踏み台昇降:スリムルームステッパーの効果は意外なところにあった

スリムルームステッパー 運動と筋トレ

踏み台昇降なんて単調、すぐ飽きるんじゃないの? と思っている人は多いと思います。

僕もそう思ってました。

ただ、外で運動する機会がめっきり減りジムにも行ってないので運動不足を感じることが多くなり、室内で運動するための踏み台昇降台「スリムルームステッパー」を買ってみました。

実際に使って分かったことは、踏み台昇降も高速で行うと意外とキツイということです。さらに、ランニングと違う効果も見つけました。足指や足裏の筋肉に効くんですよ。

スリムルームステッパーを使った踏み台昇降とはどんな感じなのかご紹介します。

そもそも踏み台昇降は役に立つの?

足踏みに近いゆっくりした速度だと負荷を感じません。

ところが、高速で行うといきなり負荷がかかるですよ。ダッシュしたら5分なんてキツくて無理でした。

僕の体感で言うと、キツさは

ランニング > 高速の踏み台昇降 > ウォーキング

です。

意外と運動効果ありそうというのが使い始めた印象です。

メリットは

足踏み昇降も、ウォーキングやランニングと同様に全身運動なんですが、僕が気に入ったのはむしろ、足指、足裏、それに足首への効果です。

 

足指、足裏、足首が鍛えられる

スリムルームステッパーは他の踏み台昇降の台と違ってやわらかいんです。やわらかくて何が良いのかというと

踏み台に上がったときに足の指、足の裏、それぞれ個別の筋肉を使う

ということです(もちろんシューズを履かない場合)。

日常生活でも、運動でも、シューズを履くのが当たり前なので、足指や足裏の筋肉が個別に働くチャンスがあまりありません。とくに足の指がバラバラに動くことは皆無です。

外反母趾や扁平足の治療や予防には、足指じゃんけんとか、足の指でタオルつかみとかが効果的とされるのは個別に筋肉を使うからですが、スリムルームステッパーならそれができます。

 

砂浜を歩く感覚?

砂浜を歩くと足がめり込んで歩きにくいですよね。

砂浜を歩くときバランスをとって身体を支えているのは足首です。あと、足全体のバランス力。

砂浜のやわらかさは足首の強化にちょうどいいんです。足首の強化にも効果がありますよ。

やわらかくて不安定な足元を支えるためには、各筋肉の連携が必要ですしね。

 

スリムルームステッパーの宣伝コピーでは砂浜の感覚と謳っています。でも、僕の印象では「砂浜の感覚」はちょっと違います。

砂浜はサラサラしていますが、スリムルームステッパーの表面はうにゃ~んとした感触。砂浜みたいに足の指1本1本がめり込むわけではありません。

とは言うものの、スリムルームステッパーのやわらかい表面に足を乗っせるのは、硬い台の昇降よりずっとバランスがも取られます。

結果として、足首も鍛えられるしバランス感覚も良くなると思います。

高さと傾斜がある

スリムルームステッパー

 

スリムルームステッパーの高さは約20cm。実際に使ってみると、数字で見るより高さを感じますよ。

踏み台昇降の台って、雑誌を積み重ねると作れますが、20センチを作るのは大変です。

踏み台の高さが高すぎても、負荷がかかりすぎますから、20センチくらいがちょうど良いと思います。

 

表面は、台の前方(つま先側)が高く、手前(かかと側)が低くなっています。さらに足の内側が低くなっています。

僕自身のクセなんですが、ランニングしてて着地が足の外側になりやすいんですよ。だから、かかとの外側が減りやすい。

そのため、膝に負担がかかって膝の内側が痛くなることがあります。以前、何年も悩まされました。

スリムルームステッパーの内側への傾斜は膝に負担がかかりにくい構造だと思います。自分の悪い癖を知っているのか?と思う角度でした。同じような人が多いのかもしれません。

 

前方への傾斜が負荷を高める

ジムにあるトレッドミル(ランニングマシン)には、傾斜をつける機能があるんですが、角度を強くするとキツくなりますよね。

スリムルームステッパーは角度は変えられませんが、足元についた傾斜は平らな台に比べて負荷がかかるので、思った以上に運動効果が高いです。

 

結論:平らな踏み台よりも、足指・足裏・足首が鍛えられ、負荷も高い。

 

デメリットもあるよ

値段が高い

スリムルームステッパーの価格は8,532円。高いですよね。踏み台昇降の台の価格は2,000円台からあるのでぜんぜん安くない。

僕も買うとき躊躇しました。代わりに雑誌を束ねて踏み台を作り使ってましたが、ボロボロになるし、部屋に置きっぱなしも見た目がよくないのでやめました。

かさばる

 

一般的な踏み台と違ってかさばります。重さは2.3kですが、手に取るともっと重いんじゃないかなー(測ってないけど)。

さらに、ぽてっとした形状なので収納には不便です。

僕は収納するのやめて部屋に出したままにしています。見た目はクッションやオットマンみたいなので違和感はありません(頻繁に使えばホコリもつかないし)。

収納してしまうと面倒で使わなくなりますから。部屋に出しておいて、いつでも使えるほうが忘れ去られずに済むと思います。

まとめ

踏み台昇降用スリムルームステッパーを紹介しました。

使い始めて10ヶ月、僕の使い方は最初の予定と違ってランニングやウォーキングの代わりより足指、足裏、足首の強化がメインになってきました。

足指、足裏、足首は大事な機能なのに、ふだん裸足で土や砂を踏みしめる機会がほとんどないですよね。

スリムルームステッパーの表面は裸足で踏みしめる感覚に似ています。踏み台昇降しながら、これらの機能強化に努めてはいかがでしょうか。

 

公式サイト ⇛ 【スリムルームステッパー】

スリムルームステッパー

コメント

タイトルとURLをコピーしました