腰痛対策の正しい姿勢を保つのが辛い人へ。腰痛を防止するなら床に座ろう

腰痛と肩こり

腰痛に悩んでいる人で座る姿勢が原因かなーと思っている人は多いと思います。僕自身椅子を変えたらひどい腰痛になったり、腰の状態が不安定なときにタクシーに乗って降りるときにぎっくり腰になってしまったり、座り方は大事だと思います。

でも、座るときの理想的な姿勢を続けるの辛くないですか? 椅子に座って背筋を伸ばすのが良いとわかっていても、気がつくと悪い姿勢に逆戻り。

で、いろいろ試してみたら壁に寄りかかって床に座るほうが腰に負担がかからないことに気づきました。

腰に良い姿勢と悪い姿勢

腰痛防止のために良く言われる理想の座り方は、

骨盤を立てて、背骨のS字カーブが自然に保たれる座り方

とされています。

上半身の荷重が腰だけでなく足でも支えるので腰の負担を減らすことができるわけです。

それに対して最悪なのは、お尻を座面の前にだして、腰と椅子の背もたれに隙間ができる座り方。もうひとつ、膝頭が上に出てしまうほど低いソファに腰掛ける座り方。どちらも腰痛対策としては最悪です。

上半身の荷重が足まで伝わらず腰が全部負担してしまうからですね。

正しい姿勢を続けるのも楽じゃない

正しい姿勢が分かったとしても長時間続けるのは辛いです。

足を組まず、猫背にならず、腰を座面の前に移動せず。背筋を伸ばして座る。そのとおりなのですが、僕は正しい姿勢で長時間座り続けることができません。筋力がないのか、忍耐力がないのかわかりませんが、

同じ姿勢を保たない

忍耐量がある or もともと正しい姿勢ができる人だとしても、長時間同じ姿勢を保ち続けるのは腰によくありませんよ。腰というよりも体に悪いです。

座っても立っても、人間の体は筋肉の収縮と弛緩で姿勢が作られています。正しい姿勢だとしても長時間続ければ、収縮する筋肉はいつも収縮、弛緩する筋肉はいつも弛緩、というように固定化されてしまいます。血行不良をまねいてその結果老廃物は貯まるし、筋肉は凝るし、というように問題が生じてきます。

人間の体は固定しないで適度に動かしているほうが体の1か所に負担が集中しなくて済むわけです。

家にいるときは床に座る

家にいるときにおすすめする座り方はこれです。

壁に寄りかかって、体育座り or あぐら

僕が体験的に腰痛防止に効くと思っている姿勢です。PCを使うときは膝から腰の間において使ってます。体育座りなら膝の位置で高さを調節できます。

この姿勢は骨盤が後傾してるし腰に悪そうに思えますが利点があるんです。

上半身の重さを腰だけでなく足でも支えてるんです。体育座りの場合上半身の重さは寄りかかっている背中・腰・足の裏ですね。あぐらの場合は足全体で支えます。

姿勢は長い時間続けられないのでもぞもぞしてしまってそれが良い方に働いているんだと思います。

職場でこの姿勢はムリでしょうから、自宅で試してみてください。部屋のいろんなところを移動して試すといいですよ。背中が痛いならクションを入れてもいいです。

まとめ

問題は腰痛になってしまったときです。腰痛になってしまったときは骨盤が後傾していると辛いです。何もしなくても辛いのですが後傾していると、ちょっとの動作で痛める可能性が高いです。腰痛になってしまったら腰痛ベルトなどで固定して椅子で窮屈だけど正しい姿勢を取る。

普段は、壁によりかかりながら床に座りつつ、長時間同じ姿勢と取り続けないようにする。

今のところ僕の腰痛対策はこれがいちばんだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました