口内炎を早く直したいなら何度もうがいしよう! 雑菌が減る効果が期待できます

口内炎

口内炎痛いですよね。

先日、右側にまとめて口内炎ができて、食事のときはは左側で噛んでいたら、アゴの片側だけ疲れてきてしまいました。

口内炎をなるべく早く直したいなら、何回もうがいすることをオススメします。

口内炎のときに繁殖している口の中の雑菌を、うがいで洗い流しましょう。

口内炎のときは口内の細菌も増えている

ヒトの口内には500種以上の細菌いて、数はよく歯を磨いている人でも2000億はいるそうです。歯みがきをサボると5000億になり、ほとんど磨かないと1兆を超えるそうです。

これらの菌の全部が口内炎や歯周病を引き起こす悪役かというと、そんなことはなくて、善玉菌も存在してバランスがとれているわけです。

口内炎ができているとき、このバランスが崩れて、口内炎周辺の細菌が増殖しているんだと思います。

たとえ食後に歯みがきしても、口内炎ができているときには、炎症部分の細菌が増殖したり、口内炎を起こしていた細菌の死骸も口のなかに増えていきます。

それらがまた口内環境を悪くして、回復を遅らせる原因になるわけです。

その悪循環を断ち切るには、何度も、うがいしましょう。

うがいに向いているのは何?

うがいと言えば、イソジンやリステリンを思い浮かべます。僕も両方とも常備していて使うのですが、何度もうがいするには強力すぎます。

どちらも殺菌作用が強いので、毎回殺菌していたら、役に立つ菌もいなくなって口の中が荒野のようになってしまうでしょう(イメージです)。

真水で十分です。

でも、真水は口内炎にしみます。

ひどいときは真水でうがいすると、苦痛でさえあります。

真水が口内炎にしみる原因とは

しみる原因は、口の中の細胞と含んだ水との浸透圧の差です。

痛くなるしくみ

1. うがいの真水が口の中に入ってくる
2. 細胞内の浸透圧が高いため、水が細胞に移動する
3. 細胞が水分を吸収して膨張する
4. 口内炎の傷口も膨張するので、痛みを感じる

痛くないためには、浸透圧が近い水分でうがいすればいいわけです。

塩水を使いましょう。

塩水のほうが痛いイメージがありますね。海の水が鼻に入ると痛いし。
あれは海水の濃度が濃すぎるからです。

うがいに必要なのは塩分濃度0.9%の塩水です。生理食塩水と呼ばれる濃さです。

作り方は1リットルの水に塩9グラムですが、数字は無視していいです。

コップに真水を入れて塩を軽くひとつかみ入れればOK。
パラパラと入れるだけでも十分です。

この塩水でうがいしてみてください。真水のしみる感はないと思います。

朝から寝るまで、何度もうがいしましょう。

イソジンやリステリンは不要なの?

専門家による否定的な指摘があります。

殺菌作用が強すぎて役に立つ菌も殺してしまう
リステリンはアルコールなので口の中を乾燥させてしまう

僕は使ってますけどね。
口の中があんまり痛いときに使います。特にリステリンを使うと頭がガーっとなるのですが、その反動で一時的に痛みを忘れるんですよ。

口内炎がたくさんあって、口の中の唾液の状態がひどいなってときには、ドカンと使ってます。

牛乳が良いって聞いたんだけど

口内炎のときに牛乳を飲むと痛みがやわらぎます。口のなかに牛乳の粘膜が貼られ、刺激をやわらげてくれるんだと思います。

食事の前に飲むと、食事中の刺激を和らげてくれるかもしれません。

でも口内の清掃にはなりません。口の中に牛乳のタンパク質が残って、雑菌が繁殖するだけです。

口内炎のときは、牛乳を飲んだあとは、薄い塩水でうがいして洗い流しましょう。

何か食べたら、うがい。回復の早道

ちょっとしたおやつでも、食べカスを残さないようにうがいしておきましょう。もちろん歯みがきも良いのですが、毎回するのは大変だし、口内炎に当たると痛いです。

手軽でまめにできるのはうがいです。

口内炎ができやすい人は、普段からまめにうがいするといいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました