女性用の着圧ソックスを男が履くことができる?

着圧ソックス

着圧ソックスは、男性用より女性用のほうが圧倒的に種類が多いです。

ニーズが多く種類が多ければ質も良いはず。

僕は、着圧ソックスを愛用しだして1年半ですが、男性用を使っていたのは半年だけで、最近の1年は女性用を愛用しています。

この記事では、僕が女性用着圧ソックスを愛用している理由と使用感をご報告します。

女性用の着圧ソックスを選ぶ理由

種類が多い

ドラッグストアで見れば一目瞭然ですよね。多くのドラッグストアでは女性用しか売ってません。男性用はあっても1種類。サポーターのコーナーに置いてあったります。

通販で調べても、たくさん表示される割に、よく見ると製品の数は数種類です。

需要が多く、競争が激しいいところには良い製品が生まれると思うんです。

多くの女性用製品には、お尻まであるパンスト型など、男性には使えなさそうな製品も多いのですが、太ももまでの製品なら十分使えます。

質感も異なる種類が多いので、自分にあった感触の製品も選びやすいです。

男性が履いてもきつくない

「女性用だと小さいのではないか?」という心配ありますよね。僕も最初に買うときは心配しました。自分の身長が175cmで足はかなり太いです。

でも実際に履いて見ると、Lサイズでも、場合によってはMサイズでも履けることがわかりました。

たとえば、メディキュットは伸縮性が高いのでMでも余裕で履けます。

むしろ圧力が強い目で気持ちが良いくらいです。

ただし「つま先があるタイプ」は足の指が当たって履けません。

わたしの靴のサイズは27.5cm。女性用は24cmくらいが多いので、靴下が履けないのと同じ理由で履けません。

着圧ソックスは太さは伸びても縦には伸びないようです。

だから、女性用を選ぶときは、足の先がないタイプを選びましょう。

黒色ならば違いを感じない

着圧ソックスは女性用でも男性用でも形には違いがありません。

女性用の製品は薄い紫や薄いピンクの商品が目立ちますが、ほとんどの場合「黒」の製品も発売されています。

メディキュットスリムウォークスラリスリムなど有名製品はどれも黒があります。

出張先で足がだるくて近くのドラッグストアで購入したことがあるのですが、薄い紫のメディキュットしかありませんでした。

誰にも見られなとは言え、薄紫は自分で見ても似合わないと思いました。もちろん使い勝手は良かったですよ。へたるまで使い切りました。

女性着圧ソックスと男性用着圧ソックスの違いは?

女性用を利用しようと思ったときに、まず最初に疑問に思ったことを紹介します。

女性用はヤワじゃない?

バッグや靴は男性用のほうがずっと丈夫ですよね。

でも、僕が試したメディキュット、スリムウォーク、スラリスリムでは、着圧ソックスは女性用も男性用も強さは同じだと思います。違いを感じませんでした。

代表的なブランドを選んでおけば、耐久性も伸縮性も、問題ないですよ。

圧力は弱くない?

女性用は種類が多いので、圧力が軽いものから強いものまで選択肢が多いです。

たとえば、「Qsoku キューソク 極着圧ソックス ニーハイオープントゥ 」は足首の圧力が34hPaとかなり強力です。

L-LLサイズなら身長175cmまで利用できるので男性でも使えますね。

履いてて女子の感じする?

薄い紫を履いたときは自分でもキモかったです。

黒は問題ありません。

女性用はベージュもありますが自分では履きません。

まとめ

女性用の着圧ソックスを男性が履いても「色」を黒を選んでおけば、違和感なく履くことができます。

つま先まであるタイプは窮屈でかかとが合わなくなるので、足のサイズを確かめて、自分の足が大きい場合はやめましょう。

つま先がないタイプなら、Mでも履けることが多いです。

男性用でしっくり来る製品が見つからないなら、女性用から探してみるのもいいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました