大腸内視鏡検査の前の食事は何を食べれば良いのか?ダメなのは?

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査の前の数日間は食事が制限されます。僕ははじめて検査を受けたとき、何を食べたらよいのか何を食べたらいけないのか、あまり情報がなくて迷ってしまいました。

これまで10回以上検査を受けたので、良いものダメなものが分かってきました。自分の体験をもとに紹介します。

数日前から食事制限が必要なの?

便秘気味の人は3日前から消化の良い食事を摂るようにします。

排便が毎日ある人は、前日の食事を気をつければ大丈夫だと思います。僕は何度も検査していますが、気をつけるのは前日の3食だけ。

検査の当日、腸の中を空にするのが目的ですから。

当日にはニフレックやモビプレップと呼ばれる下剤の一種を飲みます。薬を飲みながら何度も排便して、腸が空になったのを確認してから検査が始まるんです。

薬の効果が早ければすぐに検査準備が完了するし、効果が悪ければ、予定時間を過ぎても検査に入れません。だから受付の順番が早くても、腸が空にならなければ、いつまでも検査の順番が回ってこないんです。

そのために、数日まえから消化の良いものを食べて、腸の負担を減らして、便秘にならないようにしましょう、というわけです。

 

大腸内視鏡検査

当日、なかなか便がきれいになくならず、何度もトイレに行くのは大腸内視鏡検査よりも疲れます。シャワートイレを使っていても、お尻がヒリヒリしてくるんですよ。僕はこれがいちばんイヤです。

だから、3日前から完全に食事制限をする必要はありませんが、前日は指示通り軽い食事をオススメします。当日の苦労が減りますよ。もちろん大腸の状態によって個人差があるとは思いますが。

<ポイント>

排便が毎日ある人は前日だけ食事内容に気をつける

・便秘がちの人は3日前から控える程度でOK

何を食べたらいけないの?食べて良い食事は?

では、どんな食事を取ればいいのか。具体的に紹介しましょう。

大腸内視鏡検査

腸を通過しやすい食べ物があります

腸の通過が早くて腸に刺激を与えない食材、それは胃腸で消化されたあとに残りカスが少なく、脂肪分の少ない食材です。腸の中で溶けて通過も速い食べ物です。

逆に、繊維質やキノコは大腸の中でも消化されないし、脂質が多いと通過に時間がかかってしまいます

迷ったら、

  • 食物繊維の多い食品と
  • 動物脂質の多い食品を避ける

と考えましょう。

避ける食べ物

玄米、雑穀米
小松菜などの菜っ葉、ごぼう、山菜(繊維が多い)
しいたけ、えのき、しめじなど(キノコ全般)
とうもろこし、大豆、ゴマなど(豆)
わかめ、ひじきなど(海藻)
エビ、イカ、タコ(甲殻類)
スイカ、イチゴ、キウイなどの果物とジャム(繊維、タネ)
こんにゃく、寒天、切り干し大根(繊維)

めん類は、噛まずに飲み込んでしまうので、消化が悪くなることがあります。

食べて良い物

ごはん、うどん、お粥、食パン
やまいも、じゃがいも(皮を除く)
白身魚
赤みの肉、鶏むね肉、ささみ
うらごしされたポタージュ
豆腐
バナナ、りんご、プリン

うどんは噛まずに飲み込むと消化が悪くなります。

2〜3日前のメニュー

3日前の食事は、便秘がちの人だけ気を配ればいいです。

2日前も、便秘でなければ気にする必要はありませんが、食事を選ぶときに少し意識しておくといいと思います。

シチュー(じゃがいも、タマネギ、ニンジン、鶏むね肉)
オムレツ
焼き魚(サケ、タラ、スズキ)
キャベツのお浸し
茹でたブロッコリー
豆腐、白菜、ニンジンの煮物
缶詰フルーツ(みかん、もも、洋ナシ)缶詰の寒天

前日のメニュー

前日は軽くしたほうが検査当日が楽になります。

朝食
トースト(イチゴジャムは不可、りんごジャムは可)
コーヒー、紅茶(砂糖、ミルクも可)
昼食
たまごサンド
りんご(皮なし)
プリン
コーヒー、紅茶(砂糖、ミルクも可)
※野菜ジュースは不可
夕食(量は少なめ)
ごはん、または、卵とじうどん
焼き魚(白身魚)
豆腐
バナナ

夕食に、バター、マヨネーズは脂質なので避けたほうがいいですね。ケチャップは脂質ゼロなので食べても構いません。

夕食は午後7時くらいまでに済ませましょう。

飲み物

夕食が済んだら、水、お茶、スポーツドリンクなど透明な飲料だけにします.

アルコールは、血管を拡張させるので、当日の検査で組織採取やポリープ削除などのときに危険です。前日でも飲むのは不可です。

間違えて食べてしまったら

僕は、ついつい忘れて、前日の夕食も普通に食べて検査に臨んだことがあります。それでも無事検査を受けることができました。

だから、不可の食品を間違って食べてしまってもそんなに心配はいらないでしょう。ほとんど大丈夫だと思います。

ただし、検査当日の下剤(ニフレックやモビプレップ)の効き目は悪くなるかもしれません。そうなると、周りの人が検査し始めているのに、自分だけいつまでもトイレに行き続けるなんてことになるので、ちょっとうんざりしてしまいますが。中には、下剤を追加してもなかなか腸が空にならず、夕方になって検査という例もあるそうです。

大腸内視鏡検査は、前日の夕食に食事を終えて、当日、検査が終わって1時間くらいまでは何も食べられないので、本当に疲れます。必要以上に疲れないようにするには、早く準備が整うようにすること。そのためには、前日の食事は軽くとることをオススメします。

***

はじめて大腸内視鏡検査を受けるときは、戸惑うことが多いですよね。

今日、ご紹介した食材を選んでいれば検査に支障はないと思いますが、それでも心配なら市販の検査食があるので、利用するのもいいですよ。

例えば、こういう検査食です。

キューピーのクリアスルー3食セット

  • 合計カロリー:730kcal
  • 脂質:34.0g
  • 食物繊維:3.1g
  • 塩分:5.7g
  • カリウム:0.556g

検査の前日3食分が用意されているので、すごく便利。僕も何度か利用してみましたが、食事どうしよう、あれはダメかも、これもやめた方がいいかも、と考えなくていいのは、本当に楽でした。

どんな味かはこの記事を参考にしてください。

大腸内視鏡用検査の前日に何度も利用しているジャネフクリアスルー
大腸内視鏡検査を少しでも楽にするには前日までの食事をコントロールするのが大切です。でも、自分で食材を選ぶのは大変です。キューピーのクリアスルーは専用に作られた検査食です。クリアスルーの味や分量について紹介します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました