鼻呼吸で奥がツーンと痛いとき、すぐにできる対策はこれ

鼻と耳の症状

鼻呼吸で奥がツーンと痛いことありませんか? 寒い季節は痛くなりがちです。

そのままだと頭も痛くなってきます。

鼻が痛いからといって、口で呼吸すると喉を痛めるし。カゼの原因にもなりますよね。

僕はカゼになると喉を痛めることが多いです。

寒い季節でも、痛い思いをなんとか減らしたい人に、すぐできる対策をご紹介します。

鼻の奥が痛くなる原因

息を吸い込んで鼻が痛くなる原因はいくつかあります。

冷たい空気を吸い込んだ

冷たい空気を吸い込むと痛く感じることがあります。「冷たい感覚は痛い感覚と同じ」なのが原因です。

鼻炎の薬が効きすぎると鼻の中が渇いていることが多いですよね。鼻が乾いているときだと、鼻の奥がかなり冷たく感じます。

僕は鼻の奥が痛くなると頭痛も感じます。

鼻のかみすぎ

強く鼻をかむと内部の粘膜が傷ついて機能が落ちることがあります。

僕は花粉症なので鼻をかむことが多いのですが、何度も強くかんでいると血がにじむことがあります。ポケットティッシュ1枚だと破れてしまうように強くかんだ場合ですね。

鼻を噛むときには内部の粘膜にダメージを与えないようにやさしくかむのが良いです。

強くかむと鼓膜にも負担がかかるので注意しましょう。

ドライノーズ

鼻の中の粘膜が乾燥している状態です。鼻の中が乾燥してピリピリして痛いならドライノーズ状態かもしれません。鼻で呼吸するのが辛くなりますよね。

状態が悪くなると鼻水が乾燥してかさぶた状態になることもあります。

飛行機など乾燥した部屋に長くいるとドライノーズ状態になります。

鼻に入るウィルスや菌を防ぐために鼻の湿度が大切です。粘膜に付着して体内に入るのを防ぐためです。

ドライノーズになるとフィルター機能が落ち、菌が体内に入りやすくなってアレルギーやカゼへのリスクが高まります。

薬の副作用

鼻炎の薬で鼻の内部が乾燥することがあります。

鼻炎の薬に含まれる抗ヒスタミン剤の抗コリン作用が口・喉・鼻が乾きの原因です。

僕も以前は花粉症対策に鼻炎の薬を飲んでよく乾燥していました。

最近は、アレグラアなどの抗アレルギー薬を利用するようになり、薬で鼻が乾くことはなくなりました。アレグラなどの第二世代の抗アレルギー剤は抗コリン作用が抑えられているのが理由です。

総合感冒薬にも抗ヒスタミン剤が入っていることがあるので鼻が乾燥することがあります。

体内の水分が減っている

 

大気の乾燥、利尿作用があるカフェイン、アルコールの摂りすぎで体内の水分が減っているかもしれません。

コーヒーやお酒で水分を摂っていると思っても、身体の水分は保たれません。

僕は、お酒を飲むと必ずといっていいほど夜中に喉が乾いて目が覚めます。

カゼ

カゼで鼻が痛いのは普通ですが、僕には、鼻が痛くなるのはカゼの前兆だったということが何度もあります。

「2,3日、鼻が痛いし良く眠れない」と思っているとほぼ確実にカゼをひくんですよ。分かっているのに防げないんがもどかしいです。

ドライノーズが原因でカゼのウィルスに侵入されてしまうのかもしれません。

副鼻腔炎(蓄膿症)

カゼがなかなか治らないと思っていたら副鼻腔炎だったということは多いようです。

いつまでも続く鼻水が、黄色い鼻水、ドロっとした鼻水に変化してきたと思ったら、副鼻腔炎の可能性もあります。

子供のころ、いつも鼻をかんでいたいとこが蓄膿症で手術しました。今なら薬で治るのかもしれませんが。

僕のかかりつけの内科医には、鼻水が黄色くなったらすぐ来るようにアドバイスされています。細菌の繁殖で鼻水が黄色くなるそうです。

鼻毛の抜きすぎ

情けないのですが、僕はたまにやってしまいます。

無理に抜いて血が出たり、鼻毛をカットし過ぎて鼻の中が乾燥したり。

鼻毛を抜いた刺激で鼻水が止まらなくなる場合もあります。僕は長年花粉症なので、鼻の中が刺激に弱いのかもしれません。

鼻毛の処理はほどほどにしたほうがいいですよ。鼻毛はホコリなどを防ぐだけでなく、粘膜の湿度を保つ役割があります。

その他の病気や加齢

加齢にともない体内の水分が減って口や鼻の粘膜の水分も減ってきます。

このほか鼻と喉の間に炎症が起きる上咽頭炎など病気が原因で起こることもあります。

鼻の奥が痛くなったら

「鼻の奥が痛くなった場合」「痛くなるのを予防したい場合」、どちらでもできる対策を紹介します。

湿度を保つ

 

マスク

マスクは鼻の内部の湿度と温度を高めて粘膜を守ります。

濡らしたガーゼをマスクの内側につけるともっと効果が上がりますし、市販の濡れマスクもあります。

僕は寝るときもマスクをして寝るようにしています。はじめのうちは朝起きるとマスクが外れていましたが、慣れると外れなくなりました。

加湿器

広い部屋でなければ加湿器が効果的です。

古い加湿器を使っている場合は、内部が清潔に保たれているか確認しましょう。汚れていたりカビていると逆効果です。

お湯で湿らせたタオルで温める

湿度とともに、温度も大事です。

温めることによって、血流もよくなり、粘膜の状態を回復させるのに役立ちます。

お湯で湿らせたタオルで鼻の周りを覆って、ゆっくり呼吸するのが効果的ですよ。

水分を摂る

いちどに水分を摂るより少しずつ摂るほうが効果的に吸収されます。カフェインは利尿作用があるので飲みすぎないほうがいいですよ。

カフェインは血管を収縮する作用があるので粘膜の腫れを抑える効果があるので市販の抗アレルギー剤に使われていることも多いです。

入浴

浴室の高い湿度と温度で鼻の痛みに効きます。血行も良くなるので鼻の粘膜強化につながります。

クリームかワセリンを鼻の中に塗る

クリームやワセリンは、鼻の粘膜を冷たい空気から保護します。

刺激が強いと鼻水が止まらなくなるので逆効果ですよ。

ワセリンは刺激がなくていいのですが均質に塗るのは難しいですよね。

鼻専用ジェルは刺激がなくて塗りやすいです。

鼻うがい

鼻うがいは、鼻の粘膜の表面を洗い流して、水分も与えるのでスッキリします。

ただし、専用の液か塩水で行ってください。真水での鼻うがいは痛いので避けましょう。

鼻うがいは間違えると水が耳に入ることがあります。

安全な鼻うがいについてまとめた記事も参考にしてみてください。

 

まとめ

自宅にいるときに鼻が痛くなったときに手軽にできるのは

1.お湯で濡らしたタオルを鼻に巻いて呼吸
2.クリームや鼻用ジェルを塗る
3.鼻うがいする
4.マスクする

3の鼻うがいを手軽にできるのが、ハンディタイプ鼻洗浄器「ハナクリーンS」です。

ハンディタイプで片手で簡単に使える洗浄器ですが、何よりいいのは温度計が搭載されていることと、体液と同じ濃度の専用の洗浄液(サーレ)がついていること。

 

40℃のお湯に洗浄剤を入れてかきまぜればOK。これだと、体液とほぼおなじ濃度(約0.9%)になるし、温かいので絶対にツーンとしません。

ハナクリーンS(ハンディタイプ鼻洗浄器)

体液と同じ濃度の食水を作るのは面倒ですからね。1つあると便利だと思います。

 

鼻ジェルだったら、「鼻しっとりジェル」がいいです。

鼻しっとりジェル(鼻の保湿ジェル)

 

鼻の乾燥対策に効きますよ。なんといっても安くて(673円)、手軽なのがいいです。メントールの香りも気持ちがいいし、乾燥がひどくなる冬場は1つ持っておくと重宝します。

 

ぜひ試してみてください。

 

関連記事>>>かさぶた状の鼻くそに困ったときの対処法。ドライノーズ対策

かさぶた状の鼻くそに困ったときの対処法。ドライノーズ対策
鼻が乾燥して鼻くそがこびりつく症状のときに、無理に剥がさずに柔らかくして取り除く方法、鼻が乾かないようにするスプレーや鼻うがいの方法を紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました