花粉症の薬を飲むタイミング、点鼻薬を使うタイミングが最適なのは?

鼻と耳の症状

毎年、花粉症の時期の前になると、薬を飲むタイミングが気になりますよね。

 

処方する医師は、みんな、症状が現われるまえに飲み始めるように言いいますが、効き目があるのか、ないのか、花粉症のピークになると効果がわかりにくくなります。

 

ここ数年、医師のアドバイスにしたがって、早目に飲み始めるようにしたら比較的症状が軽くなりました。以前は、鼻にティッシュを突っ込んでいたくらいなんですけど。

 

飲み薬は2週間くらい前から、点鼻薬は鼻がムズムズしはじめたらすぐ、利用するのが良いタイミングだと思います。

その理由を説明します。

花粉症になる理由

 

花粉症はアレルギーの一種なので、発症のしくみは他のアレルギーと同じです。

 

1.アレルギーのない状態で花粉症を浴びる(口や鼻など体内に入る)

2.身体は、次に花粉が来たらどうするか(排除するかどうか)決める。

3.排除すると決めたら、次に備えて身体の中に抗体を作る。

(作られる抗体はIgE抗体と呼ばれます)

4.花粉が侵入してきたら、IgE抗体がキャッチする。

5.身体は、鼻水やくしゃみを使って花粉を体外に出そうとする。

 

くしゃみや鼻水を出すために、身体はヒスタミンを分泌します。

 

ヒスタミンは、血管拡張作用があるので鼻水が出たり、くしゃみの刺激になるわけです。

花粉症にならない人も、軽い人もいるのは、

抗体ができやすい、できにくいは個人差があるからです。

 

抗ヒスタミン剤が花粉症に使われるのは、身体が分泌するヒスタミンを抑えて、鼻水やくしゃみなどの症状を和らげるためです。

眠気の少ない薬

花粉症の薬には、抗ヒスタミン剤と抗アレルギー剤があります。

厳密にはヒスタミンの分泌を抑えるタイミングが違うようですが、製薬会社のWebサイトを見てもハッキリ違いが分からないことが多いんですよ。

 

抗ヒスタミン剤によって

抗アレルギー効果が期待できます。

You don't know? 鈍脳|エスエス製薬
くしゃみや鼻水などの症状に悩まされる花粉症、その悩みに対して用いられる薬のなかには眠気や集中力の低下を伴うものがあります。

とか曖昧な表現が多いです。

だから、使用者としては気にする必要はないのかもしれません。

 

注意するのは、抗ヒスタミン剤の「世代」です。

古くからある抗ヒスタミン剤は「第1世代」と言って、飲むと眠くなります。

花粉症を引き起こすヒスタミンは、脳の中で覚醒を担うのですが、抗ヒスタミン剤によってヒスタミンが抑えられてしまうと、脳のヒスタミンも減って、眠くなってしまうんです。

これが抗ヒスタミン剤の副作用です。

第2世代の抗ヒスタミン剤は、薬の効果が脳に到達しないように改良したものです。
正確には、血液中の抗ヒスタミン剤が、脳関門を通過しにくいように改良されたもんです。脳に達する薬はゼロではないので、人によっては眠くなることがあります。

第2世代の抗ヒスタミン剤でも、薬によって眠くなりやすい薬、なりにくい薬があります。

眠くなりにくい薬

処方薬:デザレックス錠 、ビラノア錠 

市販薬:クラリチン、アレグラ

 

 

症状が現れる2週間まえから飲み始める

医師から、薬の効果が現れるまで2週間くらいかかるとアドバイスされたことがあります。

人によって、花粉の多さによっても違いますが、

抗アレルギー剤は効果が現れるまでに、数週間かかる

 

週刊日本医事新報 4877号

抗ヒスタミン薬と抗アレルギー薬の違いは?【抗ヒスタミン薬のほうが即効性があり,効果を実感する度合いが高い】 |Web医事新報|日本医事新報社
抗ヒスタミン薬と抗アレルギー薬の違いは?【抗ヒスタミン薬のほうが即効性があり,効果を実感する度合いが高い】

ということです。

 

花粉は、いきなり放出されるのではなく、シーズンになるとジワジワと放出が増え始め、ある日一気に増加します。

花粉が少ないうちから抑えておけば、ある日、急に花粉が増えても症状を軽く抑えられる、という理由もあります。

 

早目に薬を飲んで症状を抑えることを初期療法と言います。

 

早目に飲んでおけば、初期の発症を遅らせることができ、花粉のピークでも症状をやわらげることができるという考え方です。

 

シオノギ製薬のサイトから引用:http://www.shionogi.co.jp/wellness/diseases/hayfever.html

 

点鼻薬のタイミングは?

飲み薬と違って鼻の噴霧は、症状が強くなってから利用します。

ただし、鼻水が出ているときは、薬を噴霧しても効きません。

 

効果的に使うコツは、鼻の通りがいいときにサット使うことです。

 

鼻がどんなに詰まっていても、一日中詰まっていることはないと思います。

たいてい鼻の通りが良いタイミングがあります。今は右が通るけど、左は詰まっているとか。

このタイミングで噴霧するのが効果的です。

 

アレルギーで敏感になっているときは、すぐに鼻水が出てしまうので、すぐに鼻をかまないで、やや上を向いて我慢するのがいいそうですよ。

そうは言っても、鼻水がたれてくるので、かんでしまいますけどね。

鼻の噴霧は、ひどくなるより少し前から使うのがいいと思います。

 

ピーク少し前から使って抑えておくのがいいと思いますよ。ただし使いすぎると鼻の粘膜を痛めて、かえって鼻の粘膜が腫れるので、ほどほどにしましょう。

まとめ

今のところ、花粉症の薬の決定打はないので、自分の症状に合わせて早目に薬を利用しましょう。

風邪のときに使う鼻うがいは、花粉症がひどいときは、鼻の粘膜が腫れて通りが悪くなっているので、気をつけて使ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました