着圧ソックスを履いたまま、夜寝ても大丈夫なのか?

着圧ソックス

着圧ソックスは、僕にとって長時間フライトにかかせないものになりました。

今では日中は仕事中でも着圧ソックスを履いています。

というか、着圧ソックスを履かないと足がだるくて集中力が保てません。

 

着圧ソックスが快適なので、夜寝るときも履きたいと思うのですが、夜寝るときに履くには注意が必要です。

寝るときの着圧ソックスは、日中より締め付ける力が少ないものを履くのが身体に安全です。

この記事ではその理由を説明します。

着圧ソックスには昼用・夜用がある

 

着圧ソックスは昼用と夜用が発売されています。

男性用は商品が少ないので見かけませんが、女性用の着圧ソックスには昼用と夜用が発売されています。弾性ストッキングとも呼ばれますね。

その違いは「夜用のほうが締め付けの圧力が低い」ということなんです。

寝ているときの姿勢は、足の位置も心臓の位置と同じですから日中より足がむくみにくいですよね。

寝ているときは日中より締め付けが弱くても効果は変わらないわけです。

それなら「日中と同じように強い圧力のソックスならもっと足がスッキリするかも」と思ってしまいますがそれは危険です。

日中と違いほとんど身体を動かさないので、きつい着圧ソックスを履いたままだと血行が悪くなってしまうんです。

 

夜用の着圧ソックスはつま先が出ているタイプがほとんどですよね。

寝ている間は必要以上に締め付けないように、不要な指先などは締め付けないようになっているためです。

着圧ソックスを正しく履く

着圧ソックスを履くときは正しい履き方があります。

着圧ソックスは足首、ふくらはぎ、ふとももなど部分によって圧力が違っています。

商品によっては膝の位置が決まっているものもあります。

足首、ふくらはぎ、膝、それぞれの位置に合わせて履くことで本来の効果が得られるようになっているためです。

位置に合わせないで履くと、締め付ける必要のない部分が圧迫されたり、すっきりさせたい部分に圧力が届かなかったりと、使う意味がなくなってしまいます。

たとえば、僕は女性用のスラリスリムという着圧ソックスを愛用しています。

スラリスリムは膝の位置も決まっています。黒地で分かりにくいのですが繊維の織り方も膝の周りは違っているんです。

男なのに女性用を利用しているのは「女性用のほうが質が良いから」です。女性用は需要が多いので、質が良い製品が多く発売されているんですよ。

女性用の着圧ソックスに男の足が入るのか?と思うかもしれませんが、伸縮性が強いので入るんです。

新品よりも多少伸びたとは思いますが、きつ過ぎることもなく毎日利用しています。

肌に合った素材を選ぶ

夜は身体を動かさず長時間履き続けるので、着圧ソックスによって肌あれや湿疹が起こりやすくなります。

僕は、体調が悪いと靴下の端がかゆくなったりミミズ腫れになることがあります。

着圧ソックスは靴下よりも締め付けが強いので、長時間履いていると端の部分がかゆくなることが多いです。

もし締め付けが強すぎたり、端が丸まってかゆくなる場合は2センチくらい折り返しておくと治まることが多いです。

かゆいのが収まったら、正しく履いたほうが効果が保てますよ。

素材が合わないとふくらはぎの部分が痒くなったり、湿疹が起こることもあります。

寝ている間にも身体は水分を蒸発します。足の皮膚から蒸発した水分が、かゆみの引き金になることもあります。

昼間履いていた着圧ソックスが快適でも、夜まで履き続けることでかぶれや湿疹を起こしやすくなります。

履いていた着圧ソックスを脱いでみる、古くなった皮膚が着圧ソックスに付着しているのが分かります。とくに黒の材質だと分かりやすいですよ。ちょっと不潔な感じですが。

皮膚は毎日新しい皮膚と入れ替わっています。

着圧ソックスを長時間履いたままということは、古い皮膚はとれずにソックスの中にあるわけですから皮膚に悪影響を与えてしまいます。

敏感肌の人は特に気をつけましょう。

家に戻ったらいったん着圧ソックスを脱ぎ、数時間皮膚を休めてから夜用の着圧ソックスを履くことをおすすめします。

僕が、利用しているスラリスリムは、デニールが大きく固くゴワゴワしていますが、蒸れず足首の締め付けもソフトで寝るときには使いやすい製品です。

夜行バスで寝るときは

夜行バスでの移動は、足が下になるのでむくみやすくだるくなりますよね。夜行バスでの移動は着圧ソックスを履くのが快適です。

しかし、長時間の夜行バスでは身体を動かす機会がほとんどないので、きつすぎる着圧ソックスは身体を締め付けすぎ、血行を悪くする危険があります

夜行バスに乗る前に夜用の着圧ソックスに履き替えるか、昼用でも締め付け過ぎない圧力の製品に履き替えるましょう。

夜行バスで着圧ソックスを利用するときは、あらかじめ昼間履いてみて、締め付けが強すぎないと確認してから使いましょう。

まとめ

寝るときの着圧ソックス(弾性ストッキング)は3つの点に気をつけて選んだほうが良い理由を紹介しました。

  1. 寝るときの着圧ソックスは強すぎるのはNG
  2. 日中のソックスを履いたままだと肌に負担をかける
  3. 夜行バスで着用するときは、あらかじめ試したからにする

むくみやだるさに着圧ソックスはほんとに効果的ですよね。一日中使いたくなりますが、夜に使うときは少しゆるめの夜用の着圧ソックスを使いましょう。

男の僕が愛用しているスラリスリムですが本来は女性用です。締め付け過ぎることもなく寝るときに安心な着圧ソックスですよ。

毎日履き替えるなら公式サイトの3枚セットがお得です。

>>>スラリスリム公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました