花粉症で顔がガサガサになる男向けの対策

頭皮と皮膚

花粉症の季節になると顔がガサガサしませんか?

花粉が一気に増える時期になると、顔に花粉の膜ができたように感じます。顔中ゴワっとしてる感じ。

皮膚が敏感になり、顔を触ると痛いし、落ち着かないし、集中力がなくなりますよね。顔も赤くなるし。

うっとうしい季節の前に、ここ数年、僕が対策して何とか効果を感じている方法をご紹介します。

花粉症皮膚炎

 

僕がガサガサになるのはスギ花粉症のシーズンです。

2月ははそれほど感じないのですが、いよいよ本格的なシーズンという状態が始まるころ、顔中が膜をはったような感じになります。

気温が上がり出し、日差しも強くなり始めたころ一気に現れるんですよ。

花粉で顔がゴワゴワするのは、肌の花粉症とか、花粉症皮膚炎と呼ばれる症状です。

 

症状が現れるのは、まぶた、ほほ、あご、首、などとされていますが、僕はほぼ顔中に症状が出ます。

顔の表面がアレルギーになったような感じ。

ヒリヒリする
うすい膜を張ったような感じ
おでこや頬が赤くなる

 

この症状が出ると顔を洗ってもなくなりません。

ひどいときは、頭痛にもなります。

肌の抵抗力が落ちるのか、おできができやすくなるのも困ったところです。

症状を抑える薬

飲み薬

抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤は、顔のガサガサよりずっと前、花粉症が始まる前から飲むのが効果的です。

関連記事>>>花粉症の薬を飲むタイミング、点鼻薬を使うタイミングが最適なのは?

もし、顔がガサガサになったときに飲んでいなかったら、すぐに飲みましょう。

 

処方せん薬の強さは、僕の印象ですが、

クラリチン < アレジオン < サイザル、ジルテック

です。眠気の強さも同じ順番だと思います。

 

花粉症ではじめて医者に行くと、無難なクラリチンを処方されることが多いと思います。

以前にも服用して効き目がわかっているなら、長期間まとめて処方してもらえば、市販薬を買うより割安になると思いますよ。

 

市販薬なら、効き目と眠気は、

クラリチンEX、アレグラFX < アレジオン20 < コンタック鼻炎Z、ストナリニZ

クラリチンは、処方せん薬のクラリチン。
コンタック鼻炎Z、ストナリニZは、処方せん薬のジルテックです。

 

アマゾンで見る>>>Amazon

 

眠くなってもいいときは、市販薬のレスタミンコーワを使っています。第一世代の抗ヒスタミン剤です。

 

アマゾンで見る>>>Amazon

 

これまでに紹介した花粉症の薬も、レスタミンコーワも抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤に分類されますが、レスタミンコーワだけは、古い第1世代の抗ヒスタミン剤です。

違いは、第1世代の抗ヒスタミン剤は眠気が強いことです。

 

レスタミンコーワの成分は、市販のドリエルなどの睡眠改善薬にも使われている成分と同じなんですよ。

顔のガサガサがひどい、花粉症がひどくて身体が疲れているなら、レスタミンコーワを飲んで寝るのもいいですよ。

ただし、人によっては効きすぎて翌日も眠気が残ることがあるので注意してください。

塗り薬

あまりに顔が痛かったら、皮膚科に行きましょう。

ふつうは、ステロイド剤のクリームを処方されると思います。

ステロイド外用薬には、強さの段階がありますが、花粉症皮膚炎の場合は弱めの薬を処方されることが多いです。

 

症状が軽いときは、市販薬のレスタミンコーワ軟膏を使っています。飲み薬のレスタミンコーワと同じですが、さすがに軟膏で眠くなることはありません。

ステロイドではないので、ステロイド剤はちょっと、という人も使えますよ。

 

アマゾンで見る>>>Amaozn

花粉防止スプレー

花粉が顔に吸着するのを防ぐ防止スプレーです。

使った感想は、正直なところ、効くかどうか分からないんです。今日は花粉が多いかなという朝には、外出前に使っています。おまじない程度かな。

ただし、顔に花粉が付着したあとは使わないほうがいいですよ。

 

資生堂薬品 イハダアレルスクリーン イオンの透明マスク

アマゾンで見る>>>Amazon

 

肌の水分を保つ

スギ花粉症の季節は、空気が乾燥していることが多いし、鼻水も、涙も出るので、身体の水分が不足しがちです。鼻が詰まって、喉がカラカラになることありますね。

 

花粉のダメージを予防・回復させるには、肌の水分が必要です。日焼けした肌の回復とほとんと同じ。

保湿と水分補給です。

保湿剤

敏感肌用の保湿剤なら、なんでもいいと思います。

皮膚のバリア機能が下がっている状態なので、敏感肌でも使える保湿剤を使いましょう

 

男性は、何も使わない人も多いと思いますが、この時期だけでも使ったほうがいいですよ。

僕は、冬の乾燥時期、春の花粉症の時期、夏の日焼けの時期になると、思い出したようにスキンケアを始めます。

化粧水、乳液などを使い分けるのは面倒なので、男性用オールインワンを使ってます。

 

公式サイトを見る>>>zigen

 

特徴は、肌の乾燥、テカリ、ベタつき、ひげ剃り、紫外線、簡単。まぁ、面倒くさがりの男むけの商品ですね。

風呂のあとにサラっと使うのにちょうどいいです。

水分補給

鼻水もひどいし、口がカラカラになりませんか? 口を開けていると普段より水分が蒸発してしまいます。

水分は身体のバランスを取るには不可欠、撮りすぎて困ることはないので、積極的にとりましょう。

抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤は、口が渇く副作用(口渇)もあるんですよ。口が乾くと口臭にもなりやすいし、良いことはないです。

鼻炎に良いとされるお茶と、カフェイン抜きでいくらでも飲めるお茶を紹介します。

白井田七。茶

緑茶と田七人参という漢方薬の一種を加えた粉末状のお茶です。スティック状。

 

田七は雲南省や広西省の限られた地域に生育し、苗(ミャオ)族などの民族薬として古くから用いられてきました。
http://www.lion-denshichi.com/

主な成分は、カテキン、サポニンです。

カテキンはお茶に入っている成分。

サポニンは、高麗人参に含まれる成分で、代謝を促す作用があります。

ホルモン分泌を整えることで、免役機能を整える作用があるため、花粉症のアレルギー症状に効くと言われています。

 

粉末を水やお湯で溶かして飲むので、お茶のカスが出ません。

 

味は、苦味が強い「濃いお茶」という感じ。漢方薬の臭いは感じないですよ。

1スティックだと濃すぎるなら、2回に分けて飲むこともできます。

アイスティーでもいけますが、僕は、基本暖かいのを飲んでます。

アマゾンで見る>>>Amazon

 

ルイボスティー

南アフリカ産のお茶です。

抗酸化作用があると言われていますが、僕が強調したいのはカフェインなしというところ。

ガブガブ飲むなら、カフェインなしで癖がないルイボスティーがいいと思います。

 

ハーブティーって、香りはあっても味がないものが多いのですが、ルイボスティーは味もそこそこあるので、僕も常備しています。

 

本場南アフリカでは、ミルクと砂糖を入れる人も多いようですが、日本ではストレートで飲む人が多いと思いますよ。

僕は、たまにミルクを入れて飲むこともあります。

 

伊藤園 ヘルシールイボスティー ティーバッグ 30袋(145g)

アマゾンで見る>>>Amazon

 

参考記事>>>逆流性食道炎の飲み物。コーヒー、紅茶がダメならミルクルイボスティーがある]

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました