喉が痛くてたまらないとき、何を食べればいい?

口の健康

カゼで喉が痛い、口内炎が喉にできて痛い、扁桃腺で痛い。喉が痛くてたまらないとき何を食べたら良いか。先日カフェでクラブハウスサンドを食べたらあまりの痛さに飲み込めなくなってしまいました。トーストされたパンが喉をこんなに刺激するとは、うっかりしてました。

クラブハウスサンドイッチ

今だけ痛みを和らげる食べ物

氷と炭酸水

あんまり痛いときは一瞬でもいいから痛みを忘れさせてくれるものを喉に通したくなります。いちばんなんは冷たいものですね。打撲などで腫れているところを冷やすのと同じ感覚でしょう。熱が出てゾクゾクする場合は別ですけど。

室内が暖かいときに効果があるのは氷です。気持ちがよくて喉に置いていたい気分になりますよ。熱のときに額を冷やすのと同じですね。胃腸には良くないのでほどほどにですが。

栄養分がある食べ物が必要というならヨーグルトかゼリーです。喉を通るときが気持ちいいです。ただし喉の腫れがひどいとヨーグルトやフルーツゼリーでもしみることがあります。

甘めのものばかりで飽きす、ちゃんと食事として喉に気持ちがほしいなら、そうめんがお勧め。冷たいそばやうどんも気もいいですよく噛まずに飲み込んでしまうと胃もたれします。温かくて柔らかめのうどんは胃腸にやさしいのですが、冷たいうどんを噛まずに食べると消化に悪いです。

喉にしみる意外な食べ物に注意

スライスしたメロン

果物の酵素が喉にしみることがあります。どの酵素がしみるのかは個々の体質によって違いますが、僕が悶え苦しむのはメロン

メロンは口内炎でもしみます。はじめて知ったときはあまりの痛さに頭をかかえました。とくにマスクメロンとプリンスメロン。

メロンにはククミシンというタンパク質分解酵素(プロテアーゼ)が含まれていて、これが痛みの元になるんです。健康な人にとってはやさしいイメージなんですけどね。

チョコレートもしみます。糖度が高いため喉の粘膜から水分を奪うために痛みが出ます。同じ理由ではちみつも痛みます。はちみつを食べたいといは薄めて食べましょう。

イソジン・リステリンのしみる薬は効く?

喉が痛くてたまらないときは使わないほうが無難です。口内を殺菌する作用はありますが、痛くて腫れているとこは刺激が強すぎます。体調を崩しているときは口内の細菌のバランスが崩れやすくなるので刺激のあるうがいしないほうが良いでしょう。

刺激物、固いものは控える

フランスパンやトーストも刺激物です。粘膜が弱っているときにさらに傷つける食べ物は控えましょう。キズをゴシゴシこするようなものです。

水分をこまめに摂る

口内や喉の粘膜が乾かないように水やスポーツドリンクでこまめに水分補給しましょう。一気飲みするより少しずつこまめに補給し続けるのがポイントです。スポーツドリンクは糖分が多いので飲み過ぎには気をつけてください。

口内を清潔にする

意外と忘れられがちだと思いますが口内は清潔に。食べかすは気が付きやすいですが、糖分の多いもの(はちみつ・チョコレート)が口の中に留まっている細菌の餌になります。はちみつには殺菌作用があると言われていますが口の中で薄まってしまえば単なる糖分です。

まとめ

喉が痛くてたまらないときは、粘膜に刺激をあたえないものを食べ、粘膜が乾燥しないように水分補給を心がけるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました