歯みがき粉の研磨剤入りと無し。両者のメリットデメリットを知り効果的に使い分けよう

口の健康

歯みがき粉には研磨剤入りと無しのタイプが発売されています。とちらかと言うと研磨剤無しのほうが体にやさしいように思えますが、結論から言うと使い方しだいです。

研磨剤が入っているからといってゴシゴシ使いすぎなければ害はないし、歯の着色を減らす効果はありますから適度に使うのがいいと思っています。

研磨剤があるタイプ、無いタイプのメリットデメリットや効果的な使い方を紹介しましょう。

研磨剤は虫歯・歯周病対策には役に立たない

虫歯・歯周病の一番の対策はプラーク(歯垢)の除去。プラークは歯の表面にできた細菌のかたまりです。水道の蛇口などで透明でネバーっとしたものを見かけると思いますが、あれと同じものです。

虫歯・歯周病の予防はブラシで物理的にプラークを掻き出すことなので、研磨剤が入っていてもプラーク除去にはプラスになりません

研磨剤のメリット・デメリット

まず研磨剤のデメリットから説明します。

デメリット

歯の表面は硬いエナメル質、内側はやわらかい象牙質なので、研磨剤で強くこするとエナメル質に細かな傷がつきます。

研磨剤入りを使った直後は歯の着色がとれてスッキリとなるのですが、強く傷つけると表面がザラザラになり、短期間で着色が目立つようになるので要注意。

じゃあ、1回でも研磨剤入りの歯みがき粉を使ったら歯の表面が傷ついて着色しやすくなるかというとそんなことはありません。小さなキズは唾液が修復してくれます。

食事をすると口の中は一時的に酸性になり、歯の表面が溶けます。唾液が含んでいるカルシウムやリン酸によって溶けたエナメル質を修復してくれます。これが再石灰化と呼ばれる作用なんです。

研磨剤入りの歯みがき粉を使っても、強い力で毎日ゴシゴシしなければ大丈夫でしょう。

メリット

研磨剤入りの歯磨きのメリットは歯の表面の汚れや着色を落とせること。これだけです。

歯の着色は防ぐなら、効果的に使いましょう。あとで説明しますが、歯みがきは、研磨剤入りと入ってないものを用意して使い分けるのが、歯の表面にも優しい方法です。

どこを見れば研磨剤入りかわかる?

歯みがき粉の成分表示を見てみてください。そこに清掃剤と表示されているのが、研磨剤のこと。具体的には

リン酸水素カルシウム
水酸化ナトリウム
無水ケイ酸
炭酸カルシウム
シリカ

などです。

研磨剤なしの製品にも清掃剤と書いてあったりするので、表現はわかりにくいものになっていますが、「歯が白くなる」を全面に押し出していない商品なら研磨剤の含有率は少ないと思います。

液体歯磨きは研磨剤が入っていない?

歯磨きには、ペースト状以外にも、ジェル状や液状の歯みがきがありますよね。

液体歯みがきは研磨剤なしをうたう製品が多いのですが、シリカが含まれているものもあり、すべてが研磨剤フリーというわけでもないようです。ただ、そこまで気にしなくてもいい分量だと思いますよ。

研磨剤入りの歯みがきの効果的な使い方

僕は研磨剤入りの歯みがきも使っています。以前は水だけで歯みがきしていたのですが、コーヒーをよく飲むしワインもたまに飲むので、すぐに着色が目立ってしまうからです。

今は週に1回研磨剤入りのペーストを使い、着色が目立ってきたなーってときに研磨剤入りを使用します。ただし、無理してゴシゴシしないように注意しています。

そして、半年に1度、歯医者でクリーニングしてもらいます。プロにやってもらったほうが安全で間違いないですからね。

僕の歯みがきの頻度はこんな感じです。

  • 食後は何もつけずに歯みがき
  • 夜は液体歯みがき(週に1度研磨剤が少し入ったペースト)
  • 半年に1度歯科でクリーニング

僕が使っている液体歯みがきと研磨剤入りペースト

僕が使っている研磨剤入りの歯みがきはライオンのクリニカです。清掃剤として無水ケイ酸Aが入っています。とくに研磨剤が多いわけではなく、いい意味で普通の歯みがきペーストです。

 

 

 

液体歯みがきで使っているのはプロポデンタルリンスR&C。プロポリスが入った液体歯みがきです。目的は口内炎と口臭予防ですね。

液体歯みがきはキャップ1杯を口に含んでクチュクチュして吐き出し、その後で歯ブラシを使います。

 

このプロポデンタルリンスを使っているのは、口臭対策の目的もあります。のどが腫れたときなどは、殺菌効果も期待できます。一つ常備しておくと便利だと思います。

https://itakayumukumi.com/archives/714

まとめ

歯みがき粉だけで着色を除くのは危険ですが、極端に研磨剤入りの歯みがきを避ける必要はないと思います。

毎日の歯みがきは研磨剤入りと無しを使い分けて着色を抑え、定期的に歯医者さんでクリーニング

というスタイルをオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました