足首がだるい状態を解消する方法を紹介します

足がだるい・むくみ

足首がだるい、足首が凝る。こんな症状だと落ち着かなく集中力を欠いてしまいます。

僕の場合、ジョギングすれば解消するんですが、すぐに運動できる環境はなかなかありません。だるいのが深夜寝る前だったりするし。

そこで、軽く足首とふくらはぎの筋トレとストレッチしてから寝るようにしています。対策して寝ると、足首のだるさを翌日に持ち込まないですみます。

足首がだるい原因

筋肉の疲労なら休めば治る

激しい運動をしたり、長時間あるいたりした場合に、足首のだるさを感じることがあります。

僕の場合は、足首がだるいを通り越して、アキレス腱が腫れたことがありました。整形外科で診察してもらいましたが原因はわからず。当時は体重も多かったこともあり運動不足と急な運動のせいだったのかもしれないと思っています。整形外科で分かるのは腫れてるけど骨には以上がないというくらい、原因はわかりませんでした。

一時的なだるさは腫れはしばらくすると収まります。

血行不良

長時間の運動や激しい運動もしていないのに、毎日足首がだるくなる原因は、足のむくみと関係しています。

四本足の動物と違い、二足歩行の人間にとって足の血流を心臓に戻すにはふくらはぎのポンプが必要です。普段はふくらはぎののポンプは正常に動作していても、一日中立ち続けたり、座り続けたり、足を動かさないでいると、ポンプの機能が低下して足がむくんでしまいます。

だるさを除くには

足首のだるさを取り除くには、足首のストレッチやマッサージなどの、ふくらはぎの刺激も必要です。

ふくらはぎの血行と足首の血行は関係しています。

足首がだるいときは、足首だけでなくふくらはぎも同時に刺激をあたえましょう。

足首を回す

やり方は特にありません。片方の膝の上に、反対側の足をのせ、足先を回せばいいでしょう。右回り・左回りを同じようにします。

足の甲を伸ばす

正座して、両手をやや後ろに付き、両膝を浮かせます。フローリングだと痛いので、ヨガマットなどの上で行なうのがいいです。

アキレス腱を伸ばす

片足ずつ立膝をして、立てたふくらはぎにゆっくりと体重をかけてアキレス腱を伸ばします。反動をつけたり一気に体重をかけるのは危険ですから、ゆっくりと、じわっと行いましょう。

ふくらはぎを伸ばす

両足を伸ばして座り、両手でつま先をつかみます。つま先は顔の方に向けてつかむんですが、かかとを押し出すようにするのがコツです。

かかとを押し出すようにすると、ふくらはぎが伸びて、つま先が手前を向くんですね。

前かがみになるときは、背中を丸めないで、まっすぐな背中を腰から折りたたむような気持ちで行なうのがいいです。

関連記事>>>足がだるい。股関節と足の甲のストレッチも効果あります

片足立ちする

足の指で床をつかむように片足立ちします。

足の指と足首でバランスを調整するのが、足首に適度に負荷がかかって効果的です。

つま先立ちする

カーフレイズと呼ばれる筋トレの一種です。足の親指側に体重をかけるようにすると外反母趾防止や足裏のアーチの刺激になります。

斜めの板にのる

本や板を使って斜面を作り、両足で乗ります。アキレス腱に刺激がかかるように重心を前に移します。

着圧ストッキングを利用する

着圧ストッキングは、足のむくみ対策に有効です。

医療用の着圧ストッキングは足首がいちばん強く、ふくらはぎに向かって圧力が弱くなっています。

一般用として販売されている着圧ストッキングでも、足首から膝にかけて圧力が下がっているタイプが効果的です。

関連記事>>>男だけど、女性用の着圧ストッキングを使ってみたら快適だった

こまめな対策が効果的

多くの場合、ふくらはぎのだるさと足首のだるさは連動しています。

人間の身体は複雑であるのですが、単純でもあります。足首がだるい、ふくらはぎがだるいときは、ひざから下にクッションを敷いて足を高くして寝るだけでも違います。

わずかなことなんですが、だるさやむくみを翌日に持ち越さないようにこまめに対策するのが大事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました