歯の詰め物の寿命はどのくらい?

虫歯 虫歯・歯周病

虫歯の治療で、詰め物をしたり、かぶせたら、できるだけ長持ちしてほしいですよね。

僕は歯が悪く、これまでレジン、金属、セラミックスなど、いろいろな材料を経験してきました。20年以上もっている材料もあれば、自費なのに1年でダメになったクラウンもあります。

自分の体験をもとに、詰め物やクラウンなど、どれくらい寿命があるのか調べてみました。

種類ごとの耐久時間

インレー(詰め物)
アンレー
クラウン

 

詰め物(インレー):小さな虫歯

レジン(5年くらい)、セラミックス(10年くらい)

僕の場合:レジン(20年以上)、金属(20年以上):どちらも保険の材質

 

インレーは小さい虫歯を治療して詰めるときに使われます。ごく小さな虫歯なら、1回で終わることも多いですよね。

詰め物に使う材料は、保険診療の場合、前歯の虫歯ならレジン(プラスチックの一種)が多いです。

自費診療なら、レジンでも、もっと目立たない材質を使えます。

 

保険のレジンの欠点は、古くなると変色すること。

僕は、20年以上前に、前歯のむし歯をレジンで直しました。今では変色しているし、境目がくっきり分かるようになってしまいました。舌でさわると段差が分かります。

むし歯にはなっていなので、歯医者にはこのままで問題ないと言われていますが、審美的には交換したほうが良さそうです。

レジンのインレーは、材質の寿命よりも、見た目の劣化のほうが早くきます。

アンレー(やや大きな詰め物):やや大きな詰め物

レジン(5年くらい)、セラミックス(10年くらい)

僕の場合:保険の金属(10年で交換)現在は自費の金属

奥歯は中心がへこんで、外側がややとがっていますね。奥歯の周辺のとがっている部分まで覆うのがアンレーです。凹んだところだけ埋めるのはインレー。

僕は1か所、アンレーを入れています。

保険の金属を入れて10年で、交換になりました。

理由は、アンレーの内側がむし歯になってしまったことです。

デンタルフロスがひっかかるようになり、ある日、フロスをひっかけてアンレーが外れてしまいました。取れたのは2回。

2回目には、別な歯医者に行き、確認してもらうと、アンレーの内側がむし歯になっているので、新しく作り直さないと、また取れるとのこと。

アンレーが何回か取れたら、作り直しのサインだと思います。

奥歯なので、セラミックスは割れる可能性があるということで自費の金属にしています。
金50%、その他の金属が約50%。セミプレシャスと言われるもので、見た目は保険の銀歯と同じです(プロが見たら違うのかもしれませんが)。

ちなみに、詰め物が取れたときは、捨てずに歯医者に持っていきましょう。再利用できる可能性が高いですよ。

クラウン(被せ物):大きな虫歯、神経を抜いた虫歯

保険の金属(10年)、自費のハイブリッド(10年)、自費のセラミックス(10年以上)

僕の場合:保険の金属(20年以上継続中)、自費のハイブリッド(5年で割れた)

 

クラウンが必要なのは、むし歯が大きい場合です。外に出ている部分を削って、歯全体をかぶせるのがクラウンです。

むし歯がひどくて神経を抜く治療をしているのが大半だと思います。

神経をとった歯のクラウンが長持ちするかどうかは、

歯の根の部分の状態
クラウンの状態

の2つが影響を与えます。

クラウンの寿命より、根の治療(根管治療)がしっかりできたか のほうが寿命を左右します。材質より歯医者の腕ですね。

神経を取った根をきちんとふさいでいるか。
取り残しの神経がないかどうか。

 

奥歯の根は複雑で、肉眼では見えないことも多いので、マイクロスコープを使う歯科医で治療を受けるのが安心です。

 

僕は何本も根の治療(根管治療)をしていますが、寿命は歯医者によって違いました。

20年以上前に直した歯医者は、神経を取った部分に何も入れない医者だったので、5年で痛みを感じ、別の歯科医院で根管治療のやり直し。

保険ですが、その後15年は持っています。

今どき、そんなひどい歯医者はいないと思いますが、正しく治療されているかどうかレントゲンをとれば確認できますよ。根の先まで白く写っていれば塞がってる証拠です。

根管治療は再治療はむずかしいので、自費診療だと高くなる場合があります。10万以上20万円くらい。

 

クラウンの寿命は、材質によって異なります

金属のクラウン
保険でも自費でも、材質自体の耐久性はあります。

ハイブリッド
レジンにセラミックスを混ぜたものです。セラミックスよりレジンよりの性質なので、耐久性は劣ります。変色もするし。

僕は、奥歯にハイブリッドを入れたら、5年くらいで割れました。食事中に野菜炒めを食べていていきなり割れてしまいました。

セラミックスより価格が安かったので選んだんのですが失敗でした。

奥歯のクラウンを選ぶときは、耐久性は大事ですよ。

 

ただし、クラウンが壊れるのは、それだけ噛む力が大きいということなので、丈夫過ぎるクラウンは他の歯に負担をかけているかもしれません。

もしかしたら、割れることで他の歯やアゴへのダメージを救ってくれたのかもしれない、と歯医者に言われました。丈夫過ぎるクラウンも歯の負担になるそうです。

クラウンの寿命は、根管治療とクラウンの耐久性で決まりますよ。

 

関連記事>>>根管治療するならマイクロスコープがある歯科医院を選ぼう

まとめ

むし歯の詰め物の寿命は、インレーなら材質を気にする必要はないかもしれません。

見た目が良いほうを選んだほうがいいと思います。

 

奥歯の寿命は、金属なら数十年、セラミックスも10年以上は持つと思います。

奥歯は、材質よりも、歯周病や新しいむし歯に気をつけたほうが寿命が伸びますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました