治療などで麻酔の効きにくい人は、あらかじめ医師と相談しておけば対処してくれると思います。

まとめ

鎮静剤を使った胃カメラ検査が向いている人は、①検査がはじめてでとにかく楽に終わらせたい人、②以前、検査を受けてトラウマになっている人です。

僕自身は、胃カメラに慣れてしまったので鎮静剤なしで、早く帰れる方法を選びます。

ちなみに、外国では欧米でもアジアでも、鎮静剤を使った検査が一般的のようです。

 

胃カメラの前日に注意する食べ物と飲み物。何時までOK?当日は水もダメ?
はじめての胃カメラの前日、何を食べたらいいか。何時まで食べていいのか。気になりますよね。僕もずいぶんと心配しました。 12時間前以降は水も禁止のところから、水・お茶は当日の朝でも可、のところまで病院によって異なるので、気になって調べる...
胃カメラは鼻から入れたほうが楽なのか、口から入れた方が楽なのか
口から入れる胃カメラより鼻からのほうが楽だと言われますが、ほんとはどっちなのか、鼻から1回、口から3回、胃カメラを経験した僕が比較してみました。 結論を先に言ってしまうと鼻からのほうが楽です。口から入れる利点はたぶん医者の側にあります...

コメント

タイトルとURLをコピーしました