大腸憩室炎が起きたときの治療法。予防法はあるの?

胃腸

大腸憩室炎は現代になって増えてきている病気です。

 

お腹の痛みで病院に行き、大腸憩室炎と診断されることがほとんどで、そのまま入院になる場合もあります。

 

僕は、CT検査の結果、憩室炎と判断され、破れる危険があるからと即入院させられました。

 

憩室炎は40代をすぎるころから増えてくる病気です。

 

憩室は炎症がなければ放置してもかまわないのですが、炎症が起きてしまったら抗生物質、それでもだめなら手術という方法になります。

憩室炎とはどんな症状

大腸の憩室は腸の壁がとびだしたもの

憩室とは、大腸の一部が袋状になって外側にポコっととびだしたものです。

 

ポリープが大腸の中にできるのと反対で、大腸が外に飛び出した状態になっています。

内視鏡で大腸の内側から見ると腸の壁にくぼみがある感じ。

 

人によってはいくつもできる場合があります

憩室があっても炎症がなければ自覚症状がないので自分で気づきません。

内視鏡検査で指摘されることも多いようです。

憩室があると分かっも、すぐに症状が現れることもないし、ポリープのように大きく成長しないので放置しても問題ない場合がほとんどです。

しかし、憩室が炎症を起こすことがあります。憩室炎と呼ばれる症状です。

憩室が細菌で感染して炎症を起こすのが原因で、出血することもあります。まれに大出血となる場合もあります。

憩室できやすい場所は、大腸の中でもS状結腸と上行結腸。

 

S状結腸の場合は左側が痛くなり、上行結腸の炎症なら右側が痛くなります。

 

ただし、お腹の痛みは自分で場所を特定するのが難しので、決めつけないほうがいいでのですが。

憩室炎の症状は

  • 周期的に痛くなる
  • 食後、一定の時間がたつと痛くなる
  • 膨満感
  • 下痢・軟便・便秘を繰り返す
  • 漠然とお腹が痛い

など、憩室炎ならではの症状はありあません。

右下が痛くなる場合は盲腸(虫垂炎)と間違えられる場合もあります。

 

憩室炎は憩室が細菌で炎症を起こしたもの、虫垂炎は虫垂が細菌で炎症を起こしたもの。ほとんど同じようなものですから間違いやすいわけです。

 

盲腸なのか憩室炎なのか、触診だけでは分かりません。

憩室炎の症状によっては出血する場合があります。下血と呼ばれます。

出血の場所が胃に近いとワイン色に、肛門に近いと鮮血になります。

 

僕が憩室炎になったとこはワイン色になりました。便器を見てぎょっとしました。どう考えてもマズイ状態だというのが分かりましたから。

 

ただし、下血する原因は、憩室炎だけでなく、痔、潰瘍性大腸炎、大腸ガンなどいろいろな原因が考えられます。出血したから憩室炎というわけでもないんです。

 

とにかく、検査しないと特定できない病気です。

炎症がひどく、憩室が破れると腹膜炎を起こし緊急手術になります。

 

こうなると破れた場所を切除して、お腹にたまった膿などを排出する手術が必要です。切除せずに内視鏡で出血してる部分をクリップで止める方法もあります。

 

どこの病院でも行えるのではないので、緊急の場合は患者には選択の余地はないかもしれません。

憩室炎の診断は

 

お腹が痛い症状を訴えたら、触診のあとに行われる検査はエコーでしょう。

 

盲腸(虫垂炎)の場合は触診で診断する場合もあるようなのですが、緊急性があるならともかく、虫垂炎と憩室炎の違いを触診だけで判断できないと思います。

 

きちんと検査してもらいましょう。

 

検査できる設備がないなら、設備のある病院を紹介してもらうか、自分で受診するのがいいですよ。

エコーでも分からない場合は、CTを撮るか大腸内視鏡検査で判断します。

憩室炎の原因はハッキリしない

憩室炎は、近年になって増加してきた病気で、食の欧米化と言われることが多いです。

 

食物繊維の摂取が減り便秘が増えて腸内の圧力が増えた、というのが理由だそうです。

 

医学辞典MSDマニュアルにも

憩室は低繊維食の摂取者に好発する

とあります。食の欧米化で食物繊維の摂取が減ったということでしょうか。

 

しかし、米国国立生物・科学情報センターにある論文によると、欧米でも20世紀になって増えてきた病気という記述がありました。

 

欧米でも食物繊維の摂取が減ったのでしょうか。

現代の病気ということなのか。

単に、検査がしやすくなったのも増加の原因だと思いますけど。

 

いままでは盲腸とまちがえて手術してたんじゃないかという気もします(僕の想像です)。

治療は抗生物質を使う

憩室炎と分かったらまず抗生物質で炎症を抑えます。

使われるのは抗生物質や抗菌剤。

 

症状をみながら途中で薬を変更することもあります。

 

痛みがおさまったら、1か月以内くらいに大腸内視鏡検査で確認することも多いです。

ただし、憩室が多くある場合には、後から見てもいどこから出血したの分からないことも多いのが難点ですが。

自宅で治療する場合

症状が軽かったり、何度めかの憩室炎で医師も本人も状態がわかっている場合、自宅で抗生物質を飲むという方法があります

 

食事は、数日間はスポーツドリンクや消化のよいスープだけ。痛みが治まってきたら少しずつ普通の食事に戻して行きます。

自宅でスポーツドリンクだけは辛そうですが、憩室炎の痛みは辛いので、どちらをとるかという選択ですね。

入院して治療

 

痛みが大きいときは入院して、絶食しながら抗生物質を点滴します。

 

自宅で絶食は辛いですが、入院だとガマンするしかないので確実な方法ですね。

ただし、どのくらいで回復するかは人によって違います。

10日くらいの人が多いようですが、僕は2週間入院してちっとも改善せず手術してしまいました。

医師によればまれな例だそうですけど。

治療中の食事

入院の場合、ほとんどの病院は絶食らしいのですが、外国の例だとさまざまです。

  • 消化が良い普通の食事
  • 重湯に近い食事

どれが正解というわけでもなさそうです。

ひどくなると手術

憩室が破れて腹膜炎を起こしたり、抗生物質でも治らなかった場合は手術になります。

 

何度も憩室炎を繰り返している場合は手術を勧められることありますが、医師によって判断は違うようです。

実際には「何回も繰り返すと手術かな」と言いながら抗生物質を投与するというケースが多いようです。

抗生物質で治っても、何度も入院を繰り返すのはたいへんですから、手術したほうが楽な場合もあります。

ですが、

  • 憩室が多くてまとめて手術は切除する範囲が広すぎる
  • 切除しても、再発のリスクはなくならない

などを医師がどう判断するかで手術するかどうか決まります。

手術するにしても、緊急を要さないことが多いので、セカンドオピニオンを受けるか
単に別の病院で相談するのもいいと思います。

(僕はひどくなる一方だったので手術しましたが)

手術は、腹腔鏡下手術になることがほとんどか、自分で選択できると思います。

 

腹腔鏡下手術は設備と人員が必要なので、ある程度の規模の病院じゃないと行っていません。以前、盲腸で行われていたような開腹手術だと一人の先生でもできたのですが、腹腔鏡下手術は人も設備も必要です。

憩室炎の手術は、切除しないで、内視鏡でクリップで止める方法もあります

出血しているところを閉じてしまう方法です。

症状によって、医師の判断によって、どうのように行うかは判断が分かれるし、どれが最適だったか決めることは難しいです。

普段から憩室炎があって辛いことが多いなら、別の病院を受診してみるのもいいかもしれません。

憩室炎は再発しやすい

 

憩室炎は抗生物質で炎症が治まったとしても、憩室はそのまま残ります。

抗生物質で治まっても再発するケースも多くあります。

何度も繰り返すと自分でも分かるようです。

お腹が痛くなってくると、消化の良い食事にしたり、絶食に近い食事をして自分でやりすごしながら痛みが治まるのを待つ方法です。

 

毎回入院するのは、仕事や経済的な面から負担が大きいですからね。

普段からの予防法は

確実な予防法というのはありませんが、食物繊維をしっかり摂るのが大事という医師は多いようです。

ハッキリとした根拠はないようなのですが。

食物繊維は消化されずに腸まで到達します。便秘を防ぐという意味でも大事なので、積極的にとるようにしましょう。

ただし、痛みがあるときには食物繊維を控えたほうが腸の休息になります。

普段は腸に良いとされる食物繊維ですが、消化されずに腸まで到達するので炎症があるときには痛い思いをしがちです。

脂質は腸のぜん動運動を刺激するので、腸を休ませたいときには控えたほうが良い食べ物のひとつです。

サンマやイワシなど青魚の油は炎症を抑える効果が知られているので、積極的に摂るのがいいでしょう。

関連記事>>>痛い憩室炎のとき、お腹にやさしい食事を紹介します。

痛い憩室炎のとき、お腹にやさしい食事を紹介します。
お腹が痛い憩室炎、辛いですよね。 憩室炎と言っても、その症状は人それぞれのようです。 入院するほどでもなく、痛みを感じる場合は自分で食事コントロールをする人も多いようです。病院で診察してもらっても、薬の服用と自宅で食事制限を言い...

まとめ

憩室があっても悪い病気ではないので、炎症がなければ何もしなくても大丈夫です。

炎症が起きてしまったら、抗生物質と食事の制限での治療が一般的。

炎症が治まったら、再発を防ぐには食物繊維が有効と言われているので、痛みがなくなったら積極的に摂るようにしましょう。

関連記事>>>憩室炎の大敵、便秘を防ぐには

憩室炎の大敵、便秘を防ぐには
憩室炎になると辛い腹痛に悩まされます。僕は薬が効かずに2週間も苦しみました。 憩室炎は、治っても再発する可能性が高いのも心配ですよね。 入院するのも辛いし、そもそも入院する時間も取りにくいし。自宅で治療するにも、絶食に近い食事制...

コメント

タイトルとURLをコピーしました