糸ようじより糸巻き型デンタルフロスが便利な理由

口の健康

糸ようじ、デンタルフロス、どちらも知られていると思いますが、なぜか糸ようじが有名。

糸ようじは大塚製薬の商登録標ですが、似たような製品もドラッグストアで大量に売ってますね。

そもそも、糸ようじってネーミングはうまいですね。

デンタルフロスを普及させるより、これまで使われていたようじ(楊枝)の名前を使ってフロスを売り込んだセンスは、さすが小林製薬でしょうか。

では、デンタルフロスと糸ようじは何が違うのか。

というより、一般のデンタルフロスのほうが慣れると使いやすいよ、という話をします。

糸ようじはデンタルフロスの一種

糸ようじは、デンタルフロスの一種です。

糸ようじの先の尖ったところは「楊枝(ようじ)」ですが、糸の部分はデンタルフロスそのもの。

だから、糸ようじとデンタルフロスの違いと言ったところで意味がないのですが、糸ようじがあんまり有名だから、糸ようじ vs デンタルフロスという区分けにして、違いを説明したいと思います。

糸ようじ

>>>Amazonで見る

 

糸巻き型デンタルフロス

 

糸ようじがとデンタルフロスどっちが使いやすい?

僕は糸ようじは使っていません。

 

理由は、狭い歯間に入れようとすると、糸ようじの糸が切れてしまうから。

歯間が広い部分なら入りますが狭いところに入れられないんですよ。

僕がヘタなのか?

 

これまで3回くらいまとめ買いして、失敗しました。

すぐ糸が外れるし、挟まるし。

 

糸ようじでうまく歯間に入る人はいいと思います。

細いタイプも発売されているので、こちらを使えばフラストレーションはなくなるかも。

>>>Amazonで見る

 

でも、他のデンタルフロスを使ってみたら、僕にとって快適な商品に出会ったんです。

僕が気に入っているライオン クリニカ アドバンテージスポンジフロス

>>>Amazonで見る

 

糸巻き型は経済的だし、歯の形に合わせた使い方ができます。

 

 

でも、コツがいるんですよ。慣れないときは歯の間に入らなくて、無理に力を入れて押し込んだら、歯ぐきに力いっぱい当ててしまい、出血することもたびたびでした。

 

でも、取手付きのタイプでは、糸ようじと同じで、歯間の幅に合わないと、すぐに糸がたるむし、毎回交換するのは不経済な気がするんです。

 

無理に押し込むとフロスが切れては挟まることがあります。

挟まったフロスを取り除くには、上から別のフロスを押し込んで、詰まったフロスを押し出すのですが、この場合は糸巻き型のほうが使いやすいんです。

 

フロスに慣れた今は、糸巻き型ばかり使っています。

慣れるとシンプルで使いやすいし、経済的です。

 

糸巻き型の利点は、フロスの種類が多いこと

 

糸巻き型 vs 取っ手付き、じゃなくて、フロスの種類のことです。

 

フロスの種類には、ワックス付き、ワックスなし、スポンジタイプ、平らなテープ状などが一般的です。

製品によって太さも違います。

 

100円ショップのデンタルフロスは細いタイプが多いので、フロスが入りにくい人は試してみる価値がありますよ。

 

 

太さ以外でも、製品によって、引っかかるものと、引っかからないものがあります。

 

フロスが引っかかるのは、虫歯があるか、詰め物に問題がある、と考えるのが正解のようですが、実際にはそうとも言えないんですね。

 

引っかかる部分を、歯医者に診断してもらっても何も問題ないこともあります。

自分の歯とデンタルフロスの相性もあるような気がします。

 

一般にはワックス付きが滑らかで使いやすいと言われていますが、僕はスポンジタイプのほうが引っかかりません(たまたまだと思います)。

参考記事>>>ひっかからないデンタルフロスはどれだ。4種類のタイプを紹介します

デンタルフロスを使っていて、困ることはフロスが切れることです。

フロスが切れてはさまると、ほんのわずかな部分が残るだけで、歯に圧迫を感じて不快です。

はさまったフロスを取ろうとして、別なフロスが切れてしまう経験を何度もしました。

挟まった直後に取れなくても、すこし時間をおけば取れることがほとんどなので、落ち着いてもう一度フロスを入れるのが効果的です。

はさまった直後は、慌ててしまうんでけどね。

参考記事>>>デンタルフロスが切れたり、はさまったときの対処法

まとめ

糸ようじよりも糸巻き型のデンタルフロスが使いやすいということについて、僕自身の体験をもとにご紹介しました。

そもそもデンタルフロスを使っている日本人は20%だそうです(ライオンクリニカのWebサイトから)。

歯磨きした後でデンタルフロスを使うと、自分では磨けたと思っても食べかすが取れるので、虫歯や歯周病が気になる人はぜひ使ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました