50代男が日焼けしてカサついた肌をスキンケアで戻すのに1年かかった話

未分類

たった半日で受けた日焼けの汚い皮膚が治らず、化粧水をまじめにつけて1年かけて元に戻しました。

以前なら、しばらくたてば治った日焼けのガサガサ肌ですが、年齢による肌や回復力の衰えなのか自分で見てみ汚い肌で焦りました。

まめに化粧水をつけるようになって1年後、ようやくガサついた汚い皮膚を忘れることができました。

その1年間のスキンケアの記録と方法をご紹介します。

半日の日焼けが治らないので焦りだす

 

半日バイクでビーチ周辺を走ったら腕の日焼けがひどいことになりました。半袖のポロシャツ着てただバイクで走っただけなんですけど。

日焼けの直後はかなり腕が赤くなったのですが珍しいことではないし気にしませんでした。ただ、こんなに日焼けするのは何年ぶりかという感じでした。

しかし日焼けが1週間たっても、1ヶ月たっても日焼けが治らない。肌が黒くなってもいいのですが気になるのは肌のガサガサです。

腕の表面が白っぽくカサカサしてちりめんジワ状態、しかも色がムラになって汚いんですよ

色ムラのカサカサちりめんジワの皮膚はどう考えても汚い。

「これが加齢なのか」と実感しました。

「高齢者の皮膚ってこんな感じだよな」と思いましたよ。今からなってどうする?

日焼けの直後で赤くなった対策はステロイドクリームをしっかり塗りました。

女性だけじゃない、日焼けして赤くなったときの対策
ビーチでオートバイをレンタルしたら、半日で顔と腕が真っ赤になってしまいました。顔も少し焼けましたが、痛いのは腕、とくに手首の周りが赤く痛い。日焼けで痛いというのは何年ぶりです。 日焼けするのはかまわないけど、痛いのは早く治したいので、...

でも、その後のガサガサまだら肌には効果ありません。あくまでもやけど状態の赤い皮膚に効果があるようです。

保湿してみる

 

そこで妻のアドバイスにしたがって腕に化粧水をつけて保湿することにしてみました。

冬は乾燥して皮膚がかゆくなるので化粧水や乳液をつけたりしていたんですが、自分で何を使っているのか意識したことはありあせんでした。

妻がこれ使ってというものをそのまま使っていただけ。

乾燥しているときに「何か」つければその場の乾燥は治まります。

僕は、寝ているときに腕や足が痒くなることが多いので風呂上がりにつけることがよくありました。

でも、一時的な効果しか考えたことがありません。

スキンケアが効果あるとほんとに思ったことはなかったんですね。

湿疹など一時的に状態が悪くなったときには薬をつけたりましたが、毎日メンテナンスして肌の状態を整えるなんて考えていませんでした

それが今回日焼けが何ヶ月も治らない状態を目にして、毎日保湿する気持ちにさせたのでした。

3ヶ月後、効果を感じない、だめかと思う

 

スキンケアは使ってすぐに効果が出るわけではないようです。

製品の口コミを見ると、すぐ効果があるという書き込みを見ることがありますが、つけたあとの状態が良いということで「素の状態」がよくなったということではないと置いおます。

それが分かるには数ヶ月とか、ある一定の期間続けないと分からないんですね。

僕のように50代になって、しかも今までスキンケアを全然してこなかった人間の場合、より時間がかかるようです。

でも、そんなこと知りませんから「自分の皮膚はもうこのままガサついたままなのか」と思うといやになりましたよ。

40代までなら自分の日焼け後の状態を気にすることはなかったのですが、50代にになってダメージの大きさが一気に着た感じ。

失ってからはじめて気づくというよくあるパターンなんですが、自分の皮膚でそれを味わうとは。加齢ってこんなものなんでしょうかね。

とにかく、効果を感じないけれど日課として毎日保湿していました。

大して効果を感じないまま冬になりましたが、毎日化粧水をつけるのが習慣なってきたのと、冬のガサつきがひどいので使っていました。

半年後、保湿が習慣になる

ハワイ

 

半年以上たてばスキンケアも週間になります。

まだ効果を感じませんでしたが、皮膚の状態が悪いままなので、他に手段が思いつかず化粧水をつけることだけはやっていました。

半年たってようやく化粧水の付け方が身につきました。

化粧水はベタベタつけてこすってはだめなんです。

軽く伸ばしたら手のひらで押さえる感じ。

顔に化粧水をつけるCMでよくやっていますね。両手でほほを押さえつけるようにします。

あれ、単にCM上のイメージからやってるのかと思ってたんですが、化粧水を染み込ませるには大事なんだそうです。

染み込むというより、液体で皮膚をこするのはよくないということなんだと思いますが、結果は同じ。とにかくこすらないで押さえるいうことです。

10ヶ月後、ようやく効果を感じはじめる

 

効果を感じたんは10ヶ月たってから。

ガサガサの皮膚が治ってきたんです。時間がかかりました。

古い皮膚が新しい皮膚に入れ替わるのは「ターンオーバー」と呼ばれ年齢が上がると周期が長くなります。

その周期は「自分の年齢☓1.5」と言われています。

30代が45日なら、50代は75日が目安。

この数字が正しいかどうかはともかく、年齢が上がると時間がかかるのは本当でしょう。

ただし、これだけでは僕の日焼けが治らない説明がつきません。

ダメージを受けた皮膚が少しずつターンオーバーしても、新たに紫外線や乾燥にさらされるので一気に元に戻るのは難しいのでしょう。ダメージを受けたところは紫外線や乾燥から守る力が弱いのも理由の一つだと思います。

ともかく、新しくできた皮膚をまめに保湿することでダメージが減り、腕の表面がしっとり感がでてきたんだと思います。

効果が目に見えるとやりがいを感じるわけで、化粧水をつけるのも忘れることもなく、ていねいにスキンケアするようになりました。

スキンケアと言っても化粧水をつけるだけですからスキンケアと呼べるほどのものではないと思いますが、何もしないのと比べると大きな違いです。

1年後:ガサガサが消えた

避暑地

 

日焼けでガサガサになってから1年。ようやく元に戻りました。

ガサガサで汚かったのがなんとか治ったので、つるつる肌じゃないですけど。

「スキンケアってやれば効果があるんだ」と思いましたよ。

女性にとっては当たり前なんでしょうが、しょせん他人事ですから、深く考えたことがなかったんですね。

今は「スキンケアは効果があある」と断言しますよ。

繰り返しますが、単に化粧水をつけてるだけなのですが、何かすればそれなりに効果があるということです。

スキンケアについてのはじめての成功体験かもしれません。「これくらいで大騒ぎするんじゃない」という気もしますが。

肌が汚くなる理由と対策をまとめてみる

わかりきったことのようですが、日焼けで肌が汚くなる理由と、僕が1年間行ったスキンケアの方法とで良くなた理由をまとめてみあした。

日焼け後のカサつきが目立つ理由

日焼けは紫外線が原因のやけどです。

地上に届く紫外線はUV-AとUV-Bの2種類あり、UV-Aは肌を黒くする、UV-Bは赤くやけどの状態にする、など違いがありますが、とにかくダメージを与えるのは紫外線です。

日焼け止めの男性用って違いがあるの?
日差しが強くなってきたので男性でも日焼け止めを使ったほうが良いらしい。と思っても、日焼け止めの種類がありすぎて選ぶのに困りますよね。SPFやPAの値によって種類があるし、女性用と男性用もあります。 女性が日焼け止めに寄せる関心は非常に...

その結果、肌がガサガサになったわけです。

それは誰にも起こるし、子供のころから同じことの繰り返しなんですが、50代になってダメージから回復する能力が落ちたんです。

新しい皮膚が作られにくくなったのかもしれません。

ダメージは蓄積されてしまうようなので、何十年も何もしなかったために、肌がダメージだらけになっていたのかもしれません。

ひたすら保湿

ひたすら化粧水をつけることは効果あります。

風呂やシャワーのあとは必ず化粧水をつけていました。

風呂やシャワーもなしで寝るときでも、腕を水で洗って化粧水をつけておきました。

化粧水をつける意味は、成分を浸透させるというよりも皮膚の表面を保湿することで

  1. 肌の内側の新しい肌の復活を促進する
  2. 新しい皮膚のダメージを防ぐ

という効果が大きいのだと思います。

刺激を感じないくらいの化粧水をまめにつけて、腕の皮膚をコーティングしておくというのが効果的な使い方でしょう。

化粧水にもいろいろ種類がありますが、「さらっとしてる」「しっとりしてる」のが違和感ない製品を使っておけばいいと思います。

しっとり感が強すぎても服を着るとちょっと不快ですし、さらっとしすぎていると「つけた感」がなさすぎて物足りなくなります。自己満足も大切です。

 

日焼けを防ぐ

毎日化粧水をつけるのと同じように大事なのは日焼け止めを使うことです。

日焼けがだめなんじゃなくて、日焼けで皮膚がダメージを受けるのがだめなんです。

当たり前と思った方、すみません。僕は自分の腕がガサガサになってようやく気づきました。

日焼けのダメージをイメージできなかったんです。

すぐ治ると思ってたし。

以前から女性はしっかりスキンケアしてるのは意味があるんだと今は思っています。

日焼け止めは夏だけでなく、紫外線が強い季節はまめにつけたほうが良いです。

5月〜10月までの紫外線の量は多いです。

 

引用:http://www.nihon-loreal.jp/uva/uv_ray/year_data.html

 

日焼け止めを選ぶときはSPFとかPAやの指標が使われますが、値が高ければそれだけ効果があるというわけではありません。

むやみに値の高い製品を使うと肌に負担がかかることにもなるので注意が必要です。

男が使う場合、メンズ日焼け止めを使ったほうが良い理由をまとめました。

日焼け止めの男性用って違いがあるの?
日差しが強くなってきたので男性でも日焼け止めを使ったほうが良いらしい。と思っても、日焼け止めの種類がありすぎて選ぶのに困りますよね。SPFやPAの値によって種類があるし、女性用と男性用もあります。 女性が日焼け止めに寄せる関心は非常に...

 

結論:スキンケアは効果があった

肌のガサガサで不潔っぽくなる皮膚を防ぐには、この2つが大切です。

  1. 日焼けを防いで
  2. 保湿する

50代になったら、プラスの効果を狙うというよりマイナスの印象を避けるためにもスキンケアしたほうがいいですよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました