下肢静脈瘤でマラソンしたら悪化するのか?

貧血、低血圧、血管

足の表面の血管が目立ったり、うねったりする下肢静脈瘤。僕も1年ほど前に診断されました。症状は軽いので今すぐ手術を考える必要もないのですが、血管が目立つのが憂鬱です。

この状態で運動してもいいのか疑問に思ったので調べてみました。

その結果、マラソンのように激しい運動は下肢静脈瘤を悪化させる可能性があるが、ほんとに悪くなったら手術すればいい、というものでした。

下肢静脈瘤は治らない?

下肢静脈瘤は、ふくらはぎに静脈の弁が機能しなくなり、足にたまった血液を戻せなくなる病気です。足がだるかったり、むくんだり、不快な症状になります。

足の血管が膨らんできたり、うねったり見た目が悪いです。

ひどくなると血管がより太く目立ったり、皮膚の表面に炎症が出ることもあります。

 

 

ただし、命に関わる病気ではありません

エコノミークラス症候群は、静脈瘤が問題起こす危険な病気ですが、「静脈」という言葉が同じだけで別物。まぎらわしいです。

静脈といっても、下肢静脈瘤の静脈は表在静脈で、エコノミークラス症候群の静脈瘤は深部静脈にかかわる病気です。

名前から想像つくように表在静脈は足の表面、深部静脈は足の中心に近いところ、筋肉の奥にあります。

下肢静脈瘤は表在静脈に起こる症状で、深部静脈には起こりません。

 

お茶の水血管外科クリニックによると、下肢静脈瘤と診断されても、そのまま放置して構わないそうです。

静脈瘤の方は全員、治療が必要なのでしょうか?静脈瘤は良性の病気です。ほおっておいても血栓の心配はなく、全身への影響はありません。下肢静脈瘤の治療が必要な場合は1)外見が気になるか、2)症状があって、つらい、3)皮膚炎をおこしている、場合にかぎります。逆に言えば見た目が気にならず、症状や皮膚炎がなければ治療は必要ありません。

引用:http://www.kekkangeka.com/kashi/index.html

 

ただし、いったん下肢静脈瘤になってしまったら治りません。

激しい運動は悪化させる

軽い運動なら血行を良くしたり、静脈を包む筋肉を刺激したり、筋肉が落ちるのを防いだり有効に働くのですが、激しい運動はダメだそうです。

激しいとは、マラソンとかサッカーとかテニスとか、足を酷使するスポーツです。下肢静脈瘤になってしまったら、立っているだけでも血液が溜まってくるのに、激しく足を振るような動きは遠心力(かな?)で足に血液をためてしまうということです。

 

でも、命に関わる病気でもないし自分がやりたいなら激しい運動を続けてもいいんじゃないかと思います。で、悪化したら手術すればいい。

下肢静脈瘤になってしまった表在静脈は手術したほうが血流が良くなり、だるさも解消されます。

ということで、下肢静脈瘤だけどマラソンなどの激しい運動をしたい場合は、いずれ手術することを頭に入れておけば大丈夫ということですね。

***

下肢静脈瘤かなーというのは、自分で見ればわかります。今後もマラソンなどを続けていくなら、いちどは下肢静脈瘤の専門医の診察を受けて自分の状態を把握しておくのがいいと思います。

人気の専門医は先まで予約が埋まっていることが多いので、余裕を見て診察を受けるといいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました