睡眠導入剤:マイスリー、アモバンの危険な飲み方、安全な飲み方

不眠と睡眠

睡眠導入剤、処方された分量だと効かないんだけど、2錠飲んでもいいんだろうか?

病院に行くと、わりと簡単に睡眠導入剤が処方されますよね。人によっては翌日まで残ってしまうこともあるし、ひどいときはクマがでくることもあります。

どうすれば、安全に副作用なく飲めるのか、効き目のある飲み方を体験をもとにご紹介します。

僕が飲んだことがある、超短時間型と呼ばれるマイスリーやアモバンの話が中心です。

睡眠導入剤の種類

睡眠導入剤は、効き目が現れる時間・効果の長さによって、4種類に区別できます。

 

超短時間型(1時間未満)効果は2〜4時間

ハルシオン、マイスリー、アモバン、ルネスタ

短時間型(1〜3時間)効果は6〜10時間
レンドルミン、ロラメット、エバミール、リスミー

中時間型(1〜3時間)効果は24時間
サイレース、ロヒプノール、ベンザリン、ユーロジン

長時間型(3〜5時間)効果は24時間
ドラール、ベノジール、ダルメート、ソメリン

僕が飲んだことがあるのは超短時間型のハルシオン、マイスリー、アモバンです。

マイスリーとアモバンは数年間。

ハルシオン、5週間入院していたときに処方されていました。

 

ちなみに、3種類の効き目はあまり違いませんが、強いて言うなら

アモバン > マイスリー、ハルシオン

くらいかなと思います。

代表的な副作用と、特殊な副作用

四つん這い

睡眠導入剤の副作用の代表は、翌日のだるさ、ふらつきです。

超短時間型なら、翌朝に残らないように思えますが、残ることもありますよ。

個人差だけじゃなく、飲み方によっても残ります。1錠じゃ眠れなくて、あとから追加して飲んだ場合、朝になっても薬の効き目が残っていることが多いです。

睡眠導入剤の副作用
効果が翌日まで残る(だるさ、倦怠感、ふらつき)
夜中に起きたとき、足元がふらつくく(高齢者は危険)
飲んだ後の行動を覚えていない
寝ているときに口が渇く

飲んだあとの行動を覚えていないのは前方健忘と呼ばれます。わりと一般的な副作用です。

前方健忘
薬の前の記憶はあるが、
薬を飲んだあとの寝る前の記憶、途中で起きたときの記憶がない

ひどい場合は、薬を飲んだあとで食べたものとか、途中で起きて水を飲んだりした記憶が全然ないということもあります。

 

一般的な副作用のほかに、妻に起こった副作用を紹介します。

 

目の下にクマができて、顔が黄色くなった

妻がマイスリーを飲み始めたら起こった症状です。

  • 目の下にクマができてきた
  • 顔色が黄色くなってきた

毎日、少しずつ症状が強くなっていったので、おかしいな〜と思いながらもそのまま服用していました(2か月くらい。)。家族は毎日見ているので気づきにくいんですね。

その後、友人に指摘され、やっぱりおかしいということで、思いあたるマイスリーを止めてみました。

マイスリーを止めるとまもなく、目の下のクマも、顔が黄色いのも治ったんです。

それ以後、妻は睡眠導入剤を飲まなくなりました。
目の下のクマも顔が黄色くなる症状も、現れていません。

僕は、数年間飲んでも何も現れないので、個人差なんだと思います。

身体の中で薬が分解される(代謝される)のが遅い人は、翌日まで残りやすいと思います。

妻は、アルコールを飲むと翌日に残る体質です。飲んでいるときは顔にも出ないし、お酒は弱くないんですが。この体質と関係があるのではないでしょうか。

危険な飲み方

あとから追加しない

睡眠導入剤は医師の処方薬なので、自分で勝手に分量を決めるべきではないのですが、自分で増やしたり減らしたりする人もいるのではないでしょうか。

医師によっては、そのときの状態で分量を加減してね、という人もいます。

半分でもいいよと言われたこともあります。

マイスリーは、「軽い」ので自分で調節できると思います。

しかし、自分で加減していいと言っていた「ゆるい」医師に注意されたことがあります。

それは、寝ている途中で薬を追加してはダメということです。

1錠で眠れないなら、次は、はじめから2錠のんだほうがいいそうです。医師に相談して増やしてもらうのがいいと思いますよ。

 

僕自身の経験でも、眠れないからと、後で追加すると翌朝まで効き目が残ってしまうことがあります。

 

以前、深夜の飛行機で、マイスリーを追加して記憶が飛んだことがあります。

機内で寝ようと思いマイスリーを1錠飲んだのですが効きませんでした。エコノミークラスの狭い座席だから当然なんですが、あとからもう1錠追加。

すると、薬が効きすぎたのか、成田についたときあとの記憶が残っていないんです。

 

妻によると、成田に着陸した直後くらいからハイテンションで隣の席の外国人に話しかけてたらしい。

自分ではほとんど覚えていないんですよ。

ターンテーブルのあとの税関の検査なんかも、覚えていませんでした。

深夜の飛行機や、長距離バスなどで、睡眠導入剤を利用するときは十分気をつけてください。一人の旅行だと、セキュリティ的にも問題ありますよね。

効果的な飲み方

寝る直前に飲む

薬を飲んだ後の記憶がなくなる前方健忘を防ぐには、

飲んだらすぐ寝ること(寝る直前に飲む)

必要があります。

 

薬を飲んだのに、起きて活動を始めると前方健忘になる危険がありますよ。

寝る前にリラックスする

頭も身体も、興奮していると睡眠導入剤が効きません。

自分の経験では、

寝る前にリラックスしている状態と頭がフル回転して考え事している状態では効き目が違います。

食品を冷凍するときに、熱いうちに冷凍庫にいれてもダメ
粗熱をとってから冷凍するのと同じ原理です。

 

不眠症がひどい人は、何種類も薬を飲んでいることも多いですね。

落ち着くための薬を飲んで、効果が現れてから

寝るための薬を飲む、というように。

不眠症でマイスリーやアモバンだけを処方されている人は、落ち着いてから薬を飲むようにするのが効果的です。

できるだけリラックスしてから、飲むようにしましょう。

で、飲んだら活動しない。すぐに布団に入るのが、安全で効果的ですよ。

睡眠導入剤を飲む前にリラックスするために
ストレッチ
考え事をしない
ブルーライトに気をつける

さらに、薬を飲んで布団に入ってからは考え事をしない。

この方法で、いつも1錠飲んでいた僕は、半分でも効果を感じるようになりました。

まとめ

マイスリーやアモバンは、ほんとに安易に処方される薬なのですが、正しく効果的な飲み方で、安全で快適な睡眠をしましょう。

睡眠導入剤は、長く飲むと効果がなくなる人もいるようですが、できるだけリラックスして飲めば、効果を感じるかもしれません。

量を増やさないように注意して利用していきましょう。

関連記事>>>睡眠導入剤、抗ヒスタミン剤、睡眠サプリを飲み比べてみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました