歯間ブラシで血が出たとき、考えられることは3つ

口の健康

歯間ブラシを使っていて出血すると心配になります。

ブラシがうっすらと赤くなると、中止したほうが良いのか、続けたほうがいいのか悩みますよね。

歯間ブラシが出血する原因には、大きく分けて3種類あるので、それぞれの理由とその後の対策についてご紹介します。

出血したのは、①歯ぐきを刺した、②こすり過ぎた、②歯周病の初期

歯ぐきを刺した

歯間ブラシで歯ぐきを刺すことがあります。

歯間ブラシを斜めに入れてしまい、歯ぐきに刺さってしまうことがあるんです。

僕は、歯間ブラシを使い始めたころよくやってました。

鏡を見ながら、ゆっくりと先の感触を確かめながら入れば突き刺すことはないですよ。

慣れれば刺さなくなります。

歯ぐきをこすり過ぎた

真面目に歯間ブラシを使いすぎて失敗する例です。

歯間ブラシを何回もやりすぎると、多くの人が出血します。

しっかり歯間ブラシしなくてはと、何往復もして出血したことがあります

出血するから、歯周炎の初期かと思って、さらにゴシゴシしたら血が止まらなくなってしまいました。ペっとつばを吐いても赤くなるくらい。

歯周病の初期

歯肉炎で腫れている部分に歯間ブラシを入れると出血することがあります。

歯ぐきに刺した場合と違って歯肉炎の出血は痛みがない場合もあります。

僕が軽い歯周炎だったときは、歯ぐきがなんとなく腫れぼったくて、じわーっと出血してしましたが、痛みはまったく感じませんでした。

歯周炎の初期の場合は、悪い血は出したほうが良いと言われますが、やり過ぎは歯ぐきを痛めるだけです。毎日歯間ブラシを使うことは大事ですが、やり過ぎると歯ぐきを傷つけるだけですよ。

刺しただけの場合は翌日に治る

間違えて歯ぐきに刺しただけなら、それ以上無理に歯間ブラシを使わなければ翌日には治ります。

同じところを何度も刺してしまうなら、歯間ブラシのメーカーを変えてみるとか、細いタイプにすると、刺さらなくなるかもしれません。

歯間ブラシによって、芯が硬いタイプと柔らかいタイプがあるので、自分に合ったものを選ぶといいですよ。

柔らかいタイプのほうが、すぐに曲がって刺さりやすい場合もあります。

こすり過ぎたら数日は控える

歯間ブラシでこすり過ぎると、意外と簡単に出血します。

ゴシゴシ使うもんじゃないんですね。

こすり過ぎで出血した場合は、歯ぐきの炎症が引く数日間は歯間ブラシを控えましょう。

どうしても歯の間に食べかすがはさまる場合は、極細でやわらかいタイプか、やわらかいデンタルフロスがいいです。

歯肉炎、歯周病の初期の出血

歯肉炎や歯周病の初期の出血は、痛みを感じないことも多いです。

突き刺したり、こすりすぎとはこの点が違います。

自覚症状がほとんどないくらいの進行度では、痛みはないのに血がにじむことが多いです

 

歯肉炎は初期の歯周病の場合は、歯間だけでなく歯の周囲がぷくと腫れている場合が多いです。

以前から歯周ポケットが深いと、以前から歯科で指摘されている人もいますよね。

これまで出血していなかったのに、歯間ブラシでじわっと出血して、痛みもほとんど感じない。1週間くらいしても状況が変わらないなら、歯医者い行きましょう。

軽い状況なら、歯のまわりの清掃で、いちどに良くなる場合も多いです。

歯ぐきを傷つけない使い方

どうすれば傷つけないか。

まぁ、慣れなんですが。

  1. 鏡を見ながらゆっくり入れていく
  2. 柔らかい芯、硬い芯があるので、自分に合ったタイプを使う

 

芯がフニャっとしている歯間ブラシ

 

僕には芯が硬いタイプが使いやすい

 

ゴム製の歯間ブラシは、歯ぐきを傷つけないと思います。ただし、汚れをとる効果はもうひとつ。

 

 

歯間ブラシを上手く使えない、でも歯科医に使うよう勧められた、なら、歯科医に使い方を教えてもらうといいです。

歯科医は歯ブラシ指導と同じようい、歯間ブラシ指導もしてくれるでしょう。

歯に合ったサイズと、傷つけない使い方を教えてくれますよ。

入れる角度とか、他人が見たほうがよくわかります。

 

それでも歯間ブラシが苦手なら、水流で汚れを吹き飛ばす製品があります。

ウォーターピックとかジェットウォッシャーという製品。歯と歯の間に先を当てて水流で汚れをとるしくみです。

 

歯ぐきを傷つけずに歯間の食べかすを吹き飛ばせるので、歯間ブラシが苦手な人向けです。歯みがきだけして、これを使うと効果を感じますよ。

ただし、水流だけだと歯垢(プラーク)は取れないと思いますよ。

歯垢は歯ブラシ、歯間ブラシ、フロスなどで掻き取らないと除去できないと思います。

まぁ、スッキリするし口臭予防にはまちがいなく効果的です。

***

歯間ブラシを入れて、出血したときの対策をご紹介しました。

自分に合ったサイズや製品を選んで利用しましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました