大腸切除のあとは繊維の多い食べ物に注意しよう

食事

大腸切除後、腸に負担をかける繊維質の強い食べ物を控えていたのですが、3ヶ月後、一気に食べて腹を痛めてしまいました。

医師に言わせると、僕みたいな人は多いようです。

煮豆を食べすぎて腸閉塞になった、キノコを食べすぎて憩室炎が再発した、どちらも知人に起きた症状です。僕は、空芯菜を食べすぎてお腹が痛くなりました。情けない。

大腸の切除は、胃の切除ほど食べ物の注意を受けませんが、繊維質が強い野菜などは注意しましょうという話をします。

食物繊維は消化されずに大腸に送られる

 

食物繊維は体内で消化されません。口から入った食物繊維は、胃でドロドロに溶かされますが、吸収されず小腸の末端まで送られます。

小腸の末端や大腸には腸内細菌がいて、食物繊維をエサにします。具体的には、ビフィズス菌などの腸内細菌によって分解されます。

とは言え、分解されるのは一部で、残りは便となって直腸に送られ大便として排出されます。

直腸にたまった便が排出されるには、あるていどの量が必要です。

便の量も少なく、排出までに時間がかかるとどうなるか。

大腸は便の水分を吸収し続けるので、便が固くなり、排出しにくくなってしまうわけです。それが便秘です。

そこで、食物繊維でカサを増して、さっさと排出するのが良いわけですね。

食物繊維が良いとされる理由です。

ただし、消化されずに胃から小腸まで進むので、たくさん食べればそれだけ通過する量も多いわけです。

他の食べ物は、途中で消化吸収され分量が減るのですが、食物繊維は減らず腸への負担が大きいんです。

健康ならば適度な負担になるのが、腸が不安定な状態だと、負担が強くなりすぎるのが問題になります。

運動と同じですね。健康なら適度な運動は身体に良くても、病気のときは控えたほうがいい。

運動と同じように、食物繊維の摂取も、腸が不安定なときは負担が大きくなってしまいます。

食物繊維の安全な食べ方

 

食物繊維(というか、繊維質の強い食べ物)は、一気にまとめて食べるのはやめましょう。

(僕みたいに)ほとんどカットしてない空芯菜を食べ過ぎるのは、胃腸の負担になります。

とくに手術直後は、食物繊維を控えめにしたほうが、腸にやさしい食事になります。

食物繊維は、長いまま食べず、細かくして腸への負担を下げましょう。

食物繊維でも、キャベツ、ダイコン、ニンジン、ブロッコリーなど軟らかめの野菜を多めにとるのがいいと思います。

さらに、腸に負担をかけないためには、小さめのものをよく噛んで食べるようにしましょう。

良く噛むことで、口の中で消化酵素を混ぜ合わせて消化しやすくなります。

食物繊維は消化されませんが、他のものが早く消化されば、腸の負担が減りますね。

長い繊維質は、気をつけないと腸閉塞になる場合もあります。

開腹手術していると、癒着から腸閉塞のリスクが高まります。狭窄がある人も同じですね。

 

関連記事>>>腸閉塞になった後の食事。食べて良いもの。避けたほうが良い食べ物を調べてみた

下痢や便秘に注意

 

大腸を切除したあとは、便秘になったり、下痢になったり、不安定な状態が続くことがあります。

僕の場合、退院直後は軟便が続きましたが、たまに便秘な日が混ざるような状態です。

3週間くらいで、次第に落ち着いてきましたが。

もとの体質、切除後の腸内細菌の変化、など、個人個人によって違うのだと思います。僕は、小腸末端も切除しているので、その影響があるかもしれません。

食物繊維を控えると、便秘が心配な人も多いと思います。

便秘になりがちの人は、便秘薬を飲む前に、オリゴ糖を試してみてください。

オリゴ糖は腸内細菌であるビフィズス菌のエサになって分解されます。

分解されたあとには乳酸などの酸性の物質が発生します。腸内細菌の悪玉菌はアルカリ性を好むので、腸内が酸性度が高くなることで、悪玉菌の発生を抑えることができるんですね。

大腸菌やウェルシュ菌などは、アルカリ性の環境を好みます(食中毒を引き起こすウェルシュ菌は食べ物が引き起こしますが、もともと大腸にも存在します)。

便秘気味になる人はオリゴ糖を利用していみるのもいいと思いますよ。

僕は、下痢気味でしたが、やはりオリゴ糖を取っていました。

どのみち善玉菌が増えるので、腸内は良いほうに傾くわけです。

食物繊維も、体調に合わせて、控えたり、摂取するようにしましょう。

 

関連記事>>>大腸切除後の軟便・下痢にオリゴ糖は効くのか? カイテキオリゴで試してみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました