歯科用歯ブラシで安くて使いやすい製品を紹介します

ci 歯みがき

歯科医に行くと市販されていない歯ブラシを売っていますね。

受付などで販売されている歯ブラシです。

歯科用歯ブラシの特徴は

  • ブラシの形がシンプル
  • ブラシが小さい
  • 持つところ(柄)がしなる

という特徴があります。

 

でも、歯科用歯ブラシは高いんですね。ドラッグストアでは1本100以下の歯ブラシも売っているので、それに比べると高いかな。

と思っていたら、歯科医用歯ブラシでリーズナブルな製品を見つけました。

使い勝手も良いです。

その製品をご紹介します。

Ciメディカル 歯ブラシ コンパクトヘッド10本セット

Ciメディカル 歯ブラシ コンパクトヘッド10本セット

 

硬さは4種類。

  • Ci201(ややかため)
  • Ci202(ふつう)
  • Ci203(やわらかめ)
  • Ci206(超やららかめ)

「超やららかめ」は番号が飛んて206です。

僕が使ってみたのはCi201(ややかため)とCi202(ふつう)です。

Ci202の「ふつう」だと市販の歯ブラシより少しやららかい印象です。

 

10本セットの色の指定はできませんが4種類が混ざって入っています。

価格は10本セットで580円(Ci202の場合)と激安です。

こんなに安くてほんとに歯医者さん用なのか?という疑問が生じますが本当です。

なぜなら、僕が通っている歯医者さんで歯磨き指導に使っているからです。

袋の裏のメーカー名

 

先日久しぶりに歯みがき指導をうけて、帰りにもらってきたのがこのCiメディカル 歯ブラシ コンパクトヘッドでした。

しばらく家で使っていたのですが、歯ブラシの先が開いてきたので新しいのを買おうと調べたら通販で売っているのを発見しました。

しかも安い。

安いから歯科医が使っているのかもしれません。歯科医も競争が激化してて大変そうだし。

そうだとしても質が悪いものだったら歯科医では使わないと思います。

実際に使いやすいんですよ。

Ciメディカル 歯ブラシは細身で歯の奥まで届く

Ciメディカル 歯ブラシ コンパクトヘッド袋入り

「Ciメディカル 歯ブラシ コンパクトヘッド」のブラシ部分は、やや細身で小型です。そのため口の奥まで届きやすい。いちばん奥歯の裏側も磨けます。

歯ブラシは小さめのほうが使いやすいですよ。

ブラシが大きいと、いちどに複数の歯を磨けるように思えますが、歯と歯の間、歯茎との境目など、磨き残しがでる可能性があります。

Ciメディカル歯ブラシを使っている歯科医院の歯科衛生士さんに聞いたところ

小さめの歯ブラシで、歯を細かく磨くほうが効果的

ということでした。

 

さらに、Ciメディカル歯ブラシの良いところは適度な「しなり」があることです。

歯ブラシの柄に「しなり」があるので歯の面に密着しやすく、力が無駄になりません。

子供用歯ブラシで代用できないのか?

小さい歯ブラシが良いのなら、ドラッグストアで売ってる子供用の歯ブラシも良さそうな気がします。

使ってみたことがありますが、小さすぎてみがき残しができてしまいした。

子供用だと、1回で磨ける面積が小さすぎて、今まで1往復で済んだ部分が3往復くらい磨かないときれいにならない。それに持つ所も短いので使いにくいんです。

磨き終わるのに時間もかかるので面倒くさくなります。

歯ブラシは新しいのを使うほうが効果的

歯ブラシは使っていると、だんだんブラシの先が開いてきますね。

ブラシの先が開くと、汚れを落とす効果や歯垢を落とす効果も落ちます。

ブラシの先端先が開いてきたら新しい歯ブラシに交換すべきです。

古い歯ブラシをいつまでも使っていると虫歯や歯周病の予防の効果も下がります。

Ciメディカル 歯ブラシ コンパクトヘッドだと気兼ねなく交換できます。なにしろ1本67円ですから。

欠点:消耗が早い

Ciメディカル歯ブラシにはデメリットもありました。

ちょっと消耗が早いです。

以前、ライオンのDENT.MAXIMAという歯科医用歯ブラシを使っていたのですが、それに比べると耐久性が劣ります。

1か月はもたない感じ。

3週間くらいは使える感じですね。

安いですから躊躇なく交換できます。

歯ブラシは新しい方が効果も高いし、長期間使っているとブラシの部分に汚れもたまります。

気兼ねなくいつも新しい歯ブラシを使うのは、口臭予防にも、虫歯・歯周病予防にも大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました