抗生物質でお腹が張る、下痢するときに気をつける食事

食事

抗生物質を飲んで困るのはお腹の不調です。下痢も多いですが、お腹が張って困る人も多いようです。妻は抗生物質で下痢するタイプですが、僕はお腹が張って困るタイプ。

 

お腹が張る理由は、ガスなのか下痢が溜まっているんだから分からないのでハッキリいって対処に困ります。

 

抗生物質はお腹の菌を殺してしまいます。腸内の細菌バランスが壊れてしまうと、あるときはお腹が張ることになり、あるときは下痢になるし、両方を繰り返す場合もあるわけです。

 

病院ではお腹をこわすことも考えに入れて整腸剤もいっしょに処方されることも多いですね。

 

お腹が張ったからといって抗生物質を止めるわけにいきません。決められた期間飲み続けないと治療の効果がなくなってしまいますから。

 

抗生物質を飲み続けているときに、少しでもお腹の不調を減らすにはまず腸に負担がかからない食事を心がけることです。

消化の良い食べ物がいちばん

 

お腹の中で善玉菌や悪玉菌がいるのは、小腸(の末端)と大腸です。

 

口から入った食べ物は、小腸まえに栄養を身体に取り込みます。大腸では水分を吸収して、便として体外に出されます。

 

抗生物質でお腹の菌のバランスが壊れているときは、便にまとめる機能が落ちてしまい、ガスがたまっりお腹が張ったり、下痢になったりします。

お腹に負担をかけない食事とは、大腸に届くまでにできるだけ消化吸収される食事です。

 

繊維質の強い野菜とか甲殻類などは吸収されないので、食べた分量がほぼ大腸に到達します。

 

逆に、ジャガイモとか、ご飯など、消化吸収がよい食べ物は大腸に届くまでに、体内に吸収さえて分量が減ってしまうので、腸への負担は少なくなります。

避けたほうが良い食べ物

  • 主食:玄米、雑穀米、赤飯
  • 魚介類:タコ、イカ、エビ、カニなどの甲殻類、貝
  • 野菜(繊維質が強い野菜):ごぼう、たけのこ、小松菜
  • きのこ(人間の酵素では消化されない)
  • こんにゃく
  • 海藻:昆布、ひじき
下痢のときは食物繊維を減らすとお腹にやさしい
腸内環境の改善に良いとされる食物繊維ですが、下痢のときは逆に悪化させることがあります。 食物繊維の中でも便秘に良いとされる不溶性食物繊維は、下痢には避けたほうが良い食べ物になります。 その理由と食材をご紹介します。 下痢のとき...

脂質は控えめに

脂質は腸のぜん動運動を活発にするので、腸に負担がかかります。

 

普段ならぜん動運動は必要なものですが、抗生物質でお腹が弱っているときは腸をできるだけ静かな状態に保っておくのがいいですね。

 

カゼのときに寝ていれば治るみたいに、腸にも安静が必要です。

脂質が多いので避けたほうが良い食べ物

  • 脂身の多い肉(ベーコン、霜降り、バラ肉)
  • チョコレート
  • 生クリーム

牛乳はとくに注意

 

抗生物質の種類によっては、牛乳が効果を妨げてしまうものがあります。

 

牛乳の成分のカルシウムが薬の成分と結びついて、身体に吸収されにくくなってしまいます。

 

牛乳と飲み合わせが悪い抗生物質が処方されるときには、必ず伝えられるはずです。

 

何も言われない場合は、大丈夫だと思いますが、薬を飲むときに牛乳で飲むのはやめましょう。

牛乳は脂質も高いので、そもそもお腹の調子が悪いときは控えたほうがいいですよ。

辛いもの、アルコール

どちらも腸に刺激を与えます。

 

普段から、辛すぎる物・飲み過ぎで下痢することは多い人は、抗生物質を飲んでいる間はとくに控えましょう。

整腸剤を飲む

抗生物質が処方されるときには、整腸剤(ミヤBM、ビオスリーなど)が処方されることも多いです。

 

胃の粘膜保護の薬(ムコスタ、セルベックスなど)も処方されることも多いですね。

これらの薬は必ず処方されるものではなく、絶対に必要というわけでもないので、医師によっては処方されないことも多いかもしれません。

抗生物質を飲みだしてお腹が張ったり下痢するようになってから、処方してもらうこともできます。

市販薬で買うならムコスタと同じ成分はありませんが、セルベックスの成分(テプレノン)が入った薬があります。

 

セルベール(エーザイ)

ピーマTP健胃薬(三宝製薬)

ミヤBMと同じ成分(宮入菌)の市販薬に強ミヤリサン錠があります。

抗生物質を変更したほうが良い場合もある

 

どうしてもお腹の張りや下痢がガマンできないときは、医師に相談しましょう。

 

抗生物質を勝手に中断するのは、治療を遅らせる原因になるので危険です。

 

残っていた菌が急に増殖するリスクがありますから。

 

抗生物質にはいくつもの種類があり、効果が近い製品もあるので、別の抗生物質に変更してもらえることもあります。

 

変更できないなら理由を説明してもらいましょう。

水分を多めに取る

水分補給

 

抗生物質でお腹のバランスが壊れているときは、水分補給をまめにしましょう。

 

とくに下痢しているときは水分が吸収されにくくなっています。

 

身体は食事からも水分補給をしています。約1リットルの水が食事から吸収されます。

普段なら、大腸から水分を吸収するわけですが、お腹のバランスを壊しているときは、下痢として排出されてしまいます。

 

とは言ってもがぶ飲みすると下痢のもとですから、こまめに摂るようにしましょう。

普通の水で良いです。

スポーツドリンクや経口補水液を取りすぎると、糖分や塩分を摂りすぎる場合があるので、気をつけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました